スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 マリー・アントワネット /MARIE ANTOINETTE(2007) 」
2007-03-11 Sun 21:14
監督 : ソフィア・コッポラ
出演 : キルステン・ダンスト  /ジェイソン・シュワルツマン
 
公式HP  || 

「 マリー・アントワネット /MARIE ANTOINETTE(2007) 」

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない~」

 

監督は、かの有名なフランシス・フォード・コッポラ 監督の愛娘。

女優としては、「ランブルフィッシュ(1983)」など、幼い頃から父コッポラ作品に映画出演していますが、「ゴッドファーザーPARTIII(1989)」でマイケルの娘役で本格デビュー。1990年・第11回のゴールデンラズベリー賞の「ゴッドファーザーPARTIII(1989)」でワースト助演女優賞とワースト新人賞を受賞しています。

「ヴァージン・スーサイズ (1999) 」で監督デビューを果たし、「ロスト・イン・トランスレーション (2003) 」では、アカデミー賞脚本賞を受賞しています。

主演は、「ニューヨーク・ストーリー (1989)」でデビューし、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994)」では幼い悲劇のバンパイアを巧妙に演じる子役としてそのキャリアを確実に積み重ね、日本ではブスカワちゃん(・・・っと言われたかどうかは不明)として良くも悪くも話題に上りながら、「スパーダーマン(2002~2007)」シリーズのヒロインとして確固たる地位を築いています。

余談になりますが、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア(1994)」では、1994年・第15回ゴールデン・ラズベリー賞でワースト・カップル賞をトム・クルーズとブラッド・ピットが受賞しています。バンパイアの世界でゲイというものがあるのかどうかは不明ですが、カップルと言うことで受賞というのも面白いですよね(笑)

 


 Story : オーストリア皇女マリーは、14歳にしてフランス王太子ルイ16世の元へ嫁ぐことになった。結婚生活に胸を膨らませていたが、待ち受けていたのは、上辺だけ取り繕ったベルサイユ宮殿の人々と、愛情のない夫婦生活。ルイは必要な事以外はマリーと口もきかず、同じベッドに寝ていても、指一本触れない。愛情深く育ったマリーだったが、悪意溢れる噂に傷つき、やがて贅沢なドレスやパーティーに心の安らぎを求めるようになる。


[ 2007年1月20日公開 ]


ー goo映画より ー

 

 

 かの有名なフレーズ 「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」 と言ったと言うアントワネット像は革命側が作り上げた虚像であるとコッポラ監督は語っています。

 オーストリアとフランスの同盟国として国同士の鎹として14歳で嫁いで来たマリー・アントワネットは、自国のものを一切排除され、側近を連れて来ることも、愛犬モップスさえも持ち込む事の許されなかった、愛情のない上辺だけの気の休まる時のない生活の中で、王子を産まなければならないプレッシャーは想像を絶するものではあったでしょうね。

14歳で世間知らずなプリンセスにとっては、スウィーツや美しいものを身にまとう事でしか満たされる事ができなかったのかもしれません。

 

 マリー・アントワネットと言えば、私にとっては池田理代子さんのアニメ「ベルサイユのばら」の世界のイメージが大きくて、フェルゼンとの甘いラヴストーリーとかをかなり期待していました(笑)

当然ながら、それは池田さんのアニメお世界でのフィクションに近い世界ですので、そんな期待自体間違いなのですけれど(笑)、それを別としても、この映画から何かを感じ取るかと言えば、共感できるものや、ドラマ性を感じない、絢爛豪華なベルサイユの世界を堪能出来た事ぐらいしか印象に残らない・・・そんな感じでした。

 

前回にレビューを書いた日本の「さくらん」にせよ、本作にせよ、美しい映像を堪能出来るる意外には、ちょっと期待はずれ・・・・な感じでした。

 

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   || 

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:6 | トラックバック:9 | top↑
<<「 ホリデイ /THE HOLIDAY (2007) 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 さくらん (2007) 」>>
確かに!
マリー・アントワネットもさくらんも女性監督作品で、かなり期待しておりましたが・・・・。おっしゃるとおり今ひとつですよね!特にさくらんがむちゃ期待はずれでした。
記事が書けましたら、TBさせて頂きます。
2007-03-17 Sat 00:55 | URL | mezzotint #za3Mv/QM[ 内容変更] | top↑
mezzotint さんへ
やはりそうですかぁ~
きれいなだけで映画としての満足感はありませんでした。お金を出して観たくなかった映画です。
「さくらん」は土屋アンナが好きなので観にいきましたが、ど~~んっと帰り道が・・・・
TBお待ちいたしておりま~っす(*'▽'*)/
2007-03-17 Sat 18:35 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
結構良かったです!
私はこの映画、すごい好きです。何気に、女性でいることのさまざまな悩みや悲しさなんかが出ているような気がします。
2007-06-05 Tue 22:15 | URL | chuchu #-[ 内容変更] | top↑
chuchu さんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

