スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 オリヲン座からの招待状 (2007) 」
2007-10-27 Sat 14:29
【オリヲン座からの招待状】 11月3日(祝/土)公開
監督 : 三枝健起
出演 : 宮沢りえ/ 加瀬亮/ 宇崎竜童/他
原作 : 浅田次郎 『オリヲン座からの招待状』(集英社刊『鉄道員』所収)
期待度 ★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

「 オリヲン座からの招待状 (2007) 」ロイヤルプレミア試写会

 

浅田次郎の「鉄道員」に所収されている待望の最期の短編『オリヲン座からの招待状』の映画化です。

 

監督は「源氏物語 あさきゆめみし ~Live in a Dream~ (2000) 」の三枝健起。

主演は、1988年・第12回日本アカデミー賞において、「ぼくらの七日間戦争 (1988) 」で新人俳優賞 を受賞して以来、2002年・第26回日本アカデミー賞では、作品賞他13部門あまりのほぼ総なめ状態だった「たそがれ清兵衛(2002)」で主演女優賞に輝き、アメリカの2003年・第76回アカデミー賞で同「たそがれ清兵衛/THE TWILIGHT SAMURAI(2002)」で外国語映画賞にノミネートまで果たし、2004年・第47回ブルーリボン賞においても「父と暮せば (2004) 」で主演女優賞を受賞するなど華々しい栄冠を持つ宮沢りえ。

「トニー滝谷 (2004) 」も独特の空気感を絶妙に演じて好演していましたね~

共演は、「パッチギ! (2004) 」、「誰も知らない (2004) 」、「硫黄島からの手紙 (2006) 」、「めがね (2007) 」など、なにげに話題作に多く出演し、2004年・第14回日本映画プロフェッショナル大賞では、「アンテナ(2003)」で主演男優賞を受賞した加瀬亮。私はこの作品は未見ですが、なかなかプロの批評家の評価が高いようですね。「それでもボクはやってない (2007) 」でも独特の雰囲気を醸し出して主演を果たいています。

宮沢りえとは、「花よりもなほ (2006) 」でも共演していますね。

 

その他、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄などの脇役人も充実しています。

 


 Story :  昭和30年代、小さな映画館“オリヲン座”の館主・豊田松蔵が病に倒れ、その弟子であった留吉が、その志を受け継ぎ館主の妻・トヨと映画館を守ることとなった。古い時代、周囲からの陰口を叩かれたりもした。さらには映画産業が斜陽になり始め、貧乏をしながらも映画を愛し、一緒に“オリヲン座”のを守り続けた二人。そして何よりも純粋にお互いを思いやり、愛し続けたのだった。



[ 2007年11月3日公開 ]

ー 作品情報 より ー

 

試写会の招待状には告知されていなかったので、まったく知りませんでしたが、数台のカメラやメディアの姿が壇上に待機していたので、舞台挨拶があるのかな~ぐらいにしか思っていなかったのですが、入場の際には簡単な持ち物チェックや金属探知によるボディチェックまでされてプチ厳戒態勢でした。

そして、入場が済んで着席した頃、皇后陛下がお見えになる旨の場内放送がされてびっくりしました。どうりで、カメラが壇上ではなく2階の観客席に向かってスタンバッている分けです(笑)

それから開演時間になって、皇后陛下がお見えになって拍手のもとに着席されると、壇上には白地に黒と銀糸の織込んだ清楚なツィードのスーツに身を包んだ元NHKアナウンサーのクボジュンが現れ司会を務めました。

壇上には三枝健起監督、主演の宮沢りえ、原作者の浅田次郎氏が登壇されそれぞれ挨拶されました。

皇后陛下はお忍びでの観映だったのでしょうか?報道陣の数も制限されていたのかも知れませんね。大変静かなプレミア上映となりました。

 

私は、ハリウッドではニコール・キッドマン、日本では宮沢りえが主演する映画は、その作品の可否を問わず大好きなのです。映画という作品を観ると言うよりは、彼女達の演技を見るだけで幸せなのです。私の中では、二人は共通した魅力を持っていて、勿論容姿の美しさは言うまでもないですが、その演技のキュートさと天性の才能や魅力を感じる女優さんなのです。

その宮沢りえを間近に見ることが出来た上に、皇后陛下にも遠目ながらお目にかかれて、いままでにない思い出に残る試写会となりました。

 

作品は、古き良き時代の京都西陣の小さな映画館を舞台に、亡くなった夫松蔵をも含めた、相手を心から思いやるという形の純愛を生涯全うしたふたりの優しい愛が心にしみる、良くも悪くも人々の人情を描いた静かで心温まる良い作品でした。

