スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~/LA VIE EN ROSE  (2007) 」
2007-09-22 Sat 23:48

【 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~ 】9月29日(土)公開

監督  : オリヴィエ・ダアン
出演   : マリオン・コティヤール /シルヴィー・テステュー/パスカル・グレゴリー 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★
 

「 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~/LA VIE EN ROSE  (2007) 」

 

お願い歌わせて、ひとつでも歌を歌っていないと、自分が信じられなくなるから

 

「愛の賛歌」や「バラ色の人生」をはじめ数々の名曲で知られる伝説のシャンソン歌手、エディット・ピアフの偉大な足跡と、歌と愛に生きた47年間の波瀾万丈の生涯を綴る感動の伝記ドラマ。

 


監督は、「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち (2004) 」のオリヴィエ・ダアン。


主役は、「TAXi シリーズ(1997)~(2007)」、「プロヴァンスの贈りもの (2007) 」マリオン・コティヤール。


 


Story : 1915年、フランス・パリの貧しい家庭に生まれたエディット・ジョヴァンナ・ガション。母は路上で歌を歌い、日銭を稼ぐ毎日だった。その後、祖母が経営する娼館に預けられた彼女は、娼婦ティティーヌたちに可愛がられ束の間の安らぎを得る。やがて兵役から戻った父に引き取られると、路上で大道芸をする父の手伝いをする中で、自らも人前で歌うことを覚えるのだった。そして1935年、路上で歌を歌い日銭を稼いでいた彼女は、パリ市内の名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレにスカウトされ大きな転機を迎えた。ルプレによって「ラ・モーム・ピアフ(小さい雀)」と名付けられた彼女は、歌手としてデビューするや、瞬く間にスターダムへと駆け上っていくのだったが…。

永遠に色褪せない名曲「愛の讃歌」が誕生した秘話や、オリジナルヒット曲を織り交ぜながら、ジャン・コクトー、マレーネ・デートリッヒと交友を持ち、シャルル・アズナブール、イヴ・モンタンを世に送り出したエディット・ピアフ47年間のドラマティックな人生を描いた情熱的な愛の物語。


[ 2007年9月29日公開 ]

ー作品資料  より ー

 

 

私は、越路吹雪が歌う「愛の賛歌」がエディット・ピアフの歌であったと言うことさえ知らずに観に行きました。6(*'▽'*)ポリポリ

あなたの燃える手で~~♪私を抱きしめて~~♪

っと歌だけを聴けばロマンチックなイメージしかなかったのですが、ピアフの人生は壮絶な波瀾万丈そのものでした。

物語は時間軸が次々と錯綜し、モルヒネ中毒と肝炎を患い47歳の若さで亡くなるまでの憔悴しきった顔はなんとかわかるものの、20歳の若かりし頃の顔から30代の頃の顔の区別が付きにくく、かなり惑わされました。Σ(O ̄∇ ̄O)!!えっと・・Σ(O ̄∇ ̄O)!!え~~っと・・・

そして、同じようなルイさんがいろいろ出て来るので、ルイが若くなったりおじさんになったり、だれがだれやらと理解するのに苦労しました(笑)

 

ここからはかなりネタバレに相当するする内容が含まれていますので、鑑賞前の方はご注意ください。

 

「プロヴァンスの贈り物(2007)」でヒロインを演じて記憶に新しいマリオン・コティヤール演じる、エディト・ピアフ(エディット・ジョヴァンナ・ガション)は、ジャン=ポール・ルーヴ演じる父親ルイ・ガションは徴兵に取られていて、クロチルド・クロ 演じる母アネッタ は路上で歌を日銭を稼ぐ毎日を送らなければならなかった貧しい家に育ち、母が母方の祖母にエディットを押しつけるようにしていなくなってしまい半ば虐待状態で居るところを父親のルイが引き取りに来て、カトリーヌ・アレグレ演じる 売春宿を経営する父方の祖母ルイーズの家に引き取られて行きます。

けして生活環境が良いとは言えない中でも、エマニュエル・セニエ演じるティティーヌ などの娼婦達にかわいがられて、つかの間の幸福なひとときを送る事になります。

虚弱体質の彼女は角膜炎を患い失明してしまいますが、ティティーヌや娼婦達に連れられ教会の聖テレーズに祈りを捧げると奇跡的に視力を回復し、それ以来聖テレーズの十字架を肌身離さず身に付けるようになっていきます。

