スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 明日への遺言 (2008) 」
2008-03-01 Sat 10:37

【明日への遺言】2008年3月1日(土)公開

監督 ・ 脚本 : 小泉堯史
出演 : 藤田まこと/ ロバート・レッサー/ フレッド・マックィーン 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★★

原作 : 大岡昇平 『ながい旅』(新潮社刊)

「 明日への遺言 (2008) 」 <ネタバレに相当する部分があります>

 

 

「私は必ず法戦には勝ってみせる。判決は御勝手にだ 」

 

監督は、「雨あがる (1999)」、「博士の愛した数式 (2005) 」の小泉堯史。

主演は、映画、TVシリーズ「てなもんや三度笠 (1967~1968)」、「必殺仕置人 (1973) 」などライフワークではないかと思える程の大ヒットシリーズの 「婿殿」 こと中村主水(もんど)を長年に渡って演じて来た藤田まこと。

共演は、 フェザーストン主任弁護人役にロバート・レッサー。

バーネット主任検察官約にはスティーブ・マックイーンの息子、フレッド・マックイーン 。

妻岡田温子役に 富司純子。

そのほか、法廷での証人役に蒼井優、田中好子など・・・


Story : 1945年、東條英機元首相らA級戦犯が東京裁判で裁かれる中、横浜地方裁判所では、戦争犯罪行為の命令者であるB級戦犯、及び実行者のC級戦犯の裁判が行われていた。東海軍司令官だった岡田資中将と部下19名は空襲の際、パラシュートで降下した搭乗員を捕虜として扱わず、正式な手続きを踏まずに処刑したことで殺人の罪に問われていた。フェザーストン主任弁護士の弁護のもと、岡田は、すべての責任は自分にある事を主張した…。


「2008年3月1日公開 」

 

ー 作品情報 より ー

 

パソコンが思うように動かなくなって来たので、メモリを増設するより新しいのを買ってしまいました。もろもろの工事や設定や変更が済んで今週やっと通常通りの生活に戻れそうです。

19日に試写会で見せていただい本作でしたが、公開日の今日ようやくアップすることができます(笑)

コメントいただいていた方や、TBいただいていた方にはお返事が遅くなって大変申し訳ありませんでした。

 

さて、本作は、GHQ横浜BC級裁判で捕獲搭乗員38名の処刑の責任を争う岡田資(たすく)中将の戦犯裁判~処刑までの実話です。

ちなみに、「司令部において適当に厳重処分せよ」との私信を出した憲兵司令部外事課長は、「処刑せよという命令は出していない」と逃げ切り、無罪となっています。その結果、部下である現場の直接の責任者が多数有罪判決を受ける事になったのです。

その中で第十三方面軍司令官兼東海軍管区司令官東海軍司令官の岡田資中将は、自らの死をもいとわずに信ずるところを貫き通し、原作者大岡昇平に「 最後の武人 」と言わしめられるほどの高潔な人物でした。

岡田は、裁判の冒頭「私個人の弁護は考えないで貰いたい」と挨拶し、自分の下した命令のみならず、罪に問われている部下の行為に対する全責任を負おうとする態度を貫き通したため、その心情に対し判士団も検事団も、深く敬意を表したのです。

そのため、他のA級のみならず、B級、C級戦犯裁判でも実現し得なかったきわめて公正な裁判が行われたのです。

*参考) 「公廷でも降下B-29搭乗員を調べた結果、無差別爆撃を行った者のみを処刑した、と主張した。国際法に違反して、軍事目標でない都市爆撃を行い、多くの非戦闘員を殺傷したことを立証した。これはA級戦犯の市ヶ谷法廷、また横浜法廷でもなし遂げられなかったことである (「ながい旅」より抜粋)」

 

ほとんどが法廷シーンという静かな展開が続きます。

冒頭ではイラストや実写を織り交ぜながら終戦直前の空襲や焼夷弾により東京の辺り一面が火の海になり、一瞬にして灰と化し、そこにあったのは焼けただれた10万人とも言える無数の死体の山。

犠牲になったのは、逃げ遅れた病人、老人、女、子供の無力な人々・・・・・

一夜にして10万ともいわれる捕虜の数とは比べものにならないほどの多くの市民が一瞬にして死体の山になり。身内が目の前で殺された一般市民感情としても八つ裂きにしても足りないほどの憎い敵であるのは当然の事。

しかし、法廷では身内を亡くした岡田の部下大西が斬首に自ら志願しして直接処刑を行ったことにより大西がまっ先に名指しされます。岡田はその責任問題をすべて自分にあると主張します。

 

