スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber (2008)」
2008-01-20 Sun 01:37

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開

監督 : ティム・バートン
出演 : ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/ 他
期待度 : ☆☆☆ → 観賞後の評価 ★★★★
原作 : クリストファー・ボンド  / 作詞・作曲 : スティーブン・ソンドハイム

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師  / Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street (2008) 」

トニー賞8部門に輝くスティーブン・ソンドハイム作の同名ミュージカルの映画化です。

 

12月13日発表されたゴールデン・グローブ賞のノミネーションで4部門でノミネート!

2008年1月13日(日本時間14日午前11時)からの第65回ゴールデングローブ賞受賞者発表でみごとにミュージカル部門での作品賞&8度目のノミネートの今回、初のジョニーの主演男優賞が実現しました。

熱狂的なファンならずとも今や最も注目される俳優となったジョニーの受賞は皆が望んだ結果ではないでしょうか。

**ゴールデン・グローブ賞は、約100人のハリウッド外国人記者協会の投票で選出する賞でアカデミー賞の前哨戦と言われています。

 

*コメディミュージカル作品賞
*監督賞
*コメディミュージカル主演男優賞
*コメディミュージカル主演女優賞

から構成されています。

 

しかし、残念ながら今年の授賞式はアメリカ脚本家組合(WGA)のストライキに俳優協会も賛同することになり事実上中止と言うことになってしまいました・・・・

ジョニー本人も王様のブランチのインタビューで残念だと感想をもらしていましたね。

そんなこんなで、延期になった「シャンタラム(原題)」、「ラム・ダイアリー(原題)」の二作の前にジョニーの次回作は、マイケル・マン監督とのタッグ、米バニティ・フェア誌特約記者ブライアン・バローが書いたノンフィクション小説「Pubric Enemies: America's Greatest Crime Wave and the Birth of FBI, 1933-34」でジョニーは犯罪王デリンジャーを演じる予定で、今年三月にクランクインするそうです。

 

さて、肝腎な本作は、何度もブロードウェイで上演され、アメリカで最も権威のあるミュージカルの賞である、トニー賞にも輝いた現代ミュージカルの決定版。「ジョニー・デップ史上最も怖く、最も美しい映画」 と絶賛の声が上がり、本作ではデップが本格的な歌声も披露しています。


 

監督は、ジョニーと6度目のタッグとなるティム・バートン

主役は、勿論、最もファンを大切にしてくれるベストサイナー・オブ・ザ・ワールド、ジョニー・デップ

 

ジョニーは、元々はミュージシャンとしてバンド “The Kids” のリードギターでデビュー。

イギー・ポップの前座を務めていたこともあり、ミュージシャンとの親交も幅広いとのことです。

俳優デビューは『エルム街の悪夢』(1984)。

その後、TVドラマ「21ジャンプ・ストリート」(1986~1990)に出演し、一躍アイドルとして人気を得ました。

1990年に『シザーハンズ』で初めてティム・バートン監督作品に出演。

以降、『ギルバート・グレイプ』(1993)、『ラスベガスをやっつけろ』(1998)、『耳に残るは君の歌声』(2000)などに出演。

1997年には『ブレイブ』で映画監督デビューも果たしています。

今回は、デビュー作のエルム街ではなく、フリート街が舞台、初心に戻って悪魔つながりと言うことで(っとエルムの場合はロバート・イングランド演じるフレディが悪魔だったので、まったく脈絡のないつながりではあったりするけど(笑)・・)、今までのキャリアの集大成ともなる本作で主演男優賞を受賞したことは、ジョニーにとって大変意義のある年となりますね。



 


Story : 19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはスウィーニー・トッドと名前を変え、フリート街に戻って来た。理髪店を構え、パイ店の店主、ミセス・ラペットの協力を得て、ターピン判事への復讐を始める。



「2008年1月19日(土)公開 」

ー  より ー

 

 

【STAFF】

監督:ティム・バートン

脚本:ジョン・ローガン

作詞・作曲:スティーヴン・ソンドハイム(スティーブン・ソンドハイムとヒュー・ホウィーラーによるトニー賞受賞ミュージカル「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」に基づく)

原作戯曲:クリストファー・ボンド

製作:リチャード・D・ザナック
    ウォルター・パークス
    ローリー・マクドナルド
    ジョン・ローガン

製作総指揮:パトリック・マコーミック

撮影:ダリウス・ウォルスキー

美術:ダンテ・フェレッティ

編集:クリス・レベンゾン

衣装:コリーン・アトウッド

共同製作:カッタリー・フラウエンフェルダー

 

【CAST】

スウィーニー・トッドジョニー・デップ

ミセス・ラベット=ヘレナ・ボナム=カーター

ターピン判事=アラン・リックマン

役人バムフォー=ティモシー・スポール

アドルフォ・ピレリ=サシャ・バロン・コーエン

トビー=エドワード・サンダース

ルーシー=ローラ・ミシェル・ケリー

ジョアンナ=ジェイン・ワイズナー

アンソニー・ホープ=ジェイミー・キャンベル・バウアー

 

ミュージカルなので歌うのは当然として、ジョニーが歌うのが楽しみの一つでしたが、最初から歌っていてびっくり、いや、何度も言うようにミュージカル映画なので当然と言えば当然ですが(笑)クライマックス部分で時々歌うのかなっと・・思っていたもので~ココまで本格的なミュージカル映画になっているとは夢にも思いませんでした。

邪悪なターピン判事の横恋慕の犠牲となり、無実の罪で終身刑でオーストラリアに流刑されたベンジャミン・バーカーが、15年後に脱獄してスウィーニー・トッドとして復讐の為にロンドンに戻ってくるシーンから始まります。


復讐を誓って戻って来たテムズ川の船上で歌う「 No Place Like London 」でスタートします。

ちょっと歌詞もも載せてみます。

 
「 No Place Like London 」

Antony

I have sailed the world
beheld its wonders
from the dardinells,
to the mountains of Peru,
But there's no place like London!
I feel home again...
I could hear the city bells ring...
Whatever would I do?
No there's...

Sweeney Todd

No place like London...

Antony (spoken)

Mr. Todd, sir

Sweeney Todd

You are young...
Life has been kind to you...
You will learn.
(Spoken) 'Tis here we go our seperate ways.
Farewell Antony.
I will not soon forget the good ship bountiful, nor the young man who saved my life.

Antony

(Spoken) There's no cause to thank me for that, sir.
It would have been a poor Christian indeed who would have spotted you
pinching and tossing on that raft and not given the alarm.

