スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 ぐるりのこと。(2008)  」
2008-05-22 Thu 00:22

ぐるりのこと。】2008年6月7日(土)公開

監督 : 橋口亮輔
出演 : 木村多江 /リリー・フランキー/倍賞美津子/寺島進 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★

 

 

ぐるりのこと。(2008) 」

ぐるりのこと=主人公のまつわりうや日常の出来事のこと

監督は、橋口亮輔。

主演は、 木村多江

共演は、リリー・フランキー

そして、倍賞美津子

寺島進

 


Story : 「お、動いた!」小さく膨らんだお腹に手を当て、翔子は夫のカナオとともに、子を身籠った幸せを噛みしめていた。しかし、そんなどこにでもいる二人を突如として襲う悲劇…初めての子どもの死をきっかけに、翔子は精神の均衡を少しずつ崩していく。うつになっていく翔子と、彼女を全身で受け止めようとするカナオ。困難に直面しながら、一つずつ一緒に乗り越えていく二人…。

1990年代初頭から21世紀へと、日本社会が大きく変質した10年。実際に起きたさまざまな社会的事件を背景に盛り込みながら、ひと組の夫婦の時の流れを、丁寧に、心にしみいるように紡ぎだしている。


「2008年6月7日公開 」

ー  作品情報より ー

 

この作品はかなり微妙といえます。

製作者サイドの事情を知っている人にとっては、どういう意図を持って作っているからこそ、ここが素晴らしいと感じる事が出来るに違いありませんが、なにも知らずに、ぽっと、この作品を目の前に出されて、無の状態から鑑賞する者にとって、2時間20分と言う長さの中でその空気感を読めというのは、かなりの要求が高い作品と言えるでしょう。

映画に限らずドラマや小説にしても、最低限の伝えようという意思を持って作らない限り、受け入れられるものと受け入れられないものの幅が大きすぎるのではないかという感想を持ちました。

前者としての条件のひとつは、1993年から10年間に実際に起きた事件の法廷でのシーン再現が興味深いこと、そして、同じような思いを持った経験がある、あるいは持っている夫婦にとって共感が持てる部分があったりすることかもしれません。

そして、後者としては、独身者にはあまり実感がないお話であり、この2時間20分という尺の長さで淡々と描かれる夫婦の苦悩と再生のストーリーに共感がもてないものにとっては、あまり楽しい時間ではないといえるかも知れません。

私は残念ながら後者のほうで、ただでさえ2時間20分の長さは、ものすごく長く感じてしまいました。

とは言え、主人公翔子の夫役のリリー・フランキーの演じるカナオのひょうひょうとした演技には笑いも起きるシーンもありました。

女癖が悪く、仕事の最中でもだれかれかまわずくどく浮気者のカナオを演じるリリー・フランキー、次世代の泉谷しげるかと思わせた後半、いつのまにか普通ないい人・・・だな・・っという感じになってしまった演技はなんだか物足りなかった・・・

カナオは父親の自殺を目の当たりにしても涙を流さなかった・・・そういう男。もう少しその辺の微妙な演技がほしかったかも。ただ単に、ぼ~っとセリフをこなしているようにしか見えなかったかな。役者じゃないから、そこまで要求しても酷か・・・・

 

 

オフィシャルブログで紹介されている有名人のコメントとして福山雅治のコメントを読んで感動してしてしまいました。

この作品を観てこんなコメントが出せるなんて、なんって天才☆

まさにこれだ!ね☆


「誰もが心のなかに抱えている
『どうにもできないもの』
その絶望を少しだけ軽くするためには 大切な人をずっと大切にすること。
この映画はそれを教えてくれました。 」

福山雅治(アーティスト)

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「か行」 | コメント:2 | トラックバック:22 | top↑
<<「 幸せになるための27のドレス/ 27 DRESSES  (2008) 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 ラスベガスをぶっつぶせ / 21 (2008) 」>>
普通の出来事
夫婦って、長くやっているといろんなことがあるもんで、
この映画の出来事は、絵空事ではなく、
十分その辺に普通に転がっていることばかりで、
共感はあっても感動はなかったです。

何より、あったことあり得ることを書いているだけで、
その解決についての提言がない。

絵で救われることはあると思うけど、
あれもただの絵で魂を揺り動かすものではなかったです。
2008-06-16 Mon 22:57 | URL | KGR #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございまぁ~っす。
v-238KGRさんへ

