スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 母べえ (2008)  」
2008-01-27 Sun 17:17

【母べえ 】2008年1月26日(土)公開

監督 ・ 脚本 : 山田洋次
出演 : 吉永小百合 / 浅野忠信 / 檀れい 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★

原作 : 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)

「  母べえ (2008) 」

 

 

監督は、「幸福の黄色いハンカチ 」で1977年日本アカデミー賞監督賞及び脚本賞を受賞し、「男はつらいよ」シリーズ、「釣りバカ日誌」シリーズ、と昭和の時代から日本のお茶の間で最も愛される作品を作り続け、2003年アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた『たそがれ清兵衛(2002)』をはじめとする、『隠し剣 鬼の爪(2004)』、『武士の一分(2006)』の時代劇三部を作り上げた作山田洋次。

主演は、120タイトル以上の映画に出演し、「 おはん (1984) 」、「つる-鶴- (1988) 」、「長崎ぶらぶら節 (2000) 」、「北の零年 (2004) 」の四作で日本アカデミー賞主演女優賞を受賞している、吉永小百合

共演は、夫役に坂東三津五郎。

「サッド ヴァケイション (2007)」の浅野忠信。セルゲイ・ボドロフ監督、浅野忠信主演の「モンゴル/Mongol」が2008年第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされました。受賞の行くへが気になりますね。

そして、「武士の一分」に続いて山田洋次監督作品に出演する檀れい。

脚本は、自身の幼い頃の家族の思い出を綴った野上照代のノンフィクション小説「母べぇ」をもとに山田洋次監督が手がけています。




 


Story : 舞台は、昭和15(1940)年の東京。夫の滋と二人の娘とつましくも幸せに暮らしていた野上佳代。その平穏な暮らしは、ある日突然、滋が治安維持法違反で検挙されてしまったことで一変する。戦争反対を唱えることが、国を批判するとして罪だったこの時代、平和を願う信念を変えない限り、滋は自由の身には戻れない。滋の元教え子の山崎や義理の妹の久子、型破りな性格の叔父・仙吉たちの優しさに助けられながら、佳代は娘たちを育て家計を支えるため奔走する。しかし、新年を迎えても滋は帰らず、やがて日本はアメリカとの戦いに突入していく



「2008年1月26日公開 」

 

ー 公式HP より ー

 

戦争を描いている時代と言えば、最も敗戦色濃い時代、今もなお生存者の生の声が残っている、昭和20年に無条件降伏に向かうまでの破滅の時代ではないでしょうか。

この映画も昭和15年からその無条件降伏をする昭和20年頃までの時代に生きていた野上照代の生の戦争体験を思い出という形で綴られた母の物語。

60過ぎの吉永さんが30代の母を演じるのは少し無理があるのでは、っと思っていましたが、お年の割にはまだまだお美しく若々しい吉永さんは案外違和感を感じさせずに好演していました。

静かで淡々と描かれているものの、正しいことを正しいと言えない、間違っていることを間違っていると言えば罪になり投獄されてしまう、こんな時代に生まれてこなかった事を心から良かったと言う思いですね。

作り話ではない生の実体験を思い出として描かれているだけに、静かにじんわりと感じさせられるそんな映画でした。

~ おしまい ~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「か行」 | コメント:2 | トラックバック:30 | top↑
<<◆追悼ヒース・レジャー(Heath Ledger) | MoonDreamWorks★Fc2 | ◆2008年第80回アカデミー賞ノミネート発表>>
TBありがとうございました。

本当、あの時代の自由なき日本を考えると
とても胸が痛くなりました。
2008-01-28 Mon 09:46 | URL | kze #-[ 内容変更] | top↑
kze さんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