Sweeney Todd

(Spoken)
There's many a Christian would've done just that and not lost a winks sleep over it either.

Beggar Woman

(Sung) Alms, alms for a miserable woman, on a miserable chilly mornin'!
Thank ya, sir, thank ya...
How would ya like a little muff,
dear a little jig-jig,
a little bounce around the bush!
Wouldn't ya like to push me parsley?
It looks to me, dear, that you've got plenty there to push!
Alms, alms for a pitiful woman...
what's got wandering wits?
Hey! DOn't I know you, mister?

Sweeney Todd

Must you glare at me, woman?
Off with you!
Off I say!

Beggar Woman

Then how would ya like to split me muff?
Mister, we'll go jig-jig!
A little...

Sweeney Todd

Off I said!
To the devil with you!

Beggar Woman

Alms, alms for a pitiful woman!

Antony (Spoken)

Pardon me, sir, but there's no need to fear the likes of her,
she's only a half-crazed beggar woman...
London's full of them.

Sweeney Todd (spoken)

I beg your indulgance, boy, my mind is far from easy.
For in the once familiar streets I feel a chill of ghostly shadows everywhere.
Forgive me.

Antony (spoken)

There is nothing to forgive.

Sweeney Todd (spoken)

Farewell, Antony.

Antony (spoken)

Mr. Todd, before we part...

Sweeney Todd (spoken)

What is it?

Antony (spoken)

I have honored my promise never to question you.
Whatever brought you to that sorry shipwreck is your affair and yet, over
many weeks of our voyage home,
I've come to think of you as a friend,
and if trouble lies ahead for you in London, if you
need any help...or money.

Sweeney Todd (spoken)

No!
(sung)
There's a whole in the world like a great black pit
and the vermin of the world inhabit it
and its morals aren't worth what a pin can spit
and it goes by the name of London.
At the top of the hole sit the previlaged few
Making mock of the vermin in the lonely zoo
turning beauty to filth and greed...
I too have sailed the world and seen its wonders,
for the cruelty of men is as wonderous as Peru
but there's no place like London!
--
There was a barber and his wife
and she was beautiful...
a foolish barber and his wife.
She was his reason for his life...
and she was beautiful, and she was virtuous.
And he was nieve.
There was another man who saw
that she was beautiful...
A biased vulture of the law
who, with a gesture of his claw
removed the barber from his plate!
And there was nothing but to wait!
And she would fall!
So soft!
So young!
So lost and oh so beautiful!

Antony (spoken)

The lady, sir, did she, sir, come?

Sweeney Todd (sung)

Ah, that was many years ago...
I doubt if anyone would know.
(spoken)
Now leave me, Antony.
There is somewhere I must go,
something i must find out.
Now, and alone.

Antony (spoken)

But surely we will meet again before I am off to Plymouth?

Sweeney Todd (spoken)

If you want you may well find me around Fleet Street. I wouldn't wander.
(sung)
There's a hole in the world like a great black pit
and it's filled with people who are filled with shit!
And the vermin of the world inhabit it!

 

 

妻ルーシーと娘ジョアンナとのつかの間の幸せだったシーンは、光に満ちていて、まばゆいばかりのパステルな色彩を使い、その他のシーンはすべて、カミソリの犠牲者の血の色以外はほとんどがセピア色で、復讐の鬼と化して殺人を繰り返す“スウィーニー・トッド”の、ダークで重い破滅の物語が暗がりの中で効果的に表現されています。

私が思うに、このミュージカルがこれほどまでに長い間愛され続けて長く演じられて来たのは、復習がテーマとなっている映画ではありますが、結局のところそれぞれの悪人は気前よくと言うか惜しげもなくというか一掃され、最後には正義が勝つ的な普遍的な終わり方が童話的だからではないかと思いました。

ミュージカル自体は未鑑賞ですし、あらすじも読まずに他の情報を極力入れずに鑑賞に望みましたので、ジョニー・デップが復習の鬼と化した悪魔を演じることで、ある意味イメージとして、あたかも悪魔がヒーローになった映画になってしまっているのではないかと言う懸念もありつつ、それもありかなと言う考えもありましたが、意外にもこのストーリーは、色々な意味で勧善懲悪で結末を迎えていました。

~ つづく ~

っと言うことで一気に書けなかったので続きはここから追記・・・・

この映画は、おすすめ映画であって、おすすめ切れないのは、やっぱりこれってホラーですからね。しかもホラーの中でもスプラッタ系です。

どばーっと鮮血が飛びまくる映像や人肉を想像させる挽肉を挽くシーンなど、血を見るのが恐い方、苦手な方には到底おすすめ出来ません。かく言う私もホラーは苦手なのでほとんど観ません・・・

自他共に認める恐い映画が大嫌いな私でもこの映画を観ることが出来たのは・・・・

ジョニー主演&監督がティ・バートンで、おまけにドリームワーススの映画だから特別・・・っという感じです。

映像のどこかしこにもドリームワークスの映像に溢れ、ティム・バートンワールドが炸裂し、ジョニーのカリスマな演技が生んだホラーの傑作です。

本来なら、汚い&有害動物、有害昆虫の代名詞とも言えるねずみがちょろちょろし、ミセス・ラベットの作っているパイの生地の周りにはゴキちゃんがカサカサ・・っと蠢いては、パイの中にめり込まれて行くところなど、ドリームワークスのしゃれっ気たっぷりな映像そのものが気持ち悪くて可笑しいです。

ジョニー・デップにもヘレナ・ボナム=カーターにもこの二人だからこそ醸し出される独特の雰囲気と演技の妙が映画全体のグレードを上げているかんじがします。

そして、全員俳優が吹き替えなしで望んだ歌もみな素晴しいの一言です。特に、ベンジャミン・バーカーの娘ジョアンナを演じたジェイン・ワイズナーの歌声は本物ののミュージカル・スターのように素敵な歌声でした。

脱獄してスウィーニー・トッドとして生まれ変わった、ベンジャミン・バーカーを助けた青年アンソニーとジョアンナの愛も、悲惨な復讐劇の中にあって、ピュアな救いの休息と癒しを挟む効果的なストーリーになっています。

 

そして、トッドに憧れるがゆえに歪んだ悲しい裏切りのミセス・ラベットの愛情、自分を無償の愛で救ってくれたトビーのミセス・ラベットの母性への愛情・・・・

単なる復讐劇に終わらない、そしてその愛情が故に訪れるラストの衝撃の結末・・・・・

なんといろいろなものをよくもこんな短い時間の中で表現したかと、関心させられる時間でした。

一見の価値はあるかと・・・・思います。

 

