スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 ゲド戦記 」
2006-07-11 Tue 23:46
監督 : 宮崎吾朗 
出演 : 岡田准一 / 手嶌葵 / 菅原文太
      
公式HP : http://www.ghibli.jp/  || 

 原作は、ル=グウィン箸 「ゲド戦記」 清水真砂子翻訳

 「指輪物語」や「ナルニア国物語」と並び称されるファンタジー文学の傑作とのこと。

 何度となくジブリの宮崎駿が映画化を打診したが、原作者が映画化を拒否し続けて20年、「千と千尋の神隠し」がアカデミー賞長編アニメーション賞を受賞したことにより、逆に原作者より映画化の打診が来ることなり、今回の映画化が実現しています。(公式HPより)

 監督・脚本は、ジブリの宮崎駿の長男、宮崎五郎。本作でデビューとなります。

 心に闇を持つエンラッドの王子アレンに岡田准一、アースシーで最も偉大な魔法使い「大賢人」ゲドに、「千と千尋の神隠し」の釜爺の声を担当した菅原文太、ジブリの常連 物売りに倍賞智恵子、闇の魔法使いクモに田中祐子。


Story : 物語の舞台は、多島海世界“アースシー”。西海域の果てに棲む竜が、突如、人間の世界である東の海に現れた。それと呼応するかのように、世界では、さまざまな異変が起こり始めていた。農民は田畑を捨て、職人は技を忘れモノを作らなくなった。街では、人々はせわしなく動き回っているが目的を失っているように見えた。そして、世界は魔法の言葉を忘れつつあった。世界の均衡(バランス)を崩す者の正体をつきとめる旅に出た大賢人ゲドは、国を捨てた王子アレンと出会う。

ー goo 映画より ー 

 

 いつもながら原作を知らずに映画を鑑賞する主義の私は、「ゲド戦記」というぐらいだから主役はゲド?と思っていましたが、この映画では、「ゲド戦記」の中のアレン王子にスポットライトを当てた感じのストーリーになっているかなと思いました。長い原作を映画化すると言うことで、どうしても前後関係のストーリー展開に説明不足になりがちなところはありますね。個人レベルでの想像力の豊かさで補ってみればそうなのかなぁ~的なある程度の理解が出来るものの、やはり原作をある程度知っていたほうがわかりやすいのかもしれません。

 そういう意味では原作も読みたくなる作品です。

 ジブリ作品としては抑えめの色調で、まるで絵画のような風景を美しく表現しているところは大変好感が持てました。でも、その割にキャラクターの衣装が妙に単調で原色なのが少し浮いていたかなと感じます。

 冒頭で出てきた二匹の龍が戦っているシーンは、この作品の中でどういう事を意味したのか、最後になっても理解できませんでした。ラストシーンに出てくる龍の正体自体は、なるほどそうだたのか・・・っと理解できたのです。しかし、冒頭との龍とのリレーションがいまいち繋がらなくて、ヽ(´-`)ノ。

 ゲドは別名ハイタカ・・・。「もののけ姫」はアシタカ・・・。ジブリはそんな感じの名前が好きなのかな・・・原作がそうなっているのかな?・・偶然でしょうか?

 やはり原作を立ち読みしよう(・・立ち読み・・・かい!・・笑)・・・。

 菅原文太さんの吹き替えはやっぱり良いですね。味があって好感が持てます。でも一番上手なのはクモ役の田中祐子さんですね。彼女の語りによってぐいぐいとストーリーの中に引きずり込まれる感覚を覚えます。岡田君のアレンは最初アレンの年齢設定が解らなかったので、彼の少年っぽい顔立ちと合わない気がしたのですが、岡田君はかっこよいのでよしとしましょう(笑)十分主役としての華がある声でしたし。

 まるで橋田壽賀子ファミリーのドラマのように、ジブリ作品にはいつも出てくるキャラクター達は、役が違えども、皆おなじみさんっという感じがまた好きです(笑) またこいつが登場か~みたいな安心感がありますね(笑)

 新キャラ登場という感じが田中さんのクモでしょうか、魔女なのかとおもいきや・・もしかしてニューハーフだった?とか思っちゃったのですが、結局おばあさん?だったり・・・。

 お話自体は結構難しい感があるのでお子様にはどうかなっと思いました。試写会場にちらほら小さいお子様もお見かけしましたが、どうも飽きてしまっていたようで、大きな声でぐずっているような感じでした。ちょっと恐かったのかな?

  もう一回劇場に足を運びたいかどうかは、ちょっと微妙かな・・・。でも、私としてはなんだかんだ言ってもDVDは買うのです(笑)ジブリのファンですから~

 

 挿入歌「テルーの唄」は監督宮崎五郎が作詞を努めNHKの「みんなのうた」でおなじみの谷山浩子が作曲をしています。歌詞は萩原朔太郎の詩「こころ」を参考に書き上げられたものです。題歌、挿入歌を歌っているのは、新人の手嶌葵。ヒロインのテルーの声を担当しています。吾朗監督が彼女の歌声に惚れ込んで抜擢されることになりました。

 

■送料無料■スタジオジブリ「ゲド戦記」■寺嶋民哉 CD【ゲド戦記・オリジナルサウンドトラッ...  ■送料無料■スタジオジブリ「ゲド戦記」■寺嶋民哉 CD【ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック

 *--------------------------------------------------------------*

 ★先着特典:ゲド戦記切手+「ハウルの動く城1/24 SECOND」付!ハウルの動く城+ジブリがいっぱいS...★先着特典:ゲド戦記切手+「ハウルの動く城1/24 SECOND」付!        ハウルの動く城+ジブリがいっぱい

 *--------------------------------------------------------------*

 

 

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

 

ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック ゲド戦記・オリジナルサウンドトラック
寺嶋民哉 (2006/07/12)
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この商品の詳細を見る
ゲド戦記 ゲド戦記
アーシュラ・K.ル=グウィン、 他 (2007/07/04)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「か行」 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<「 デスノート 前編 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 タイヨウのうた 」>>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。