この映画を見て、なんだかなんの感想も浮かびませんでした・・・
ただ、共感をもてる人たちにとっては、なにか感じるものとかがあるのでしょうけれど、心を揺り動かされるなにか・・・というものがあまりなかったのと、子供を失った喪失感とそれ以前からの心の変化があまり感じなかったのですよね~
ただ、なにか自分に自信がもてるものがあるのとないのとでは、精神の立ち直り方もちがうのでしょうね~
2008-06-21 Sat 23:28 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
【ぐるりのこと。】2008年6月7日(土)公開監督 : 橋口亮輔出演 : 木村多江/リリー・フランキー/倍賞美津子/寺島進 他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★  「ぐるりのこと。(2008)」ぐるりのこと=主人公のまつわりうや日常の出来事のこと監督は、橋口亮... …
2008-05-22 Thu 00:28 MoonDreamWorks
木村多江 をサーチエンジンで検索し情報を集めてみると… …
2008-05-26 Mon 22:07 おまとめブログサーチ
2008/5/13、ヤクルトホールでの開催。 後ろに座った男女、うるさい。 特に男、関西弁に文句を言うつもりはないが、 前を向いてしゃべらないで女の方を向いてしゃべれ。 それから、体を前に倒した時はしゃべるな、うるさい。 それともう一つ、たいていのホールは席では飲... …
あっやばい良い!と思ったシーンを思い出そうとしたが、忘れてしまったようだ。もう一度観たい、もう一度会いたい、とはこういうことで、理屈じゃなく「好き」ということが確実だから、もっといっしょにいたいと思うんだろう。 …
 『めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。』  コチラの「ぐるりのこと。」は、6/7に公開された「ハッシュ!」の橋口亮輔監督の6年ぶりの復活作となるヒューマン・ドラマです。なかなか評判がよさげだったのですが、評判に違わずいい作品... …
2008-06-29 Sun 18:24 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
◆プチレビュー◆個人と社会の両方が壊れていく時代の中、決して離れない一組の夫婦。丁寧な人間描写が光る。 【90点】  画家のカナオは定職さえないがのんびりした性格。一方、妻で出版社勤めの翔子は几帳面なしっかり者だ。対照的な二人は、それでも幸せに暮らして …
今月は試写会づいてるひらりん。 先週に引き続き、今週の平日休みもヤクルトホールにて試写会。 実は来週も予定が・・・。 近くのシネコンで映画観てたほうが空いてて楽なのにーーーー。 …
木村多江とリリー・フランキーの映画「ぐるりのこと。」を観ました。悲しみから心を病み、やがてそこから力強く再生していく妻・翔子を演じるのは木村多江です。そして、何があっても妻をやさしく受けとめる夫・カナオを演じるのはリリー・フランキーです。それぞれ映画 …
2008-06-30 Mon 00:40 とんとん・にっき
映画「ぐるりのこと。」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明、木村祐一、斎藤洋介、温水洋一、峯村リエ、山中崇、加瀬亮、光石研、田辺誠一、横山めぐみ... …
 邦画はさほど観ていませんが、本年度NO.1かなあ・・・・本当、結婚生活について …
2008-06-30 Mon 19:57 eclipse的な独り言
□作品オフィシャルサイト 「ぐるりのこと。」□監督・原作・脚本・編集 橋口亮輔 □キャスト 木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明■鑑賞日 6月21日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満 …
2008-07-01 Tue 12:49 京の昼寝~♪
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にい... …
人気ブログランキングの順位は? 時代が激変した 90年代初頭 悲しみは心の闇を広げていく 希望はどこにあるのだろう これは ある夫婦の10年の物語 そして 今を生きる私たちの物語 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にい... …
妻子がTDLの25周年アニバーサリーに逝ってしまったので、ワタシの方は心おきなく銀座にて映画館のはしごを致しました。先にレビューした「歩いても 歩いても」と「ぐるりのこと。」はいくつかの共通点があります。 …
2008-07-06 Sun 23:30 音次郎の夏炉冬扇
監督:橋口亮輔 出演:木村多江、リリー・フランキー、倍償美津子、寺島進 めんどうくさいけど、いとおしい。 いろいろあるけど、一緒にいたい。 ~ 一組の夫婦の10年の物語 ~ 「靴の修理のバイトをするカナオと結婚した出版社に勤める翔子。、間もなく …
2008-07-15 Tue 12:15 日々のつぶやき
 ぐるりって?→自分の身の周りのこと。または、自分をとりまく様々な現境のこと。 ? 7月17日、祇園祭りの最中・・・・。京都シネマにて鑑賞しました。お客さん、さすが少なかった?みんな祇園祭で巡行見学みたいです。私は母の入院の手続き終了後、いそいそシアタ …
2008-07-24 Thu 22:19 銅版画制作の日々
公式サイト。橋口亮輔監督、木村多江、リリー・フランキー、倍賞美津子、寺島進、安藤玉恵、八嶋智人、寺田農、柄本明。色々と、色々な意味で性的な肉体と、それに伴う出産のイメージ、死産のイメージの様態が折に触れてバリエーションを付けて描かれる。 …
前作『ハッシュ!』が国内外で絶賛された橋口亮輔監督が、6年ぶりにオリジナル脚本に挑んだ人間ドラマ。1990年代から今世紀初頭に起きたさまざまな社会的事件を背景に、困難に直面しながらも一緒に乗り越えてゆく夫婦の10年に渡る軌跡を描く。主演は『怪談』の木村多江と …
2008-08-10 Sun 02:40 サーカスな日々
■動機 一度見逃したレアもの映画だから ■感想 良い映画だなっと思った。 ■満足度 ★★★★★★★ まんぞく ■あらすじ 1993年、何事にもきちょうめんな妻の翔子(木村多江)と法廷画家の夫カナオ(リリー・フランキー)は、子どもを授かった幸せをかみしめて …
2008-08-16 Sat 21:28 新!やさぐれ日記
「ぐるりのこと。」のDVDを観ました~♪ 主演の木村多江が、昨年度の日本アカデミー賞主演女優賞を受賞してたので、かなり気になってた映画です。あまり目立つ女優さんじゃないけど、ボクはけっこう好きな女優さんだったんですよ。そんな彼女が脚光を浴びたこの映画... …
2009-05-07 Thu 06:02 観たよ~ん~
じんわり心に響きました …
この作品、評判よいですね。(^^) 特に木村多江さんが。 1993年7月。 日本画家を目指す傍ら、職を転々としている夫・カナオと 小さな出版社で女性編集者として働く妻の翔子。 カナオは先輩の紹介で新しく法廷画家の仕事を紹介される。 翔子の母・波子や兄夫婦は …
2009-08-03 Mon 01:33 映画、言いたい放題!
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。