ただ、この芸術品とも言えるこのホラー作品に、私が満点をつけなっかた理由は、同じミュージカルの最高峰とうたわれた「オペラの座の怪人(2005)」を基準としたからです。あの映画を観たときの衝撃的感動は感じられなかった事や何度でも観たくなる映画かと言えばそうでもないところです。勿論DVDが出たら予約してでも買うでしょうが(笑)・・・・・

そして、もうひとつの理由は観る人を選ぶ点に加え、あくまでも歌を堪能するミュージカルとしては成立しているストーリーであって、映画としての盛り上がりには多少欠ける点があるからです。

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

 

 

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師
(2008/01/16)
サントラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「さ行」 | コメント:8 | トラックバック:120 | top↑
<<◆2008年第80回アカデミー賞ノミネート発表 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「  東京少年 (2008) 」 完成披露試写会>>
TBありがとうございました。

恐ろしく気味が悪かったですが、素晴らしかったですねー。

ほとんどの方が高い評価ですが、ことさらこのレビューからはポイントが高かったのが伺えます。

私もDVD即買い、と思っています♪
2008-01-22 Tue 00:50 | URL | 紫(むらさき) #uoSKjgR6[ 内容変更] | top↑
満足です♪
rikocchinさん、TBありがとうございました!

>観る人を選ぶ点に加え、あくまでも歌を堪能するミュージカルとしては成立しているストーリーであって、映画としての盛り上がりには多少欠ける点があるからです。

仰るとおりです。
しかもスプラッターだし(苦笑)

私は、ジャックもウォンカも大好きですが、
やはりジョニーはこうなのよね…と、思える演技に大満足です♪
内容はかなりハードであるけど(苦笑)
ティムの映像と多彩な出演者たち、愛、復讐、報いなど、メッセージと感じるものがありました。
こんなジョニー、かなり好きですよぉ(^^)/

>ジョアンナを演じたジェイン・ワイズナー

ど~もヴァネッサに見えて…(苦笑)
音楽学校の学生さんみたいですね~
彼女の高音も綺麗だったけど、サシャにはビックリ!
ぼ、ボラットじゃない(爆)
アラン・リックマンの低音とジョニーのデュエットは良かったな♪
…と、キリがないので、おしまい(*^^)~笑
2008-01-22 Tue 22:47 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 内容変更] | top↑
TB&コメントありがとうございました~
v-238紫(むらさき)さんへ

みなさん、すごい好評価ですよね~
もの凄く期待が大きかったのですが、その期待を裏切らない素晴しい出来でした。
内容が内容なだけに、手放しで面白かった、と言うわけではなかったですが、ティム&ジョニーの世界観には十分魅了されましたし、ジョニーの歌声に魅了されちゃいました♪


v-238オリーブリーさんへ

私は、ジョニーは、やっぱりサムか、エドワードか、ジャックなのは変らないのですが、ジョニーが演じるロチェット伯爵も好きなのです(笑)
だから当然、スウィーニー・トッドもまったく嫌いではありません。
ほんっとジョニーの目力の演技は迫力ありましたね~

ジェイン・ワイズナーは音楽学校で本格的に学んでいたのですかぁ~
どうりで綺麗な歌声でした☆
私もサシャは最初だれだったか気がつかなかったのですが、絶対どっかで観たぞっと思える濃ゆい顔なのですぐに思い出しました(笑)

アラン・リックマンは、年甲斐もなくジョアンナに好かれい一心な切ない気持ちを結構好演していたのに、どんな演技もジョニーのトッドの前には霞んでしまっていました(笑)
助演男優賞にノミネートしていなかったのが不思議なくらいでした~
2008-01-27 Sun 18:16 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
こんにちは★
TBありがとうございました。
おっ、歌詞まで載せていただいているのですね!
とても親切ですね☆
ジョニーの監督デビュー作は、『フェイク』ではないですよぅ。
2008-01-30 Wed 15:24 | URL | とらねこ #.zrSBkLk[ 内容変更] | top↑
とらねこさんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

歌詞は自分も読みたかったので(笑)載せています。
勿論、皆様サントラを入手されているでしょうから、不要なかたのほうが多いですよね(笑)

そうそう!!ご指摘ありがとうございました!v-238
私は自他共に認める超天然でして、今にはじまった事ではないのですが、自分の書き殴った記事を読み直すこともせずにいつも、誤字脱字勘違いのまんま平気でTBしていて後でなんかのきっかけで読み直して自爆します(汗
ほんとに感謝感激です。ありがとうございました~
2008-01-30 Wed 23:41 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
独特のリズム♪
rikocchinさん、はじめまして。
トラックバックありがとうございます。(*^-^*

>ジョニー・デップにもヘレナ・ボナム=カーターにもこの二人だからこそ醸し出される独特の雰囲気と演技の妙が映画全体のグレードを上げているかんじがします。

ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターは所々ユーモアを取り入れながら
独特のリズムで演じていたからなのでしょうね。
2008-02-01 Fri 23:13 | URL | BC #-[ 内容変更] | top↑
はじめまして
TBありがとうございます。
至れり尽くせりの内容の濃い記事にびっくりです。
まさにホラーの傑作でしたね。スプラッターなんてとても見れないはずなのに、むしろ美しかったし、物語の中にどっぷり漬かることができました。
2008-02-02 Sat 11:18 | URL | HIROMI #-[ 内容変更] | top↑
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。
v-238BCさんへ