そして、裁判のメインテーマとなったのは、「ハーグ国際条約において禁止している非軍事施設や一般民衆を爆撃して、家を焼き非戦闘員を殺傷している国際法違反の容疑者への正統な処刑」と言う岡田側の主張に対して、パイロットなどの空爆に関与していない捕虜を略式裁判による斬首の刑に処した残虐性と国際法に対する違反との検察側の主張との争いでした。

つまり、処刑された捕獲搭乗員38名が国際法に基づく「捕虜」としての扱いを受けずに斬首された残虐な不法処刑として主張する連合軍の検察側と、非軍事施設や一般民衆無差別殺戮をした「重罪人」の処刑であったとの岡田主張との戦いでした。

 

「勝てば官軍、負ければ賊軍」・・っと私の祖父が口癖のように言っていたのを思い出しました。

通常なら敗戦国としては、これほどまでの公正な裁判は行われることなく戦犯として裁決され処刑されているのが現実。

藤田まこと演じる岡田の法廷での信念に基づく証言の一言一言に説得力を感じます。

検察側からの尋問はこの裁判には無関係な「パール・ハーバー」」にまで及びますが、まったく動揺することなく、あくまでも本法廷での岡田の一貫した主張に反しない、軍事施設への攻撃であったことで国際法においての正統性としての観点からの意見を述べるのです。

 

今の社会は、しっぽ切りというか、偽装事件が発覚しても部下や従業員のせいにして自分はのうのうと経営者として居座っている某事件の料亭や、怒りを感じ得ない醜いトップのあり方を日々当たり前のように目にしているだけに、この岡田のような高潔な精神がまぶしくさえ感じられます。

 

今国会で騒がれているイージス艦問題等でも、堂々巡りな答弁を繰り返しているくらいなら、その時間を割いて、議員全員がこの映画を見て少しでも見習ってもうらうほうがよっぽど国のためになりますね。

 

 

 


■大岡昇平 『ながい旅』(新潮社刊)


主題歌: 森山良子 『ねがい』

~ おしまい ~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:3 | トラックバック:33 | top↑
<<「 L change the WorLd(2008)  」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 陰日向に咲く (2005) 」>>
TBありがとうございます
私にはどう評価していいのかわからない映画でした。

岡田資と言う人物は、その置かれた立場において、
立派に自身の考える正義を貫き通したと思いますが、
それが映画の言いたいことなのかどうかよくわかりません。
rikocchinさんの書かれているように、
敗戦国と戦勝国という絶対的に不利な中で
岡田資の高潔さが公正な裁判を行わしめた、
という点において異論はありませんが、
原作の力点は(読んでないけど)違う点にあるのではないか
と言う気がしてなりません。
2008-03-10 Mon 00:23 | URL | KGR #-[ 内容変更] | top↑
KGRさんへ
コメントありがとうございまぁ~っす。