舞台挨拶の際に宮沢さんが言っていた、「ヲデオン座で育ったと言っても過言でない二人の夫婦のその後は、みなさんの想像にお任せします。」のラストに描かれなかった二人のその後は、私はハッピーエンドなんだろうな~っと感じました。

みなさんはどうだったでしょうか~

 

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

∥  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

映画「オリヲン座からの招待状」オリジナル・サウンド・トラック 映画「オリヲン座からの招待状」オリジナル・サウンド・トラック
(2007/10/31)
ユニバーサル ミュージック クラシック

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:2 | トラックバック:37 | top↑
<<「 象の背中 (2007) 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 もやしもん (2007) 」フジテレビ>>
このメンツでの舞台挨拶とは、羨ましい限りです。
地味ではありますが、素敵な作品でしたね。
公開時期を間違ってしまったのが勿体無いです。
2007-11-21 Wed 16:46 | URL | たいむ #-[ 内容変更] | top↑
たいむさんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

そうなんですよね~
招待ハガキには舞台挨拶等の告知は一切なかったのですが、皇后様までいらっしゃるとは想像もしていませんでした~
浅田次郎氏は数多く映画化されていますが、実物を目にしたは初めてでしたし、なんと言っても宮沢りえさんを結構近くでみることができてものすごく嬉しかったです~
ほんっと、地味なのですが、なんか良かった映画でした・・・
2007-11-27 Tue 23:48 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
【オリヲン座からの招待状】 11月3日(祝/土)公開監督 : 三枝健起出演 : 宮沢りえ/ 加瀬亮/ 宇崎竜童/他原作 : 浅田次郎『オリヲン座からの招待状』(集英社刊『鉄道員』所収)期待度 ★★ → 観賞後の評価 ★★★☆「 オリヲン座からの招待状 (2007)... …
2007-10-27 Sat 14:37 MoonDreamWorks
人気ブログランキングの順位は?さて突然ではございますが、昭和二十五年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親しまれて参りました当オリヲン座は、誠に勝手ながら今秋をもちまして閉館いたす事と相成りました。つきましては謝恩最終.... …
監督 三枝健起少しあらすじ 昭和25年の開館以来、オリヲン座の館主を務めてきた豊田松蔵(宇崎竜童)が病に倒れる。そして弟子だった留吉(加瀬亮)が志を引き継ぎ、先代の妻トヨ(宮沢りえ)と映画館を守ることになった。映画産業が斜陽になり、周囲の人間に陰口をたたかれな.. …
2007-11-03 Sat 22:21 ももたろうサブライ
原作:淺田次郎 監督:三枝健起 CAST:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、原田芳雄 他昭和32年、京都。松蔵(宇崎竜童)が妻のトヨ(宮沢りえ)と共に営む映画館オリヲン座... …
2007-11-05 Mon 18:17 Sweet* Days**
オリヲン座をほかしたらあかん。 …
2007-11-05 Mon 21:11 悠雅的生活
 宮沢りえちゃんと三枝監督の舞台挨拶&nbsp;本当は、まだ記事に出来ていない作品がたくさんあるのですが・・・・・。まずは昨晩、鑑賞した「オリヲン座からの招待状」について記事を書く事にしました。何てたって、生宮沢りえちゃんの舞台挨拶があったので、記憶が薄れない …
2007-11-05 Mon 23:27 銅版画制作の日々
「オリヲン座からの招待状」の試写会に行って来ました。映画を観ていて、どうしても眠くなってしまい、不本意ながら寝てしまうことは度々あるのですが、、、、この映画は自ら寝ました(≧◯≦)ゞ少々寝てしまっても、あまり話は進展していないと思って15分くらい寝たのですが …
2007-11-06 Tue 12:56 アートの片隅で
僕ずっとオリヲン座を守るさかい__ここでいつまでも、一緒に映画かけてもらえますか。時代に翻弄されながらも、映画館をまもり続けたふたりの愛と、優しい奇蹟の物語。「さて突然ではございますが、昭和25年の開館以来半世紀以上にわたって、地元の皆様に愛され親し... …