そうですよね~
公私ともに仲良しのティム監督とヘレナ夫妻とジョニーの家族ぐるみ的なつきあいが独特の間や阿吽の呼吸を醸し出すのだと思います。三人とも並の才能ではないですからね☆


v-238HIROMさんへ

ありがとうございます~
自分の為のメモのようなものと言う感覚で書いていますので、作品によって思い入れの重要度によって内容がまったく違うのがまたたまに傷ですけどね(笑)
私もスプラッターは絶対無理と思っていましたが、迷わず観てしまうのもジョニーの魅力ですね。
2008-02-12 Tue 15:08 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
 『いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。』  ●ティム・バートン×ジョニー・デップ作品● ・「シザーハンズ」 ・「エド・ウッド」 ・「スリーピー・ホロウ」 ・「コープス・ブライド」 ・「チャーリーとチョコレート工場」  コチラの「スウィーニー... …
2008-01-20 Sun 07:27 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
【story】19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変えてロンドンのフリート街に戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、理髪師スウィーニー・トッドとして腕を振い始めるが、彼は目に狂気を宿ら …
ヒゲとボイン 公式サイト 1846年にイギリスの雑誌に連載された小説を原作に、翌1847年に『THE DEMON BARBAR OF FLEET STREET(フリート街の悪魔の床屋)』のタイトルで上演された舞台劇が元となり、いつの間にか「実在の話」として都市伝説化した物語が、1979年にヒュ... …
(原題:Sweeney Todd THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) -----この映画って、ミュージカルなんでしょ。 ティム・バートンにしては少し珍しくニャい? 「そうだね。 でも、その内容からしてバートン向き。 確かに“歌”はあるものの、 そのベースはサイレント期のユニ …
2008-01-21 Mon 23:43 ラムの大通り
ただの、ブラックユーモアやティム式のシュールな復讐劇だと思っては観ていていけませんよ。ちゃんと、人間のお勉強しましょうね! …
ジョニデ、唄うのか! 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』1月19日公開。美しい妻と娘と暮らしていたベンジャミンは、その妻を見初めた悪徳判事の謀略により無実の罪で投獄される。15年後、脱獄した彼はスウィーニー・トッドと名乗り、かつてと同じ場所で... …
2008-01-22 Tue 00:13 EDITOREAL
この映画の公開があるから、今月のひらりんは「ジョニデ祭り」開催中だったんです。 ここんとこ、DVD見る暇なくて、お祭りも息切れ気味だったけど。 …
2008-01-22 Tue 00:28 ひらりん的映画ブログ
みんなのジョニデこと、ジョニー・デップと奇才ティム・バートンが三度タッグを組んだ話題作、「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました。 ジョニデ初披露の歌声!との振れ回りですが、「ショコラ」での流浪の民・ルーも「コープスブライド」 …
2008-01-22 Tue 00:47 紫@試写会マニア
ティム・バートンとジョニー・デップといえば、90年代から数々の傑作を物にしてきた名コンビ。 毎回変わった趣向を打ち出す彼らの最新作は、... …
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、他 *監督:ティム・バートン ... …
「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」を鑑賞してきましたティム・バートン監督が盟友ジョニー・デップと6度目のコンビを組み、同名ブロードウェイ・ミュージカルを映画化。19世紀のロンドンを舞台に、無実の罪を着せられ、愛する者を奪われた理髪師の復讐... …
2008-01-22 Tue 06:57 日々“是”精進!
     ★★★★☆  ブロードウェイの傑作ミュージカルを、 Tim Burton 監督&Johnny Depp主演のコンビで映画化した。 原題は「Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street」。  19世紀のロンドン。 フリート街で理髪師を営む男(Johnny Dep)が、 悪徳判事(... …
2008-01-22 Tue 08:07 富久亭日乗
【スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師】2008年1月19日(土)公開監督 : ティム・バートン出演 : ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム・カーター/ 他期待度 : ☆☆☆ → 観賞後の評価 ★★★★原作 : クリストファー・ボンド / 作詞・作曲 :... …
2008-01-22 Tue 08:56 MoonDreamWorks
ゴールデン・グローブ賞を受賞した作品、ということで、観ておかないと。 それにジョニー・デップだし、という「スウィーニー・トッド 」。 「UCとしまえん 」は、それなりの人出。 「スウィーニー・トッド 」は、大きめのスクリーンで2~3割。 ま、こん …
2008-01-22 Tue 09:32 いい加減社長の日記
だから、八ちゃんはスプラッターが、ダメなんだってば! …
2008-01-22 Tue 09:45 八ちゃんの日常空間
1月の目玉映画と言っても良さそうな作品は、ティム・バートン×ジョニー・デップのコンビによる伝説の殺人鬼スウィーニー・トッドを描くダークネスなホラーミュージカルです。ジョニー・デップが初めて劇中で歌を披露するということでファン必見(もっともファンなら全作 …
2008-01-22 Tue 10:05 カノンな日々
ゾクッとしてワクワク。 そして涙。 …
2008-01-22 Tue 10:52 Akira\'s VOICE
悪魔の理髪店へようこそ!・・・切れすぎるカミソリと、大量の血しぶきと、香ばしいパイの匂いを携えて__。さて、スウィーニーのカミソリの餌食にならないのは、誰? 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営んでいたベンジャミン・バーカーの幸せの日々は、ある日突... …
包丁もカッターもカミソリも使うケド、少しばかり刃物恐怖症&先端恐怖症の気がある。幼きころのトラウマ。痛さと出血を知ってるからなんだろうなぁ。・・ということで、怖いもの見たさのみでの鑑賞。けれど喉元がな …
2008-01-22 Tue 17:08 たいむのひとりごと
試写会で 観てきました。「スウィーニー・トッドフリート街の悪魔の理髪師」公式サイト首スパッ! 血じゃばじゃば~~。これを歌いながら 何人も!結構ヘビーと聞いてたので 席も後ろめに座ってみたけど・・いやあ期待を裏切らない(?)ティム・バートンやりたい放題... …
2008-01-22 Tue 18:28 かいコ。の気ままに生活
【SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET】R-152008/01/19公開(01/19鑑賞)製作国:アメリカ 監督:ティム・バートン原作:スティーヴン・ソンドハイム、ヒュー・ウィーラー出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシ …
2008-01-22 Tue 18:41 映画鑑賞★日記・・・
19世紀ロンドン。 妻ルーシーと幼い娘と幸せに暮らす理髪師のベンジャミン・バーカー(ジョニー・デップ)は、 妻に恋心を抱いたターピン判... …
2008-01-22 Tue 19:24 心のままに映画の風景
【映画的カリスマ指数】★★★★★  届かぬ愛にあえぐ残酷美   …
2008-01-22 Tue 19:48 カリスマ映画論