KGRさんはそう感じましたか~
私は同じ日本人として誇れるこんな立派な人がいたんだと、単純に関心してしまいました。
日本の今後を担う人々に敗戦国といえどもし信念に基づいて臆することなく正しく生きよ、というメッセージを残して、自らの命をいとわずに正義を貫き通した姿を武士のような潔さと感じました。
「明日への遺言」というタイトルにマッチした内容だとかんじました~
ただ、ちょっときれいに描かれすぎてはいないかという感じは受けましたけどね~
2008-03-10 Mon 21:09 | URL | rikocchin(管理人) #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
初めまして、数ヶ月前にこちらのブログの「ヲリオン座からの招待状」の記事を拝見してTBお送りして以来、折にダイアリー(ブログ)、スレッドでTB往信頂いてきた者なのですが、今回一度ご挨拶を、とも思い、コメントさせて頂きました。この「明日への遺言」は先日新作DVDで見たのですが、戦時中、戦後の混乱した価値観の中、主人公のブレのない信念や誠実さ、を感じた作品でした。
2008-08-19 Tue 13:36 | URL | Autumn #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
映画「明日への遺言」の試写会の入場券を入手したので、先週六本木へ行って来た。 戦犯裁判をテーマにした本は角田房子のシリーズがあり、東京裁判ものも多いが、この映画は大岡昇平の「ながい道」を原作としている。本の成功と、映画の成功は異なり、映画化には出版と異 …
今日は 「明日への遺言」@ユナイテッド・シネマ豊洲 をみてきました。 会場がスクリーン1で、広かったです。ゆったりしていてよかったです。 今回は会場の割りに人が少なくていいところに座り放題でした。 ぎりぎりだったので以前「クワイエットルームにようこそ」... …
2008-03-01 Sat 16:11 うたうたBLOG
「明日への遺言」を観てきました。 この作品は、第二次世界大戦後、東海軍(名古屋辺り)司令官だった陸軍岡田資(おかだたすく)中将と部下19名が、戦争中の空襲の際、爆撃機からパラシュートで降下した連合軍(米軍)搭乗員を捕虜として扱わず、処刑したという罪でB級... …
2008-03-01 Sat 16:17 紫@試写会マニア
☆私は、『硫黄島からの手紙』を見終えたとき、あのようなふんだんな資金で作った戦争大作洋画に対し、邦画の戦争を語る作品が勝つには「戦争法廷物」しかないと語っていたものだ。 すると、この『明日への遺言』と言う、かなりの傑作が生まれた。 もっとも、東京裁判で... …
「明日への遺言」ブロガーイベント 試写会&小泉尭史監督とのティーチイン  アスミックエース試写室 作品に対して予習はしていかないほうなのでこの法廷劇が戦犯に対するものであることは何気にわかっていましたが、実際に起こった戦犯裁判であったということは知り... …
2008-03-01 Sat 22:02 てんびんthe LIFE
―藤田まことの好演は光るものの…― 亀さんは、映画「明日への遺言」を、全国ロードショー公開の初日の昨日(3月1日)、ワーナーマイカル浦和美園で見てきました。 この映画は、『雨あがる』などの、黒澤明門下の小泉堯史監督が、大岡昇平原作の「ながい旅」を映画化し... …
試写会に行きました。 この日の年齢層はかなり高め。 私の隣は老夫婦。 後ろは50代位の男性と40代位女性のカップル(?)。 老夫婦の男性がおならをしてしまったらしく、 奥さんに謝ってました。 奥さんは「ちょっと臭うけれど大丈夫ですよ」と慰めてましたが、 私の... …
2008-03-02 Sun 01:43 映画、言いたい放題!
『ビー・ムービー』の試写会で予告を見て、予告だけで号泣してしまった『明日への遺言』の試写会に行ってきました。岡田資(たすく)中将の戦犯裁判~処刑までの実話の映画化です。 …
2008-03-02 Sun 10:47 美味!な日々
第二次世界大戦後、撃墜された米軍爆撃機の搭乗員の処刑の罪を問われ、BC級戦犯容疑で起訴された東海軍司令官岡田資中将の法廷闘争を描いた映画です。岡田中将は、この法廷闘争を自ら「法戦」と名づけ、戦いました。これは、その実話を描いた映画です。 この映画まで、... …
2008-03-02 Sun 17:39 勝手に映画評
  愛する人へ 遺したいものがある   ■第二次世界大戦後、無差別爆撃を実行した米軍搭乗員処刑の罪に問われ戦犯裁判にかけられた東海軍司令官・岡田資中将。法廷闘争を「法戦」と名づけ立ち向かう夫を傍聴席から見守る妻・温子とその家族。部下を守り全責任を負う岡 …
2008-03-03 Mon 05:51 唐揚げ大好き!
明日への遺言    試写会行ってきた。 場所はららぽーと豊洲 ここの劇場はいいで …
2008-03-03 Mon 09:29 \"( ´ ▽ ` )ノ\"ちわぁ
公開日 2008/3/1監督:小泉堯史 「雨あがる」、「博士の愛した数式」出演:藤田まこと/ロバート・レッサー/フレッド・マックイーン/リチャード・ニール/富司純子 他【あらすじ】第二次世界大戦終了後、戦争末期に名古屋を空爆した米軍捕虜を処刑した責任を問われ、B級... …
2008-03-03 Mon 09:35 Good job M
満 足 度:★★★★★★★★    (★×10=満点)  監  督:小泉堯史 キャスト:藤田まこと       ロバート・レッサー       フレッド・マックイーン       リチャード・ニール       西村雅彦       蒼井優      ... …
2008-03-06 Thu 16:10 ★試写会中毒★
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判にかけられた岡田資中将の物語です。 …