□作品オフィシャルサイト 「オリヲン座からの招待状」□監督 三枝健起 □脚本 いながききよたか□原作 浅田次郎( 「鉄道員」集英社刊)□キャスト 宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、樋口可南子、原田芳雄、中原ひとみ ■鑑賞日 11月3日(土)■劇場  …
2007-11-10 Sat 09:25 京の昼寝~♪
『オリヲン座からの招待状』鑑賞レビュー!僕ずっとオリヲン座を守るさかい──ここでいつまでも、一緒に映画(シャシン)かけてもらえますか。人気作家・浅田次郎の同名短編を基に閉館を迎えた小さな映画館を取り巻く人々の人生模様をノスタルジックに綴るハートフル・ドラ …
虎ノ門、ニッショーホールでの開催。わかっていて席を取ったので仕方がないが、最前列の6列ほどは、椅子が同じ高さ。つまり、前列に座高の高い人が座ると、頭がスクリーンにかかり、大変見にくい。この日の私がそれで、しかもときどき座りなおしてくれるから、非常に見づら …
「オリヲン座からの招待状」★★★★映画ファンにススメます宮沢りえ、加瀬亮主演、宇崎竜童、樋口可南子 、原田芳雄 、田口トモロヲ 出演三枝健起 監督、20077年、116分オリヲン座という映画館が舞台。昭和30年代の映画黄金時代から、TVの出現で映画... …
2007-11-20 Tue 21:39 soramove
もはや目新しさはない昭和の味。『オリヲン座からの招待状』11月3日公開。別居中の夫婦のもとに、京都の小さな映画館オリヲン座から、最終上映の招待状が届いた。子供の頃、たくさんの思い出をもらったオリヲン座。2人を家族にしたオリヲン座がいちばん元気だったあの頃、劇 …
2007-11-20 Tue 22:59 EDITOREAL
今じゃ仲間の心がふるさと公式サイト浅田次郎の同名短編小説を映画化、かつて同じ東映で映画化されて大ヒットした『鉄道員』と同じ短編集に収録されている事が宣伝でやたらと強調されているが、単に同じ本に入っているだけで特に関連性はない。浅田次郎原作のノス.... …
■状況109シネマズ佐野にて通常価格で観賞(実は奢り)■動機誘われて&劇場版宮沢りえ観賞■感想いい映画だったのだが、難しい・・・■あらすじ三好良枝(樋口可南子/工藤あかり)の元に、故郷の映画館「オリヲン座」から閉館上映会の招待状が届く。良枝は、最近関係のう …
2007-11-20 Tue 23:47 新!やさぐれ日記
加瀬くんが出てなかったら、特に観たいっという気持ちにはならなかったかもしれません。宮沢りえちゃんだって嫌いじゃないんだけど、この映画にイマイチ気分が乗らないといか不安を感じているのが、原作が浅田次郎さんだということです。浅田次郎原作の映画化作品は期待した …
2007-11-20 Tue 23:49 カノンな日々
原作の短編とは異なるアプローチで物語をふくらませ、映画は大人の純愛物語になった。昭和30年代から、小さな映画館を守った男女の生き方を丁寧に描いている。少し綺麗すぎる展開と、作品全体が年配向けになってしまったのが気になるが、これも昭和の空気だろうか。出演者は …
「オリヲン座からの招待状」試写会 ニッショーホールで鑑賞次々に公開される浅田次郎の小説が原作の作品。「ALWAYS 三丁目の夕日」との時代が同じ昭和30年代の京都。東京とは微妙に雰囲気が違うけれども、それは言葉の響きであって、オリヲン座をとりまくとても狭 …
2007-11-21 Wed 01:38 てんびんthe LIFE
監督:三枝健起出演:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、樋口可南子、原田芳雄、中原ひとみ浅田次郎さんの原作は、かなり前に読んだため、ほとんど覚えていないのです。短編でしたし~「オリヲン座が閉館するので最後の上映会にお越しくださいという招 …
2007-11-21 Wed 09:42 日々のつぶやき
本日届いたのは、浅田次郎原作の同名短編小説を映像化した「オリヲン座からの招待状」の試写状。何だか最近、浅田次郎原作の映画ばっかですね。「憑神 つきがみ」、「地下鉄(メトロ)に乗って」、「椿山課長の七日間」、「壬生義士伝」などなど。よっぽど制作者が本を読ん …
2007-11-21 Wed 14:19 ともやの映画大好きっ!
映画「オリヲン座からの招待状」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:宮沢りえ、加瀬亮、宇崎竜童、田口トモロヲ、中原ひとみ、樋口可南子、原田芳雄、他 *監督:三枝健起 *原作:浅田次郎 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからの …
純粋に映画を愛する気持ち。純粋に映画小屋を守りたいという気持ち。純粋に共に生きる者を愛する気持ちがひしひしと伝わってくる物語。懸命に愛を貫き通す姿に胸が締め付けられる作品だった。以下、若干ネタに触れ …
