スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 モンゴル  / MONGOL  (2008) 」 ジャパンプレミア
2008-03-13 Thu 23:46

モンゴル】2008年4月5日(土)公開

監督 ・ 脚本 : セルゲイ・ボドロフ
出演 : 浅野忠信 /スン・ホンレイ/アマデュ・ママダコフ 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★
 

モンゴル  / MONGOL  (2008) 」 ジャパンプレミア <ネタばれ>

モンゴルの英雄チンギス・ハーンを描いた映画です。

2007年第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。


監督は、「コーカサスの虜 (1996)」のロシア人監督セルゲイ・ボドロフ。

 

主役は、1996年・第20回日本アカデミー賞において「スワロウテイル (1996)」で話題賞(俳優)を受賞した浅野忠信。北野武監督がヴェネチア国際映画祭で監督賞及び「OPEN 2003」特別賞を受賞した「座頭市(2003)」、新しいところでは「母べぇ(2008)」にも出演しています。

共演は、宿敵となる勇士ジャムカに、中国の実力派スター『初恋のきた道』『セブンソード』のスン・ホンレイ。

テムジンの妻ボルテには、本作が映画デビューとなるモンゴルの新星・クーラン・チュラン。

 


Story : 陰謀が渦巻く時代、モンゴル部族の頭領の息子として生まれたテムジン(浅野忠信)。彼を待ち受けるのは、父の毒殺、裏切り、復讐、異国での投獄という壮絶な運命。やがて彼は、さらわれて他部族の子を宿した妻を救い出し、生まれた子を我が子として慈しみ、優しさを秘めた強靭な魂で運命と闘い、次第に統率者として頭角を現していく。そして、“兄弟”にして宿敵の勇士・ジャムカとの戦いが迫ったとき、テムジンの元には、史上最強の軍団が生まれようとしていた。彼こそが、後にチンギス・ハーンと呼ばれた男。いま、彼の熱き野望がモンゴルの大平原に放たれる! 全編モンゴル語、壮麗な大自然を舞台に、モンゴル帝国を築き上げたチンギス・ハーンの壮絶な人生を描いたアクション叙事詩。



「2008年4月5日公開 」

ー  より ー

 

浅野さんの作品を観るのは2度目です。ワイルドなキャラクターで人気があるのは知っていたのですが、ちょっと変わり者?みたいな印象を持っていたのであまり興味がなかったのです。しかし、「母べぇ(2008)」を観た時、TVなどで見ている浅野忠信の印象とかなり違った生真面目でそれでいておっとりした包容力のようなものを感じ、私的に好感度急上昇。

しかも、アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされた作品とあって、俄然、興味津津・・。っということで試写会に行ってきました。

 

舞台あいさつには主役の浅野忠信が登壇し、同じ所属事務所の後輩であり、アカデミー賞ノミネートの先輩である菊池凛子が花束を持ってお祝いに駆けつけました。

浅野さんは、モンゴル語を覚えるのに大変苦労したそうです。撮影が1年間休止している間に、台本が変わって丸々1冊覚えたセリフがパーになってしまって、しかも新しいセリフを1週間で覚えなくてはいけないという、もう笑うしかない状況下で撮影に臨んだそうです。

モンゴルの人はみんな優しい人で、浅野さんのほうがお金を持ってそうなのに、必ずおごってくれると言ってきかないとか、タクシーなどに同乗すると料金は全部払ってくれるなどのエピソードを語ってくれました。広大な大地でのびのびと生きている人たちの素朴で穏やかな人間性を表しているかの様ですね。

 

チンギス・ハーンを描いた映画といえば反町隆史主演の「蒼き狼 地果て海尽きるまで(2006)」を思い出される方も多いでしょうね。

本作は、ドイツ・カザフスタン・ロシア・モンゴルのスタッフに日本の俳優浅野忠信を主役チンギス・ハーンに迎えて実質5カ国の行動制作映画となりました。

 

歴史上の人物なので、すでにどんな人生だったかご存じの方も多いかと思われますので、ネタばれに相当する内容で書かせていただきます。未鑑賞の方でネタばれをお好みでない方はここから~注意です~

*----------ここからネタばれ-------------↓

 

部族の頭領の息子として生まれたテムジンは12歳になって、部族間のつながりを保ち部族の力を強固なものにするために、力のある部族から将来の嫁をもらうために向かう途中、休憩に立ち寄った部族の娘に、「私を嫁にもらうべきよ」とテムジンに話しかけてきた女の子ボルテにひかれ、部族のハーンである父親を説得し彼女を嫁に決めてしまいます。