父ルイが除隊して引き取られてからは、父と一緒に大道芸で暮らし始めます。その際に客から求められて芸をとして歌を歌った事がきっかけで路上で歌う事を覚えるのです。

父から独立し、親友のシルヴィー・テスチュー演じるモモーヌと日銭を稼ぐためにトロワヨン通りで歌っている時に、ジェラール・ドパルデュー 演じるルイ・ルプレ に見いだされ、「ラ・モーム・ピアフ(小さい雀)」と名付けられデビューを果たし、そのたぐいまれな才能を開花させて行きます。

そして尚、順風満帆な人生が待っているかと思いきや、彼女が歌う劇場のジェルニーズのオーナー、の血まみれの死体が発見され、ピアフは容疑者の一人として疑いをかけられることになってしまいます。容疑が晴れた後もステージに登ると人殺しと罵声を浴びせられ、さらなる不幸には、ピアフを見いだしてくれ父と慕っていたルイ・ルプレが死去してしまいます。

その後、ルイに紹介されて知り合ったマルク・バルベ 演じるレイモン・アッソ に救われることになります。レイモンの指導で彼女の歌になおいっそうの躍動感と厚みが増し、スターダムへと駆け上がって行きます。

ちょうどその時に出会った恋人ジャン=ピエール・マルタンス演じるマルセル・セルダン との至上のの愛の満たされた時を表わした歌が「バラ色の人生La vie en rose(1946年)」です。

ところが、その幸せも長くは続きませんでした・・・・

神様はどれだけ彼女に試練をお与えになるのでしょうか・・・・

船で会いに来るというマルセルに、今すぐ会いたいから飛行機で飛んで来て・・・と懇願し・・・

その飛行機は墜落事故を起こしてしまうのです。そして、最愛の人との死別・・・・・

 

お願い歌わせて、ひとつでも歌を歌っていないと、自分が信じられなくなるから・・・・・

 

彼女にとってシャンソンはたった一つ自分が生きている事の証、自分自身を信じられるもの・・・・・


彼女の歌は、一瞬一瞬の命を燃やして発っせられる魂そのものだったのでしょう。 手段は違っても、おなじ一瞬に命を燃やして生きるボクサーのマルセル・セルダン との手に入らない不倫の恋は、人生の同士が呼応するかのように引き合うようなものだったように感じました。


成功と栄光のスポットライトの影には、生まれてから生きてきた不幸な人生の経験を忘れさせてくれる麻薬のような物が酒だったのかも知れません。華やかなスポットライトの影で酒に溺れる日々・・・


そして、マルセルに出会って過ごした頃の「バラ色の人生La vie en rose(1946年)」から、マルセルにステージで聴かせるはずだった新曲、事故で亡くなった彼を思って歌う「愛の賛歌Hymne a l'amour(1949年)」までが彼女の円熟し凝縮された人生そのものだったような気がします。

 

最愛の恋人を事故で失ってからはお酒の代わりにモルヒネを打つことでしかその苦しみから逃れる手段は無かったのかもしれません。

その麻薬が彼女の体を蝕み、晩年の彼女は40代後半にして老婆のような風貌に変ってしまいます・・・



ラストシーンは、死の数ヶ月前の彼女の最後の舞台となる伝説のオランピア劇場公演で歌った 
「私は何も後悔しない Non Je Ne Regrette Rien(1961)」 
これが彼女の人生の答なのだと感じます。

 

 

代表曲には、1998年のグラミー賞名誉賞を受賞した「ばら色の人生 La vie en rose(1946年)」、「愛の賛歌 Hymne a l'amour(1949年)」 、「ミロール Milord(1959年)」 、「水に流して Non, je ne regrette rien(1960年)」などがあり、「ベルリンの男 L'homme de Berlin」は、1963年10月10日に死去する前の彼女の最後のレコーディング曲となりました。

 

彼女はシャルル・アズナヴールのデビューを手助けし、自らのフランス、アメリカでの公演旅行に同伴させた。アズナブールの他にも、イブ・モンタン、ジルベール・ベコーなどピアフに才能を見出された歌手は多いとの事です。

1963年10月10日にエディット・ピアフが亡くなったと報じられた同日に友人のジャン・コクトーが死去していたとのことデス。


 

劇中で歌われた歌のほとんどは、実際にピアフ本人の音源から使用されています。その歌がピアフ本人にそっくりなマリオン・コティヤールのピアフの映像を観ながら彼女の壮絶な人生を体現出来る映画となっていました。