2007-11-21 Wed 16:43 たいむのひとりごと
映画と映画館が好きなもんで、映画館が出てくる作品に弱いです。「ニューシネマ・パラダイス」は勿論、昔の「ラムの大通り」や「ラスト・ショー」、数年前の「マジェスティック」なんかもいい映画でしたよね。前に映画のバトンで書きましたけど、ガキの頃、... …
2007-11-21 Wed 20:38 It's a Wonderful Life
これ、今月はじめ公開ということで、気になっていた作品。映画館が舞台の作品です。 …
2007-11-21 Wed 22:17 いんどあかめさん日記
梅田ブルク7で『ALWAYS』と同じ昭和30年代を舞台にした映画『オリヲン座からの招待状』を鑑賞しました。公開日まで一緒って・・・&amp;#63897;。この映画にとっては良いことなのか、悪いことなのか。 Story ある日、夫・祐次(田口トモロヲ)と別居中の良枝(樋口可南子 …
2007-11-22 Thu 00:13 健康への長い道
ありがとう あなたかいてくれたこと …
2007-11-22 Thu 11:20 ひるめし。
京都学生プロデュースで行われた映画試写「オリヲン座からの招待状」主演の宮沢りえさん、加瀬亮さんが映画の時に着用された衣装や招待状、写真なども展示されており、昭和を思わせる懐かしい白黒写真を見ながら席に着きました。この作品は、昭和30年代の儚くも美しい二人の …
2007-11-22 Thu 20:34 happy♪ happy♪♪
  ☆公式サイト☆京都を舞台に激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描く感動ドラマ。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、『ジェニファ 涙石の恋』の三枝健起監督が映像化。昭和25年の開 …
2007-11-22 Thu 21:23 きららのきらきら生活
三連休というのにいろいろあって映画は、お預け。11/3の三丁目以来映画館には行っておらず、そろそろ禁断症状がでそうです。頼みの福知山シネマも2スクリーンあるのにいまは1スクリーンしかつかっておらず12/7までは三丁目。来週は5本はみたいと思いながらいろいろと見に …
感動度[:ハート:][:ハート:]              2007/11/03公開  (公式サイト)泣き度[:悲しい:]満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】三枝健起【脚本】いながききよたか【原作】浅田次郎 『オリヲン座からの招待状』(集英社刊『鉄道員』所収) 【時間】116 …
原作=浅田次郎。脚本=いながききよたか。撮影=柳田裕男。美術=花谷秀文。音楽=松村崇継。監督=三枝健起。「僕ずっとオリヲン座を守るさかい ― ここでいつまでも、一緒にシャシン(映画)かけてもらえますか」☆☆☆★★ …
せめてホクロを・・・ …
2007-11-30 Fri 02:31 ネタバレ映画館
実に惜しい出来である。よくなる要素が非常に多いのであるが、それが巧く活かされていない。それぞれのエピソードや設定は非常に良いのであるが、それらが全体にうまく構成できておらず、効果をあげていないのである。それにもかかわらず、一応の満足感を与えてくれるのは.. …
先日新作DVDリリースの三枝健起監督作品。未読だけれど原作は浅田次郎の短編、京都舞台、映写技師と女館主が老舗の映画館を守り続けた物語。やはり昭和30年代、映画館が舞台、とのことで気になっていた作品。 蛍のシーンや、おそらく昔の街並み等もCGも使いながらも、 …
2008-06-02 Mon 22:19 KYOKO〓
京都を舞台に激動の時代に翻弄(ほんろう)されながらも、老舗の映画館を守り続けた男女の純愛と奇跡を描く感動ドラマ。浅田次郎の「鉄道員(ぽっぽや)」最終編に所収されている同名小説を、『ジェニファ 涙石の恋』の三枝健起監督が映像化。主演は『たそがれ清兵衛』の宮 …
2008-09-05 Fri 14:43 サーカスな日々
これは公開時気になっていた。加瀬亮は好き。 「17歳の留吉は松蔵とトヨが経営するオリヲン座へやって来る。映画が大好きだから働かせてくれという留吉に、初めは断るものの、あまりに必死な姿に住み込みとして雇うことにする。映写室に寝起きし、夫婦を立て仕事熱心な... …
2008-10-13 Mon 01:58 ・*・ etoile ・*・
「オリヲン座からの招待状」  宮沢りえの清らかさが魅力   【公開年】2007年  【制作国】日本  【時間】116分  【監督】... …
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。