さすがに初日だけあって大混雑でした。やはりジョニー人気なんでしょうか。 …
2008-01-22 Tue 20:17 B級パラダイス
ジョニー・デップとティム・バートンの黄金コンビで贈る、伝説の殺人鬼の復讐物語。殺人鬼好き、リベンジもの好き、ヴィクトリア朝の英国好きの私にとってはこのうえなく期待の高まる作品で,封切り日に劇場にかけつけてわくわくして鑑賞。 19世紀末のロンドン。ターピ …
過去に映画を含めて7度も一緒に仕事をしたというだけあって、やはりティム・バートンとジョニー・デップのコラボ作品は本当に面白いです。頚動脈から吹き出る血吹雪やパイの中から人の指が出てくるなど多少グロかったりエグかったりするシーンはあるものの、それをも感じ... …
2008-01-22 Tue 21:00 めでぃあみっくす
日頃からミュージカルは苦手とか言ってますけど、流石にこれは見 …
2008-01-22 Tue 21:43 Wilderlandwandar
  ☆公式サイト☆ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルを映画化。監督は『チャーリーとチョコレート工場』のティム・バートン。19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名... …
2008-01-22 Tue 22:20 きららのきらきら生活
刃物と血が、容赦なかったですね。 僕は痛いのや、血がたくさんのものは苦手なので、 …
2008-01-22 Tue 22:50 はらやんの映画徒然草
血が走り 憎しみの肉 混ざり合う  いやあ、参りました。脱帽して、理髪師の椅子に深々と腰を下ろしたいと存じます。でも、お願いだから、ヒゲを剃っても首は掻き切らないでね。  まず驚いたのが、ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィ... …
2008-01-22 Tue 22:53 空想俳人日記
★★★★★ のち ★★★☆☆ http://wwws.warnerbros.c …
「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を観てきました~♪ 19世紀イギリス、港に到着する船に一人の男が乗っていた。無実の罪で投獄されベンジャミン・バーカーは、名前をスウィニー・トッド(ジョニー・デップ)と替え15年ぶりにロンドンに戻って来た。 …
2008-01-23 Wed 07:31 観たよ~ん~
Tim Burton監督とJohnny Deppによる黄金コンビの最新作、『Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(邦題:スウィーニー・トッド-フリート街の悪魔の理髪師)』を観て来ました。 先に書きますが、このコンビの作品は個人的に好きな作品ばかりなんですが、その …
2008-01-23 Wed 18:39 蛇足帳~blogばん~
ジョニーデップが 「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」で 第80回アカデミー賞主演男優賞に ノミネートされましたね。 3度目の正直で受賞になるのでしょうか? 作品の方はというと 「シザーハンズ」と「スリーピーホロウ」を足して 「オペラ座の怪人 …
{/hiyo_en2/}この辺りって、倉庫街ばかりだと思ったら、こんな立派なマンションができてるのね。 {/kaeru_en4/}時代の変化だよ。時がたてば、街は変わり、人も変わる。 {/hiyo_en2/}街は変わらないのに、人が変わったのが「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪 …
原題:Sweeney Todd:The Demon Barber of Fleet Street 観てしまったぁぁ猟奇連続殺人事件、伝説の殺人理髪師スウィーニー・トッドのブロードウェイミュージカル版をもとにした映画で遂にジョニデが歌い上げる・・ 19世紀のロンドンはフリート街で理髪店を営む …
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』鑑賞レビュー! 原題::::SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 2007年 アメリカ 全米公開::::2007年12月21日 日本公開日::::2008年1月19日(土) 上映時間::::117min(1時... …
 ―いらっしゃいませ。   そして、永遠にさようなら。― ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイムのトニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 原題 SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET 製作年度 2007年 上映時間 117分 監督 テ... …
2008-01-26 Sat 13:43 to Heart
R-15指定だけあって血なまぐさいシーン続出で、観ていて体が硬直しますが、とても面白く引き込まれる映画でした。 冒頭から流れるオーケストラの曲も迫力があって私好み。劇場で観る価値ありだわぁ~と感激。そして、スウィーニー・トッド(ジョニー・デップ)の歌... …
よく考えたら悲惨な作品です。 …
2008-01-26 Sat 23:12 My Favorite Things
監督:ティム・バートン CAST:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボトム=パーカー、アラン・リックマン 他 ゴールデングローブ賞 作品賞 ... …
2008-01-27 Sun 06:49 Sweet*Days**
 アメリカ  サスペンス&犯罪&ミュージカル  監督:ティム・バートン  出演:ジョニー・デップ      ヘレナ・ボナム=カーター      アラン・リックマン      ティモシー・スポール 【物語】 19世紀のロンドン。フリート街で理髪店を営み、妻... …
Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street(2007/アメリカ)【劇場公開】 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン いらっしゃいませ。 そして、永遠 …
2008-01-27 Sun 17:36 小部屋日記
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師は昨日の午前に鑑賞したが 今年の劇場での鑑賞1作目でホラー物だけど内容に凄く大満足したよ 冒頭からパイカリ/ワールドエンドと同様に歌で始まり最後まで続くと思わず 愚かさが罪で15年も投獄され妻は毒を飲み娘は... …
2008-01-27 Sun 20:00 別館ヒガシ日記
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 196本目 2008-2 上映時間 1時間57分 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アラン・リックマン 評価 7点(10点満点) 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ スクリーン7 ... …
2008-01-28 Mon 00:21 メルブロ
ジョニー・デップは「ギルバート・グレイプ」ぶり? それとも「エド・ウッド」ぶりかな? あらすじを簡単に 19世紀のロンドン。 妻子に恵まれ、幸せな生活を送っていた理容師パーカーは、妻に横恋慕した判事ターピンにより無実の罪を着せられ投獄された。 15年後脱獄し …
ブロードウェイの巨匠スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)とヒュー・ウィーラーが手掛けたミュージカル 『スウィーニー・トッド』(ト... …
□作品オフィシャルサイト「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」□監督 ティム・バートン □原作 ヒュー・ウィーラー □脚本 ジョン・ローガン □キャスト ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシ... …