5年後迎えにくると約束し、結局目的地に向かうことなく家路に向う途中で父ハーンが毒殺されてしまうのです。

幼くしてハーンの後を継いだテムジンでしたが、父の手下の裏切りに遭い、部族の村は焼き払われてしまいます。命からがら逃げるのですが、つかまって囚われの身になってしまいます。モンゴル人は女と子供は殺さない・・・そういう風習のため、テムジンに食物を食べさせ早く大きくさせようとします。

脱走しては捕まって捕虜となる繰り返し・・・・

隙を見て逃げ出したテムジンは、嫁にすると約束したボルテを迎えに行き、母の待つ部族のもとに帰ります。

ところが今度はテムジンの父に嫁(母)を略奪された事を恨みをもった部族の男が復讐のためにテムジンの嫁を略奪にやってくるです。不意を突かれて襲われたテムジンは重傷を負わされ、妻のボルテがさらわれてしまいます。

 

妻を奪還するために、盟友のジャムカに復讐を手伝ってほしいと頼み、ジャムカの部族を従えて戦いに行きます。見事に勝利し奪還したボルテでしたが、略奪した男の子供を身ごもっていました・・・

 

妻の子供を自分の子供として育てる決意をし、戦利品を手下に平等に下げ与えたテムジンにジャムカの手下がテムジンについていってしまいます。それを知って怒ったジャムカの弟と手下の棟梁がテムジンの村の馬を盗もうとします。そして過ってジュヤムカの弟を殺してしまうのです。手下の棟梁にそそのかされジャムカはテムジンへの復讐のために兵をあげます。

女子供などを逃がしたものの多勢に無勢、またもテムジンは囚われの身に・・・

 

  

まるで岩窟王のよう・・・って岩窟王のストーリーはよくしらないのですが(笑)、顔の様相が岩のようになっても強靭な精神力で生き延びていたテムジン。

妻の力で救われたテムジンは、「なぜモンゴルは、盗み、略奪、復讐に満ちているのだろうか・・」というボルテの嘆きを聞き、モンゴルを統率する決意をし、妻の元を去ります。

父から崇めるようにと教えられていた神のもとに祈りに向かい、神の庇護のもと、法を作り賛同する兵を集め、モンゴルを統一するためにどうしても避けて通れないジャムカ率いる多勢の軍との戦いを制して世界の半分を占める広大なモンゴルを統一することに成功しました。

こういう英雄を物語る神話的な英雄伝ではしばしば神がかり的な、またはその自然現象を巧みに利用した勝利で語られることが多いですが、「エリザベス:ゴールデンエイジ(2008)」では風が見方をし勝利し、ティムジンには雷が見方をして勝利することになります。

↑---------------ネタばれここまで--------------*

 

一説には、源の義経が頼朝の兵から逃れモンゴルに渡ってチンギス・ハーンになったと言われていますが、それは日本でだけ言われていることですね。

馬賊であるモンゴル人は、子供や女まで日常的に馬を乗りこなしていますが、テムジン役の子役の男の子がなんの違和感もなく普通に乗りこなしているのにびっくり(笑)

モンゴルの部族の頭領の息子は、まだ、12歳と子供なのに部族間の結束を高めるために、その部族に行って候補の女の子を並べて男のほうが勝手に選びます。嫁選びの基準は、顔が平らで目が細いこと、眼が大きいと邪悪な霊が入り込むと言われているからだそうです。また、足は強いほうが男を幸せにしてくれるといわれているのだそうです。

足元を見ただけで足が強いという観念はちょっとどうやって判断するのかなと、ちょっと不思議にも感じますけどね・・・・

 

盗難、裏切り、復讐など争いが絶えなかった時代のモンゴルで部族の党首の息子として生まれながら、裏切りや略奪など不運に見舞われながらも不屈の精神で生き抜いて、統制のとれた国家建設を実現したモンゴルの英雄を描いている映画です。

 

逃げては見つかり、投獄されては脱走し、異国に売られて牢獄生活を耐え抜いて、生き抜いた波乱万丈の人生を浅野忠信が好演しています。

激動の人生なのですが、子供だったテムジンがいつのまにか大人になっていたり、流れる月日は突拍子もなく飛んでいてかなりの端折ったストーリー展開なのですが、なぜか引き込まれて見入ってしましました。