特に壮絶な悲劇が表現されているわけでもないのに、不思議と、しみこむように、こんな時代に生まれて来なくて良かったと考えさせられました。
吉永さんの優しく芯の強い母べぇの演技が良かったですね。
娘の照るべぇの目線で懐古されいる強く明るく生きた母像が優しかったです。
2008-01-29 Tue 10:45 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
流石、山田洋次監督作品。映像が美しく、無駄がない。独特の清々しくも品のある、吉永小百合・主演「母べえ」を観てきました。 参加した試写会はいつものそれと違って、平均年齢がかなり高い感じ。正直なんで呼ばれたかちょっと不思議な(!!)感じもするくらい。上映中... …
2008-01-27 Sun 22:24 紫@試写会マニア
【母べえ】2008年1月26日(土)公開監督 ・ 脚本 : 山田洋次出演 : 吉永小百合 / 浅野忠信 / 檀れい 他観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★原作 : 野上照代『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)「 母べえ (2008)」  監督は、「幸... …
2008-01-27 Sun 22:38 MoonDreamWorks
{/hiyo_en2/}なに、ソワソワしてるの? {/kaeru_en4/}いや、吉永小百合って、テニスとか乗馬が趣味らしいから、ひょっとして有明あたりにいたりしないかなあと思って。 {/hiyo_en2/}いるわけないでしょ。 {/kaeru_en4/}でも、俺がいると知れば、来てくれるかもしれないぜ …
君は母べえを見たか? …
2008-01-27 Sun 23:01 ネタバレ映画館
浅野さんの3変化(爆) …
2008-01-27 Sun 23:05 極私的映画論+α
「母べえ」試写会 丸の内ピカデリー2で鑑賞 チラシやポスターをみたときに母親役が吉永小百合さま…、子供はまだ小学生じゃん、ちょっとやばいか? なんて突っ込んでしまったのですが、それは小百合さまを女優ではなく60代の熟女と決め付けてしまったからです。 ... …
2008-01-27 Sun 23:36 てんびんthe LIFE
家族、とりわけ母にスポットを当てた誠実な作品。治安維持法違反で逮捕された父に代わって家庭を支えた気丈な母親を、子供たちの目を通して描いていく。直接的に戦争を描かず、名もない市井の人々の痛みを表現する、練られた一つ一つのセリフが印象的だ。吉永小百合は年齢... …
山田洋次監督、吉永小百合主演で話題の映画『母べえ』を我が母が「見たい見たい」と騒いでいたので、応募しまくって当たった試写会に母を伴って行ってきました。 …
2008-01-28 Mon 00:24 美味!な日々
(2008年・松竹/監督:山田 洋次) 黒澤明監督のスクリプターを長く務めた野上照代さんの自伝ノンフィクション「父へのレクイエム」を元に、戦前・戦中・戦後を生きた家族の物語を、日本 …
----これって最近、よく聞くタイトル。 お母さんの話だろうということは想像つくけど、 この“べえ”というのは一体ニャによ。 「じゃあ、順番に分かりやすく説明しよう。 この映画は、黒澤明監督のスクリプターとして知られる野上照代が、 幼い頃の家族の想い出を綴った …
2008-01-28 Mon 05:15 ラムの大通り
昭和15年2月のある夜、東京に暮らす野上家では、 夫の滋(坂東三津五郎)と妻の佳代(吉永小百合)、 しっかり者の長女・初子(志田未来)と天真爛漫な次女・照美(佐藤未来)が 笑いの絶えない楽しい夕食を囲んでいた。 それが、家族揃った最後の晩餐になってしまった。... …
2008-01-28 Mon 09:43 happy♪ happy♪♪
▼うちの<母べえ>が、映画『母べえ』の前売り券を持っていたので、いつもの<MOVIX昭島>に観に行く。 今夜は、レイトショーで『テラビシアにかける橋』も観に行く予定なので、<MOVIX昭島>三昧である。 うちの<母べえ>は、市の婦人会のお手伝いをしてい... …
叫ばなくとも強烈に響く「戦争反対」の声。 …
2008-01-28 Mon 17:42 Akira\'s VOICE
 この映画は、試写会で観ました。 監督:山田洋次主演:吉永小百合出演:浅野忠信、 …
2008-01-29 Tue 21:06 泉獺のどうでも映画批評