(*'ー'*)ふふっ♪
私は、元々キルスティンがマリー・アントワネットと言うことだけでマイナスのスタートになって鑑賞しちゃってますので、あまり評価はしていませんが、14歳で五女の末っ子という世間知らずのお姫様があんな環境に置かれたら、こうなるのも無理はないのかなっと言う感想を持ちました。
ベルサイユ宮殿も撮影に使われるなど綺麗な映画でしたね~それだけでも楽しめますね☆
2007-06-06 Wed 22:31 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
(〃⌒ー⌒)/どもっ♪
いつもお世話になっております~♪
あたしもベルばらはコミックでもアニメでも見た事があります。
確かに日本人にとってのマリー・アントワネットって
あの絵のようにと~ってもキレイなお人形さんのような
イメージですからブスかわのキルスティンが演じる時点で
違和感を感じちゃいますよね!
だけど、あたしはキルスティンもソフィアも好きだからかな?
とても映画も楽しく観れましたよ~♪
2007-08-24 Fri 22:09 | URL | miyu #-[ 内容変更] | top↑
miyuさんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

いろいろ賛否両論な映画でしたが、女性には結構人気ありましたね~
本物ののベルサイユ宮殿での夢見るような映像を観ただけでも十分に価値があるのかも知れませんね。
ベルバラファンにとっては、私的にはもうちょっとフェルゼンとの密恋とかとの葛藤が描かれているのかなと思っていた期待がさらっと流されていて、ただ遊んで飲み明かしているストーリー展開に、観賞後のなにも得られなかった落胆が大きかったです(笑)
勝手な思いこみによる期待しすぎは良くないですね(笑)
2007-08-24 Fri 23:14 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
監督 : ソフィア・コッポラ出演 : キルステン・ダンスト /ジェイソン・シュワルツマン 公式HP  || 「 マリー・アントワネット /MARIEANTOINETTE(2007) 」「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない~」 監督は、かの有名なフランシス・フォード・コッ.. …
2007-03-11 Sun 21:25 MoonDreamWorks
キルスティン・ダンストは苦手です。。。でもマリー・アントワネットは、とても興味のある女性。。。え~い、ガタガタ言ってないで観に行こうっと―【story】わずか14歳で単身オーストリアからフランス王家へ嫁ぎ、18歳で即位したマリー・アントワネット(キルスティン・ダ …
  MOVX京都にて鑑賞しました。1日のファーストディーということもあり、19:00からの上映もたくさんのお客さんで、いっぱいマリー・アントワネットと言えば、フランス革命を思い出す。オーストリアの皇女マリーが若干14歳の若さでフランス王太子の元に嫁ぐのだが、 …
2007-03-17 Sat 00:49 銅版画制作の日々
原題:Marie-Antoinette「ベルばら」でも有名な彼女は、オーストリアはハプスブルグ家の女帝マリア・テレジアの末娘として生まれ、フランスはルイ15世の王太子と政略結婚する・・ 白馬を連ねてフランスへと向かい、後のルイ16世となる王太子と引き合わされたとき、マ …
「ヴァージン・スーサイズ」「ロスト・イン・トランスレーション」の ソフィア・コッポラ監督が、ヴェルサイユ宮殿で豪華な生活を送り、 ファッションリーダーとして人々に愛されながらフランス革命の波の中で処刑された マリー・アントワネットを主人公に描いた歴史ドラマ …
2007-04-18 Wed 20:10 噂の情報屋
Marie Antoinette仮面舞踏会のシーンでポップ・ミュージックがかかった時、どっかの映画祭でブーイングが出たって聞いたけど、なんで?? あれ、すごい良かったと思うけどな。ソフィア・コッポラは、自分がマリー・ …
2007-06-05 Tue 22:16 姫のお楽しみ袋 
 『恋をした、朝まで遊んだ、 全世界に見つめられながら。 14歳で結婚、18歳で即位、豪華なヴェルサイユ宮殿に暮らす孤独な王妃の物語』 コチラの「マリー・アントワネット」は、1/20公開になった世界一有名な王妃マリー・アントワネットを描いたヒストリカル・ロマ.... …
2007-08-24 Fri 00:06 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『マリー・アントワネット』オーストリア・ハプスブルグ家の末娘マリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)は14歳で、フランスの、ルイ・オーギュスト(ジェイソン・シュワルツマン)(後のルイ16世)と結婚。格式を重んじるヴェルサイユ宮殿での生活に、始めは戸惑... …
2008-04-14 Mon 08:40 *モナミ*
恋をした、朝まで遊んだ、全世界に見つめられながら。 …
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。