よくも悪くもモンゴル人の風習はこうという慣習を破り、自分は違うと自分の信じる生き方を貫き、戦利品は皆で分け合うテムジンのリーダーシップに賛同しついて行くものが多く次第に巨大な軍団に成長していきます。

男が女を選ぶ風習だった時代に、「あなたを選んだのは、私よ。」と言うボルテとやさしいまなざしでほほ笑むテムジンに、新しい時代の夜明けを感じさせるラストはすがすがしかったです。

 

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:2 | トラックバック:36 | top↑
<<「 魔法にかけられて / Enchanted (2008) 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 バンテージ・ポイント  / VANTAGE POINT  (2008) 」 >>
こんばんわー
私も浅野忠信変わり者のイメージがあって(笑)
アカデミー賞ノミネートでなければスルーしてたかもデス^^;

でもジャパンプレミアはウラヤマシイです~
おっしゃるとおり、つっこみどころがるのになんだか引き込まれました!
ジャムカと二人で「オオ~」とかいうのが耳について・・^^;
2008-04-04 Fri 23:10 | URL | かいこ #-[ 内容変更] | top↑
かいこさんへ
コメントありがとうございまぁ~っす。

(^O^)うんうん、私もアカデミー賞にノミネートしなかったらまったく興味がなかった映画です~

予定ではキャストの浅野さんだけだったんですが、菊池さんが花束を持って現れてびっくりしました(笑)どちらかというとそちらのほうがサプラーイズというかうれしかったです(笑)
なんだか知らずに引き込まれちゃいましたね・・・
私は、ジャムカのビェンビェビェン~っとわけのわからない歌?のようなものが妙に耳について残っています(笑)
2008-04-08 Tue 11:39 | URL | rikocchin(管理人) #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
【モンゴル】2008年4月5日(土)公開監督 ・ 脚本 : セルゲイ・ボドロフ出演 : 浅野忠信/スン・ホンレイ/アマデュ・ママダコフ 他期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★?「モンゴル / MONGOL (2008)」ジャパンプレミア<ネタばれ>モンゴルの英雄... …
2008-03-15 Sat 16:11 MoonDreamWorks
試写会で 観てきました。「MONGOLモンゴル」公式サイトチンギス・ハーンの人生を 浅野忠信が全編モンゴル語で挑んだ、アカデミー賞ノミネート作品。色で言うと 黄土色とか灰色とか?岩場やら砂漠の荒涼とした場面が多い上に、戦の様子や装いもなんだか泥臭く、テ... …
2008-04-04 Fri 23:11 かいコ。の気ままに生活
この大地に生まれ、大地に生きる者たち。 …
2008-04-05 Sat 20:58 悠雅的生活
マハ(肉)は世界に誇れるモンゴル語? …
2008-04-06 Sun 10:30 ネタバレ映画館
闘って、生きた。守るべきは、この愛しきもの。強くあれ、敗れれば“死”あるのみ! 部族間の陰謀や復讐が渦巻く12世紀、モンゴルの一部族の頭領・イェスゲイの息子として生まれたテムジン。テムジンは、運命的な出会いをした少女ボルテを許婚として選んでしまったことに... …
『バベル』でアカデミー助演女優賞を逃がした菊地凛子と同系の扱いで、“アカデミー外国語映画賞を逃がした浅野忠信”、と日本のマスコミに取り上げられている事に強い違和感を感じながら『モンゴル』を観てきました。 ★★★ 浅野忠信が獲れそうだった訳じゃないんだけ …
2008-04-08 Tue 14:57 そーれりぽーと
いい国作ろうモンゴル帝国。 …
2008-04-08 Tue 16:22 Akira\'s VOICE
角川春樹(笑) 公式サイト ロシアの映画監督セルゲイ・ボドロフによる、チンギス・ハーンの半生を描いた、浅野忠信主演映画。 浅野忠信がチンギス・ハーンを演じた、との情報を聞き及んで、彼がかつて『五条霊戦記』にて牛若丸(=源義経)を演じていた過去を想起... …
映画「MONGOL モンゴル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:浅野忠信、スン・ホンレイ、アマデュ・ママダコフ、クーラン・チュラン、他 *監督:セルゲイ・ボドロフ 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバッ …
歴史が好きになり始めた子どもの頃、高木彬光さんの『成吉思汗の秘密』を読んで、「源義経はチンギス・ハーンと同一人物に間違いないっ」と本気で信じた覚えがある(笑)肝心のチンギス・ハーンへの知識については教科書に載っている事くらいしかないが、浅野忠信さん主演... …
『モンゴル』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれた幼名テムジン(後のチンギス・ハーン)は、後の妻に成るボルテとの出会いや、父が毒殺される憂き目や、ライバルであり戦友ともなるジャムカとの友情も経験 …
2008-04-10 Thu 17:05 映画と秋葉原と日記
◆プチレビュー◆チンギス・ハーンの波乱の半生を描く物語。主演の浅野忠信の異様な迫力が圧倒的だ。 【60点】  12世紀モンゴル。後にチンギス・ハーンと呼ばれるテムジンは、父の毒殺、仲間の裏切り、復讐、異国での投獄と過酷な運命に翻弄されながらも、勢力を拡大 …
平日は空いていて良いなぁ&#63899;。 ドイツ・ロシア・カザフスタン・モンゴル合作、浅野忠信主演の『MONGOL モンゴル』を梅田ブルク7にて。 Story 12世紀、部族間の争いが絶えないモンゴル。9歳のテムジンは、小部族を率いるハーン(頭領)である父イェスゲイや部.. …
2008-04-11 Fri 23:23 健康への長い道
人気ブログランキングの順位は? 大地の民の誇りを胸に 闘って、生きた。 守るべきは、この愛しきもの …
公式サイト。セルゲイ・ボドロフ監督、浅野忠信、クーラン・チュラン。チンギス・ハーンの大叙事詩というよりも、誓い合った少年と少女の涙ぐましくも美しき愛の軌跡=奇跡。妻役のモンゴルの若き女優クーラン・チュランの清楚で野性的な美しさが草原に映える。 …
{/hiyo_en2/}広小路っていうわりに狭くない、このへんって? {/kaeru_en4/}そうか? {/hiyo_en2/}モンゴルの大平原とかと比べると狭い、狭い。 {/kaeru_en4/}って、比べるものが悪いんじゃないの? {/hiyo_en2/}そうかしら。でも、悪くなかったわよ、映画の「モンゴル」は... …
  闘って、生きた。  守るべきは、この愛しきもの   ■史上最強の統率者、誕生。陰謀渦巻く時代、モンゴルの一部族の頭領の息子として生まれたテムジン。待ち受けるは、父を毒殺、裏切り、復讐、異国での投獄という壮絶な運命。彼は、さらわれて他部族の子を宿した …
2008-04-13 Sun 05:24 唐揚げ大好き!
モンゴルに暮らす部族の息子テムジン。9歳の時、父親と共に花嫁探しの旅に出発し、運命の女性ボルテと出会う。しかしその旅の帰りに父は毒殺され、父の臣下の裏切りによってテムジンは部族から追放されてしまう。月日が経ち、たくましく成長したテムジンは、モンゴル部族... …
2008-04-13 Sun 07:03 5125年映画の旅
異端児の 心の支え 偉業の力  この映画、何がいいって、ジンギスカンじゃないの、チンギス・ハーンなの、その彼の不確かな幼少年時代を仮説を打ち立てて描いちゃったこと。っていうか、私なんぞは、自分が日本人だから、源義経が日本で不遇な成り行き(島流しの後... …
2008-04-15 Tue 06:01 空想俳人日記
第80回アカデミー賞外国語映画部門に ノミネートで話題に。 チンギス・ハーンを浅野忠信が演じる。 これに心動かされて見に行きました。 9歳で嫁探しの旅。 その年、父が急死。 日本では元寇で知られている。 チンギス・ハーン。 反町隆史が演じた 蒼き狼の映画化も …
2008-04-17 Thu 11:11 花ごよみ
原題 MONGOL 上映時間 120分 製作年度 2007年 製作国 ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル 初公開年月 2008/04/05 監督 セルゲイ・ボドロフ 撮影 セルゲイ・ボドロフ、ロジェ・ストファーズ 脚本 セルゲイ・ボドロフ 音楽 トゥオマス・カンテリネン 出演 浅野... …
 MONGOL  モンゴルといえば何を連想するか・・・。朝青龍、大草原、絵本『スーホの白い馬』。 チンギス・ハーンは、そういえばモンゴ... …
2008-04-17 Thu 22:40 真紅のthinkingdays