2008-01-30 Wed 08:17 京の昼寝~♪
(原題:SWEENEY TODD:THE DEMON BARBER OF FLEET STREET) 【2007年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★★☆) ブロードウェイ・ミュージカルの巨匠であるスティーヴン・ソンドハイムとヒュー・ウィーラーが手掛けた同名舞台を映画化。 19世紀のロンドン。フリート街で …
2008-01-30 Wed 11:38 ともやの映画大好きっ!
 ジョニー・デップの最高傑作だと思います。 原題はSWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET …
2008-01-30 Wed 12:29 極私的映画論+α
血って美しい・・・。抑えた色調、セピア白黒の中に、この赤が映えること映えること・・・!血みどろな作品だ! …
2008-01-30 Wed 15:26 レザボアCATs
『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』のMOVIE &#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2008-02『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』(更新:2008/01/26) 評価:★★★★☆ そこは、二度と出られない悪魔の理髪店.. …
2008-01-30 Wed 15:30 はっしぃの映画三昧!
JUGEMテーマ:映画 2008年1月19日 日本公開 肉まんに段ボールってのは聞きましたけど ミートパイに・・・・ほにゃららが使用されてるとはねぇ (|||_|||)オエーッ "はさみ"から今度は"カミソリ"に持ち替えて さすが"切れ者"俳優ジョニー・ …
SWEENEYTODD:THEDEMONBARBEROFFLEETSTREETいらっっしゃいませ、そして永遠にさようなら製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/01/19ジャンルサスペンス/犯罪/ミュージカル【解説】おなじみとなったジョニー・デップとティム・バートンの名コンビが贈... …
2008-01-30 Wed 16:50 CinemaCollection
いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 2007年 アメリカ 本格的な歌声を初披露したジョニー・デップ。狂気さは今まで以上。流石にR15指定なだけあって血・・また血・・・血しぶき・・・。そして不気味な笑顔 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー …
いつもなら絶対に観たくない類の内容だけど、{/down/} 主演がジョニーで監督がティムなら どうしても観たくなりますよね~{/up/} 出だしはいつもの重い感じで 暗めの映像が、ダークなイメージに合っています。 血の赤が、ちょっと不気味に目を引きます・・ でも、それよ …
2008-01-30 Wed 19:45 ふぴことママのたわ言
≪ストーリー≫ 19世紀、ロンドン。フリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは愛する妻と娘と共に幸せに暮らしていた。しかし、美しい妻に恋をしたターピン判事の陰謀で、バーカーは無実の罪を着せられ、投獄されてしまう。15年後、妻と娘を奪われたバーカーはス... …
2008-01-30 Wed 19:49 ナマケモノの穴
観る前に床屋へ行くか、観てから床屋へ行くか・・・ …
2008-01-30 Wed 20:19 ネタバレ映画館
オープニングの赤い雨のしずく・・・ココがもう好きです! こういった色使いの映像は大好きです! 「すごい話だね」  「やっぱ... …
2008-01-30 Wed 20:38 映画館で観ましょ♪
待望の『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』をロードショー当日に観てきました。 が、気合を入れすぎて、記事書くのにえらい時間がかかりましたw ★★★★★ 2008年もまだ始まったばかりだというのに、今年はこの映画を上回る映画はあるんだろうか。 舞 …
2008-01-30 Wed 20:39 そーれりぽーと
公開を来週、1月19日に控えた話題作『スウィーニー・トッド』。 年明けからテレビCMもバンバン流れているので、もう知らない人は居ないでしょう。 相当期待して待ちに待った映画なので、ネタ元について知ってる事だけちょこっとまとめて書いて記事にしてみようと思い …
2008-01-30 Wed 20:40 そーれりぽーと
★★★★  終盤から貧血気味で、気分が悪くなってしまった。銀のカミソリと真っ赤な血、そして人肉の塊をミンチに切り刻む。そしてゴキブリとネズミがところかまわず徘徊する。        これでもかとばかりに、残酷シーンのオンパレードが続き、不快感で胸が悪くなる …
2008-01-30 Wed 20:46 ケントのたそがれ劇場
映画館にて「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 トニー賞受賞ミュージカルをティム・バートン監督が映画化。 おはなし:19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が、名前も姿も変え、ロンドンのフ …
2008-01-30 Wed 21:22 ミチの雑記帳
(2007/米/ティム・バートン)  【期待度】★★★・・ 【満足度】☆☆☆☆・   【激しい流血描写&シュールな死体遺棄描写には・・・何故か笑ってしまう度】★★★★★ …
なんて素敵なコピーだろう。観る前からワクワクさせられた。 …
2008-01-30 Wed 22:41 シェイクで乾杯!
ついちょっと前に映画 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 を観て来たよぉ~ヽ(=´▽`=)ノ いやぁ~相変わらずジョニーデップはメイクで全然雰囲気変わるよねw 今回の映画はまたパイレーツとは全然違ったキャラだしね(○\'ω\'○) しかもこの映画は... …
2008-01-30 Wed 23:02 ☆えみたんの日記帳☆
今回のジョニーは 初の殺人鬼役、 そして初のミュージカル! 久々に待ちきれず 初日に鑑賞してきました。 ジョニー&ティムのコンビ作品は やはり面白いです。 しかし・・・かなりグロイ場面も ありです。(~_~;) 理髪師ベンジャミン・バーカー(ジョニー・デッ …
2008-01-30 Wed 23:54 ルナのシネマ缶
この映画の公開をどれだけ待ったことでしょう…。 私が愛してやまないアラン・リック …
2008-01-31 Thu 00:32 犬も歩けばBohにあたる!
人気ブログランキングの順位は? 忘れるものか 許すものか スウィーニーが来る! いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら。 …
“いらっしゃいませ。 そして、永遠にさようなら” 髭剃りは如何ですか?悪魔の理髪店開店―。 舞台は19世紀―。船上にたたずむスィニー・トッド(ジョニー・デップ)。その悲しみと孤独の満ちた瞳に、英国 ロンドンの街並みが映る。彼は船乗りのアンソニー(ジェイミー.. …
2008-01-31 Thu 02:34 風我
「スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 」★★★☆血が大丈夫なら楽しめる ジョニー・デップ主演 ティム・バートン監督、2007年、アメリカ 完全なる大人向のお伽話、 この映画を素直に面白い!と 絶賛はしにくい映画だ。 作り込んだ画面は、ほ... …
2008-01-31 Thu 08:11 soramove
2007年/アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ    ヘレナ・ボナム=カーター 猟奇的だけど、コミカル。 ダークな世界なのだけど、コミカル。 悲劇的なんだけど、コミカル。 これぞティム&ジョニーの世界。たっぷりと堪能できまし... …
2008-01-31 Thu 09:17 えいがの感想文