今週の平日休みは、「テラビシアにかける橋」か「陰日向に咲く」を観ようかと思ってたけど、 時間が合わず、吉永小百合主演の本作に。 ココ数年で映画を観だしたひらりんとしては、吉永小百合は初鑑賞。 高倉健さんのときにも書いたと思うけど、 お年の割りに、この人... …
2008-01-31 Thu 00:45 ひらりん的映画ブログ
JUGEMテーマ:映画 2008年1月26日 公開 「人に指をさしちゃいけません!」・・・て、これよく言われたなぁ~、ウチの"母べえ"に。 はい、これはどこを切っても山田洋次監督作品でございます!!! そして、全国の"サユリスト"が萌える作品でございま... …
 評価:★           微笑ましさと強さ度:90% 評価表(★:絶賛! ☆:面白い! ◎:良かった♪ ○:普通 △:ややつま... …
2008-02-03 Sun 14:58 何書☆ねくすと
{{{   ***STORY***              2007年  日本 日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家では、ドイツ文学者の夫・滋と妻・佳代、そしてしっかり者の長女・初子と天真爛漫な次女・照美の4人が貧しくも明るく暮らしていた。お互いを「父べえ」... …
2008-02-03 Sun 21:25 Cartouche
世評があまりにも高いので、私は最初から冷静に、辛口でいこうと決心していた。監督・脚本:山田洋次出演:吉永小百合、浅野忠信、檀れい、志田未来、戸田恵子、坂東三津五郎特高役の笹野高史が土足で野上家に上がりこみ、調度品や蔵書を足蹴にする。江戸時代がかかったよ... …
2008-02-06 Wed 18:00 再出発日記
人気ブログランキングの順位は? 激動の昭和を生きた家族 小さな家族の中を── 大きな時代が通り過ぎてゆく── 何もなくても、母の手があった。 悲しくても、母の胸があった。 …
日曜日の夕方に観賞したのですが、月曜日の朝上手く起床できないほどオチました(Φ▲ …
2008-02-19 Tue 14:03 乙女千感ヤマト
お話に深く戦争が関わってくる作品です。 貧しくても心は温かく…というだけの単純な作品ではありませんでした。 (いや、単純じゃないか、... …
監督/山田洋次   脚本/山田洋次、平松恵美子    原作/ 野上照代 『母べえ』(オリジナル題『父へのレクイエム』)    製作年度... …
2008-02-27 Wed 15:21 +++ Candy Cinema +++
山田洋次は、今の日本映画界で巨匠と言う称号の似合う、数少ない映画監督の一人だと思う。 その事を改めて実感させてくれた、藤沢周平原作に... …
『SP』の岡田准一、『篤姫』の宮崎あおいの『陰日向に咲く』と晴海通りを挟んで、舞台挨拶2本立てを計画していたが、ジャニーズファンの恐るべき猛攻によりチケット瞬殺オクでも万単位で取引されていたので、泣く泣く1本のみ(爆)山田洋次監督と完成披露で握手したのは... …
山田洋次は、今の日本映画界で巨匠と言う称号の似合う、数少ない映画監督の一人だと思う。 その事を改めて実感させてくれた、藤沢周平原作に... …
山田洋次監督が昭和初期につつましく生きる家族の姿をとらえて、現代の家族へのメッセージとしてつづった感動の家族ドラマ。夫のいない家族を支える強くてけなげな母親を演じた主演の吉永小百合をはじめ、坂東三津五郎や浅野忠信、子役の志田未来、佐藤未来が、戦前の動乱... …
2008-08-02 Sat 07:18 サーカスな日々
 昭和15年、一家の大黒柱を思想犯として収監された一家  残された母と娘二人の気丈な生活を描く。    個人評価 ★★☆  『 映画雑感... …
2008-08-09 Sat 21:13 『映画な日々』 cinema-days
あらすじ日中戦争が泥沼化しつつある頃。野上家は、お互いを「父べえ」「母べえ」「初べえ」「照べえ」と呼び合う仲睦まじい家族だったが、昭和15年2月、滋が治安維持法違反で検挙されてから苦難の日々が始まった。そんな折、滋の教え子・山崎徹が訪ねてくる。それ以降... …
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「母べえ」 □監督・脚本 山田洋次 □脚本 平松恵美子□原作 野上照代&nbsp;□キャスト 吉永小百合、浅野忠信、檀れい、笑福亭鶴瓶、坂東三津五郎、       志田未来、佐藤未来、笹野高史、でんでん、神戸浩、近藤公園、  ... …
2010-02-08 Mon 12:30 京の昼寝~♪
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。