「MONGOL モンゴル」★★★☆ 浅野忠信、スン・ホンレイ 主演 セルゲイ・ボドロフ 監督、2007年 ドイツ、ロシア、カザフスタン・モンゴル合作、125分 アカデミー外国語映画賞ノミネートで 一気に知名度を上げた本作品。 浅野忠信は映画俳優だ、 こ... …
2008-04-18 Fri 01:00 soramove
「MONGOL モンゴル」の試写会に行ってきました。第80回アカデミー賞外国語映画賞ノミネート作品。全編モンゴル語です。 チンギス・ハーンの生涯を描いた作品という点では、昨年見た「蒼き狼 地果て海尽きるまで」と同じですが、スケールの大きさがやっぱり違います。 …
2008-04-18 Fri 14:09 今日という一日。
モンゴルを統一した人物、チンギス・ハーンの人生を描いた作品です。 …
2008-04-18 Fri 19:28 水曜日のシネマ日記
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  圧倒的オーラの英雄神話   …
2008-04-19 Sat 17:45 カリスマ映画論
    ★★★★☆  12世紀のモンゴルを舞台にGenghis Khanが 国家統一を果たすまでを描いた歴史スペクタクル。 原題は「MONGOL 」。  一部族の族長の息子Temujin=後のGenghis Khan= (浅野忠信)は9歳の時に別の部族の娘Börte(Khulan Chuluun)と 運命的な出 …
2008-04-20 Sun 16:31 富久亭日乗
モンゴル史というのはあまり馴染みがないですが、昨年「蒼き狼」を見ていたおかげです …
2008-04-20 Sun 21:29 はらやんの映画徒然草
【MONGOL】2008/04/05公開(04/20鑑賞)製作国:ドイツ/カザフスタン/ロシア/モンゴル監督・脚本:セルゲイ・ボドロフ出演:浅野忠信、スン・ホンレイ、アマデュ・ママダコフ、クーラン・チュラン モンゴル人は雷が苦手、日本人の私なんか怖くて熱出したもんね! …
2008-04-21 Mon 12:55 映画鑑賞★日記・・・
今回は、映画「モンゴル」 12世紀、部族間の争いが絶えないモンゴルで、小部族を率いるイェスゲイの息子テムジンは9歳にして未来の花嫁ボ... …
2008-04-21 Mon 21:40 Coffee and Cigarettes
主演の浅野忠信が話すモンゴル語が、 流暢だったのか、たどたどしいのかは全く不明でしたが、 特に、一人浮いているっていう事も無かったで、 日本人俳優っていう事を意識しないで鑑賞できました。 牢獄に入っていたという監督のアイデアは、 興味深く、異論は無か... …
2008-04-21 Mon 22:08 映画雑記
■動機 話題性? ■感想 これはこれで面白かった ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハとの友情を通し、王と呼ばれるに …
2008-04-23 Wed 21:53 新!やさぐれ日記
■動機 話題性? ■感想 これはこれで面白かった ■満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ■あらすじ モンゴル遊牧民族の長イェスゲイの長男として生まれたテムジン(浅野忠信)は、妻ボルテとの出会いやライバルであり戦友のジャムハとの友情を通し、王と呼ばれるに …
2008-04-23 Wed 22:00 新!やさぐれ日記
37.モンゴル■原題:Mongol■製作年・国:2007年、ドイツ・ロシア・カザフスタン・モンゴル■上映時間:125分■鑑賞日:4月12日、渋谷TOEI1(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:セルゲイ・ボドロフ□製作:セルゲイ・セリリ... …
2008-05-08 Thu 23:57 KINTYRE’SDIARY
陰謀と裏切り渦巻く12世紀のモンゴル。後にチンギス・ハーンと呼ばれ、モンゴルを統一して 大帝国を築いた男テムジン(少年時代=オドニャム・オドスレン、成人=浅野忠信)は、モンゴルの 一部族の頭領の息子。テムジン9歳の時、彼は運命の相手ボルテ(クーラン・チュラ... …
あらすじ12世紀、部族間の争いが絶えないモンゴルで小部族を率いるイェスゲイの息子テムジンは9歳にして未来の花嫁ボルテと将来を約束する。が、その矢先、他部族に父を毒殺されてしまう・・・。感想この前、映画の日に映画館に行ったらアカデミー賞外国語映画賞を受賞... …
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。