もとはミュージカルですから、ミュージカルが苦手・嫌いな人は見ない方がいいですよ。 最初から最期までセリフもありましたがほとんど歌って... …
ブロードウェイの傑作ミュージカルを、監督ティム・バートン&主演ジョニー・デップの黄金コンビで映画化したスリラー。実在した理髪師の復讐劇を、ときにコミカルに描く。 …
2008-01-31 Thu 22:42 なんちゃかんちゃ
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(286) スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師-もう一人の悪魔の「愛のカタチ」 あの「チャーリーとチョコレート工場(2005年)」の世界を創り上げた『監督ティム・バートン.... …
劇場版最新作映画 スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師~ を試写会で見ました。 <ストーリー・あらすじ> 19世紀のイギリス・ロンドン。 無実の罪で投獄され、その首謀者であるターピン判事に 妻も娘も奪われた男ベンジャミン・バーカーが、... …
舞台は19世紀の英国、ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘も奪われた男が、名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに再開した理髪店、そこで腕を振るうのは、殺人理髪師スウィーニー・トッド。胸には復讐、目には狂気、そして手にはカミ …
史上最強と言っても過言ではない、ティム・バートン監督と名優ジョニー・デップのコラボレーション。これまでもダークなのに不快感がほとんど無く、且つコミカルにキャラクターが躍動する映画はいくつかありますが、この作品はその真骨頂と言えるのかもしれません。 第56... …
2008-01-31 Thu 23:26 Diary of Cyber
2007年。DreamWorks."SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET". ティム・バートン監督。  ジョニー・デップにもティム・バートンにも大した興味はなく、ティム・バートン …
2008-01-31 Thu 23:26 映画の感想文日記
あるいは、 笑わない男vs.顔の固まった少年 イギリスの劇作家ジョージ・D.ピット原作、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演。何度も映画化され、ブロードウェー・ミュージカルにもなっている。映像は赤と黒が基調。赤は血、黒は陰惨。けれど、これはコメディ・ …
実は、去年の1月に舞台で観ました。その時の主演は市村正親さんと大竹しのぶさん。ミセス・ラベット演じた大竹しのぶさんの怪演(?)がかなり印象強かったんだけど(笑)ってことで、ストーリーは把握しちゃっての鑑賞ですがオープニング映像から、思わずにんまりしちゃったテ …
2008-01-31 Thu 23:28 黒猫のうたた寝
ジョニー・デップ主演のミュージカル映画 「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」試写会に 行ってきました。 映画の公開日は1月19日(土)です。 場内は、空席を見つける方が難しいほどの混雑ぶり。 いいのかなあ……ミュージカル映画なのに。 扱... …
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007 アメリカ) 原題   SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET    監督   ティム・バートン    原作   スティーヴン・ソンドハイム ヒュー・ウィーラー    脚色   ジョン・ローガン... …
2008-01-31 Thu 23:30 映画のメモ帳+α
◆プチレビュー◆バートン印のグラン・ギニョール劇は哀しい復讐の物語。ミュージカル初挑戦のデップの歌声が見事だ。 【75点】  19世紀のロンドン。天才理髪師スウィーニー・トッドはフリート街に店を構える。彼は、15年前に自分を無実の罪で投獄した上、妻子まで奪 …
舞台のお好きな方ならご存知であろう、あの有名な理髪屋の話です。 大まかなストーリーは知ってたけど、さほど興味が沸かなくて舞台版は未見。 トニー賞授賞式で見たパフォーマンスもあまり好みではなかったし・・・ 当初はそう思っていたけど、ティム・バートン監督が... …
2008-02-01 Fri 00:35 昨夜の一杯
JUGEMテーマ:映画 ティム・バートン&ジョニー・デップ 天才的な表現者である二人がそろったからこそ作れた映画だと思いました。 二人ともがお互いの才能に感謝しあっている事でしょう。 どの場面もアートとしての美しさをそなえ ジョニー・デップの歌声は歌詞 …
2008-02-01 Fri 06:44 ハピネス道
休みが変わったので、さっき観てきました。 ミュージカル映画は「オペラ座の怪人」以来です。 スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 監督:ティム・バートン 脚本:ジョン・ローガン 製作総指揮:パトリック・マコーミック 製作:リチャード・D・ザナッ …
2008-02-01 Fri 07:38 高遠 夜日記
ちょっとァレですけど、同じ「理髪師」として見逃せない映画ですからw …
2008/01/26号  ティム・バートン監督。ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター出演。19世紀のロンドン。ある理髪師が幸せな結婚生活を送っていたが、突然彼は無実の罪で投獄される。15年後、彼はロンドンに戻ってきたが。。。  ある意味「やられた」と思って... …
2008-02-01 Fri 12:47 Movie heart beat
奇しくも2日続けて、イギリスの「理容美容院」の映画を見てたんです。しかも両方にアラン・リックマンが出てる@@ 「シャンプー台」では... …
2008-02-01 Fri 16:53 ポコアポコヤ 映画倉庫
軽やかに優雅に歌いながら、喉をかっ切ってブッ殺す‥‥‥‥ 素晴らしいの一言に尽きる! ティム・バートン監督の新作は『スウィーニー・トッド』。 なんとこれ、本格的なミュージカル映画。 生気がまるっきり感じられない、重くて寒々しいモノトーン調の映 …
2008-02-01 Fri 19:32 バビロン21
2008年24本目「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪店」いらっしゃいませ。そして、永遠にさようなら。ストーリー19世紀のロンドン。フリード街で理髪店を営んでいたベンジャミン・パーカーは、ある日突然すべての幸せを奪われる。彼を妬む悪徳判事ターピンによ... …
2008-02-01 Fri 20:13 腹黒い白猫は見た!!
伝説の殺人理髪師スウィニー・トッド …
2008-02-01 Fri 21:33 シャーロットの涙
先週末にジョニー・デップ主演、ティム・バートン監督の”スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師”を見てきました。 これは、有名なミュージカルの映画化で私は原作を良く知らないのですけど、恐らくストーリーには特別な味付けはしていないのではと思います。... …
2008-02-01 Fri 22:12 AKATUKI DESIGN
2007年:アメリカ映画、ティム・バートン監督&ジョニー・デップ主演コンビ6作目、ヘレナ・ボナム=カーター共演。 …
今度のジョニー・デップは殺人理髪師。 もうそれだけで、観たくて仕方かなかった。 しかも直前にゴールデングローブ賞の作品賞と主演男優賞を受賞したと聞き、初日に鑑賞。  …
2008-02-02 Sat 01:33 That\'s the Way Life Goes
  JOHNNY DEEP の話題作「SWEENEY TODD」、公開されました。 ? 1月22日、MOVX京都にて鑑賞。今や、カリスマ的俳優、ジョニー・デップ再びティム・バートン監督とのコラボで誕生した「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」、長いタイトルですね。ほ... …
2008-02-02 Sat 01:41 銅版画制作の日々