2008-03-07 Fri 12:48 水曜日のシネマ日記
2008/2/21、新宿の明治安田生命ホールでの開催。 ここの会場は初めてだ。 会場そのものの感想は別に書く。 最初に司会登場、説明文を読んだあと、抽選会。 女子アナご当地クイズ(正式タイトルではない)なるDVD2枚と、 映画の画像を使ったしおり(本屋でただ... …
評価☆☆☆☆ 太平洋戦争末期、無差別爆撃を実行した米軍機の搭乗員を処刑した責任を問われ、B級戦犯として戦争裁判にかけられた岡田資(たすく)中将(藤田まこと)。傍聴席から妻・温子(富司純子)や家族が見守る中、彼はひとり“法戦”に挑んだ。部下を守るため全責任... …
2008-03-10 Mon 00:13 豪の気ままな日記
映画「明日への遺言」を観ました!!2008年の第6作目です …
2008-03-10 Mon 06:31 馬球1964
----これってどんな映画ニャの? ニャんだか裁判劇みたいだけど…。 「うん。これはね。 B級戦犯、岡田資中将の法戦を描いているんだ」 -----法戦って? 「その言葉は彼が名付けたもの。 いわゆる法廷闘争だね。 戦後、多くの戦争指導者が自己保身に走るのを見て、 彼、岡... …
2008-03-10 Mon 09:46 ラムの大通り
昨今の時事情報を取り扱う報道は、どうも出てくる人物が『他人事』のようにしか取り扱っているようにしか見えない。一番の被害者に対し、労わり、慰めるような言葉が口から発せられても、その目は、その表情は、とてもながら誠意の表れは見られない。「誰かが解決してくれ... …
2008-03-10 Mon 10:48 Diary of Cyber
ずしっと重みのある邦画を久しぶりに観た気がする。この作品に於ける裁判がいかなるものか、何が争点であるかについて、歴史を振り返りながら背景を説明していく冒頭。これを知らないと裁判の内容には付いていけない …
2008-03-10 Mon 17:13 たいむのひとりごと
1日の映画の日、イオン下田で「ライラの冒険 黄金の羅針盤」と …
2008-03-10 Mon 19:42 欧風
監督:小泉堯史 出演:藤田まこと、富司純子、蒼井優、西村雅彦、ロバート・レッサー、フレッド、マックイーン、リチャード・ニール 「元東海軍事司令官、岡田資中将はB級戦犯として軍事裁判にかけられていた。弁護人はフェザーストン士、バーネット検事、裁判官はラ …
2008-03-11 Tue 19:01 日々のつぶやき
人気ブログランキングの順位は? 第二次世界大戦後 米軍搭乗員処刑の罪で 東海軍司令長官・岡田資(たすく)中将は 戦犯裁判にかけられる 愛する人へ、遺したいものがある …
明日への遺言(2007 日本) 英題   Best Wishes for Tomorrow 監督   小泉堯史    原作   大岡昇平 『ながい旅』    脚色   小泉堯史 ロジャー・パルヴァース       撮影   上田正治 北澤弘之                    ... …
2008-03-12 Wed 01:14 映画のメモ帳+α
上映スクリーン数: 196オープニング土日興収: 7768万円小泉堯史監督「博士 …
2008-03-12 Wed 22:13 映画コンサルタント日記
{/hiyo_en2/}このあたりは、地下鉄が地上を走ってるのね。 {/kaeru_en4/}空襲があったら目標になりそうで、なんだか危なっかしいな。 {/hiyo_en2/}“空襲”って、いつの時代の話をしているのよ。 {/kaeru_en4/}そりゃ、第二次世界大戦さ。アメリカ軍は日本中の町を無差別 …
愛する人へ 遺したいものがある …
2008-03-13 Thu 14:36 ひるめし。
監督 小泉堯史少しあらすじ 戦争末期に名古屋を空爆した米軍機乗員を処刑した責任を問われ、岡田資中将はB級戦犯として裁判にかけられる。岡田は裁判闘争を「法戦」と位置づけ、処刑を実行した部下には責任はないこと、米軍の無差別爆撃は違法であることを主張する。感... …
2008-03-15 Sat 19:53 ももたろうサブライ
人間よ 真の尊厳を 誰が問う  本作品の題名「明日への遺言」、この題名を想わざるを得ない。もちろん、残された家族や部下だった若者たちの明日ではない。私たちの明日だ。  作品全編のほとんどは、第二次大戦中、名古屋への無差別爆撃を実行したB29搭乗の米... …
2008-03-17 Mon 22:54 空想俳人日記
ブログとウォーカー友の駄々猫さんから映画の鑑賞券をいただくことができました。「明日への遺言」とっても気になっていた作品でとてもうれしかったです♪(私は「ライラの冒険」をプレゼント)と交換プレ自体もっと前にしていたんですが鑑賞が遅くなっていた訳です今回初... …
2008-04-30 Wed 20:24 たーくん\'sシネマカフェ
第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。敗戦直後の混乱の中で自身の責任と …
2008-08-13 Wed 04:06 サーカスな日々
先日新作DVDリリースの小泉堯史監督作品。原作は大岡昇平の「ながい旅」、第2次大戦後、B級戦犯裁判を戦い抜いた、岡田中将の姿を描いたヒューマンドラマ。蒼井優出演とのことでも気になった作品。 冒頭、民衆攻撃への憤りの象徴としてかピカソの「ゲルニカ」から、... …
2008-08-19 Tue 13:21 KYOKO〓
『明日への遺言』第二次世界大戦終了後。元東海軍司令官・岡田資中将(藤田まこと)は、名古屋空襲時における一般民衆への無差別爆撃を実行した、米軍搭乗員処刑の罪に問われ、B級戦犯として裁判にかけられた。岡田中将の弁護人であるフェザーストーンと相対する、バーネ... …
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。