▼てな訳で、いつものMOVIX昭島に『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』を、女子中学生と観に行きました。 ここで言う女子中学生とは、私が通勤中にすれ違う<佐藤寛子似>ではなくて、姪っ子である。 早朝にネット予約したのだが、職場の昼休憩に見 …
 映画「スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師」の試写会に出かけた。   …
2008-02-02 Sat 09:18 Serendipity !
{/hiyoko_cloud/}もう2月になっちゃいましたねぇ…ホント早いです。 一昨日の記事にも書きましたが…ここのところgooブログの調子がよろしくない様子{/face_ikari/}。しかもgooブログの方いくつかで同時多発な状況{/face_ikari/}。 短時間でたくさんのトラックバックをg... …
スウィーニー・トッド/フリート街の悪魔の理髪師 監督 ティム・バートン 出演 ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム=カーター アラン・リックマン 2007年 妻と子どもを奪われ、無実の罪で投獄されていた理髪師ベンジャミン・バーガーが、15年 …
2008-02-02 Sat 22:56 <花>の本と映画の感想
【監督】ティム・バートン 【出演】ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/サシャ・バロン・コーエン/ティモシー・... …
オフィシャルサイト 2007 アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ/ヘレナ・ボナム=カーター/アラン・リックマン/ティモシー・スポール/サシャ・バロン・コーエン ストーリー:舞台は19世紀の英国ロンドン。無実の罪で投獄され、その首謀者に妻も娘 …
2008-02-02 Sat 23:33 SSKS*
待ちに待ったティム・バートン&ジョニー・デップの最新作、 期待通りの世界観に大満足です。 バートン監督ならではの映像~ まずはタイトルバックから、毒々しくも洗練されたエキセントリックな匂い。 ロンドンの街並み・劇中シーンはダークな色彩で、とりわけ血の... …
2008-02-03 Sun 01:38 future world
一昨日に引き続きスウィーニーネタです。 ネタバレと書いちゃいますが、これミュージカルでやってるから内容知ってる人も多いんですよね(汗) ところで皆様は「美容師」と「理容師」の違いってご存知? …
2008-02-03 Sun 10:55 エミの気紛れ日記
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師’07:米 ◆原題:SWEENEY TODD: THE DEMON BARBER OF FLEET STREET◆監督: ティム・バートン「チャーリーとチョコレート工場」 「シザーハンズ」◆出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リッ …
2008-02-03 Sun 15:06 C\'est Joli
ロンドンに店を構える理髪師ベンジャミン・バーカーは、美しい妻と生まれたばかりの娘と共に幸せに暮らしていた。しかしそれを妬んだ判事の策略によって、彼は家族と引き離されてしまう。15年後。ロンドンに舞い戻ったベンジャミンはスウィーニー・トッドと名を変え、判... …
2008-02-03 Sun 16:54 5125年映画の旅
スウィーニー・トッド Sweeney Todd: The Demon Barber of Fleet Street 2007年   ティム・バートン 監督ジョニー・デップ ヘレナ・ボナム・カーター アラン・リックマン ティモシー・スポール ジェイミー・キャンベル・バウアー ローラ・ミシェル・ケリー... …
2008-02-03 Sun 17:16 猫姫じゃ
(C) 2007 Warner Bros. Entertainment Inc. and DreamWorks LLC. All Rights Reserved. 『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 19世紀のイギリス。無実の罪で投獄され、妻も娘も奪われた男(ジョニー・デ …
2008-02-05 Tue 13:09 映画と秋葉原と日記
『スウィーニー・トッド』雑感 @2008.1.26 理髪師にして殺人鬼(復讐鬼)。 不謹慎ながら「これほど相性の良いものがあるだろうか!」と真っ先に思ってしまいました。手には研磨された鋭い切れ味のカミソリ。客は何もしなくても自分から急所の喉下を晒してくれる。「さ... …
2008-02-08 Fri 13:40 Ondul Blog ver.β
血が騒ぎ 歌に酔いしれ 肉踊る  今でも脳みそから離れないのは「ジョアンナ」の歌。ああ、二度目の掛け合いで歌われる「ジョアンナ」をもう一度聞きたい。こりゃあ、やっぱオリジナル・サウンドトラックを入手するしかないかな。  そう思った私は、結局、このサ... …
2008-02-09 Sat 07:33 空想俳人日記
映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」の感想です …
☆「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」 監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アラン・リックマン、ティモシー・スポール、サシャ・バロン・コーエン、エドワード・サンダース、ジャミー・キャンベル・ボーウェン …
監督:ティム・バートン 出演:ジョニー・デップ、ローラ・ミシェル・ケリー、ヘレナ・ボナム=カーター、エドワード・サンダース、ジェイミー・キャンベル・バウアー、ジェイン・ワイズナー、サシャ・バロン・コーエン、ティモシー・スポール、アラン・リックマン 評... …
2008-02-22 Fri 23:31 デコ親父はいつも減量中
\'08.02.13 『スウィーニー・トッド~フリート街の悪魔の理髪師』@丸の内ピカデリー1 見たかった! やっと見てきた。ジョニデ&バートンで面白くないはずなし! まぁ、あくまで好みの問題だけど…。2人が大好きなもので(笑) 「悪徳判事ターピンの策略にはまり、妻 …
2008-02-28 Thu 01:30 ・*・ etoile ・*・
11.スウィーニー・トッド、フリート街の悪魔の理髪師■原題:SweeneyToddTheDemonBarberOfFleetStreet■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:117分■日本語字幕:佐藤恵子■鑑賞日:1月25日、セントラル(吉祥寺)■公式HP:ここをクリックしてください□... …
2008-03-07 Fri 23:36 KINTYRE’SDIARY
 つと、バイトの終わりに棚を見た所、残っていたので借りて来た今作は、ジョニー・デップとティム・バートンという素敵タッグ四回目の作品... …
2008-06-17 Tue 02:45 黄昏ミニヨン想録堂
ミュージカル大好き! ジョニー・デップとヘレナ・ボナム=カーターのミュージカルと聞けば、 監督がティム・バートンでも気になります。(笑) DVDで鑑賞。 19世紀。 ロンドンのフリート街で理髪店を営むベンジャミン・バーカーは 愛する妻と娘と幸せに暮らして …
2008-10-14 Tue 14:14 映画、言いたい放題!
あらすじ19世紀のイギリス。無実の罪で投獄されその首謀者に妻も娘も奪われた男(ジョニー・デップ)が名前も姿も変え、ロンドンのフリート街へ戻ってくる。15年ぶりに理髪店を再開した彼は、かつて自分を陥れた男への復しゅうに燃えていた・・・。感想ハサミ男からカ... …
スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師 無実の罪で投獄された理髪師が 15年後、命からがら脱獄し復讐の鬼と化す。 個人評価 ★☆... …
2009-03-13 Fri 00:25 『映画な日々』 cinema-days
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。