 

 

素晴しいピアフの歌声を聴くことが出来るだけでも価値ある一本です。

鑑賞前に、登場人物の名前だけでも覚えてから劇場に足を運ばれることを強くおすすめします。

 

 

 

 


■【送料無料】【試聴可】愛の賛歌/エディット・ピアフ

 


■【Aポイント+メール便送料無料】サウンドトラック Soundtrack
エディット・ピアフ ~愛の讃歌

公式HPでサウンドトラックにおさめられたピアフリリックス&サウンドが試聴出来ます。

~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:9 | トラックバック:30 | top↑
<<「 HERO (2006)TVドラマスペシャル 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 長州ファイブ (2007) 」>>
こんにちは、TBありがとうございました♪
こちらからの返しができないので、コメントで失礼しますね(^^) 
私はエディット・ピアフがシャンソン歌手っていうことだけしか知らずに観にいきました(笑)しかもシャンソンはあまり好きじゃなくって(-_-;)それが、いざピアフが歌うと……聞きほれてしまいましたね~。本当に素敵な歌声でした。ストーリーとしては時間があちこちに飛びすぎて、ちょっとわかりずらかったんですが、歌の素晴らしさでそういったことも帳消しになりました~(笑)
2007-09-24 Mon 14:32 | URL | りら #W/07esAc[ 内容変更] | top↑
rikocchinさん、こんばんわ。

この映画、僕はピアフについてある程度予習していったのでついていけましたけど、時間軸はやたら前後するし、まっさら状態でいったらかなりキツイんじゃないかと思いましたけど。うん、ルイさんは確かに多かった(笑)
2007-09-30 Sun 02:35 | URL | moviepad #JalddpaA[ 内容変更] | top↑
うん、ルイさんの見分けはつかなかったです(笑)
日本でいうと『太郎』『ひろし』とか、なんでしょうか?!

歌だけでも、聴き惚れてしまいました。ブラボー!!
2007-10-03 Wed 10:59 | URL | あん #-[ 内容変更] | top↑
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。
久しくブログの更新をさぼっておりまして、せっかくコメントいただいていたのにこんなに返事がおそくなってしまってすみません。もう10月ですね~~~
いつのまにか秋が来ていました(笑)

>りらさんへ

やはりそうでしたか~~♪(*^-^)/\(^-^*)ナカマ!
私もシャンソンとかほとんど聴かないのですよぉ~
最初敬遠していて試写会の応募もしてなかったのですが、たまたま暇だった時に応募したのが当選したみたいで・・・
ちょうど誕生日の試写会だったのでフィルム・コンサートにでも行くつもりで気軽に出かけて行ってしまったので、最初分けがわからなかったです(笑)
でも、歌は素晴しかったですね!☆
CDでも買ってしまう勢いです♪

>moviepadさんへ

やはりこの映画は予習が必要でしたね~(笑)
いわゆる伝説のミュージシャンの半生というか、「レイ/RAY」みたいなストーリー展開かと思っていましたが、なにせあまりヨーロパ映画は観ないので見慣れない役者さんばかりでしたし、ストーリーが無駄に錯綜しまくっていてルイさんがいっぱいいて最初分けがわかりませんでしたよぉ(笑)

>あんさんへ

( ´艸`)ムププ でしょでしょ?
って、私だけじゃなくて良かったです~(笑)
レオナルド・ダ・ヴィンチとかもそうですけど、ヨーロッパのほうって、どこどこ村の太郎さん、みたいなネーミングが多かったのでしょうね~(定かではないですけどぉ~
私も歌を聴いた途端、半端じゃない歌声に魅了されてしまいました!☆
彼女の生い立ちを追いながらスクリーン・コンサートにでもいるかのような感じでしたね~
素敵でした☆
2007-10-06 Sat 17:58 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
rikocchinさん、こんばんは~
プチ、お久です!

動画のご本人を見ると、まさにマリオンは生きうつしのようですね!
何度も事故にあったり酒やドラッグ等々、それでもこうやって舞台に立って歌えるなんて、なんか言葉では現せないけど底力とでも言うのだろうか、とにかく凄いです♪
そして胸には、クロスがありますね…

ところで、オーリー、とんだ災難で!!
同乗者の方ももう大丈夫なんだろうか?
大事にならずに良かったです!
まったく、パパラッチって奴らは!!(怒)
2007-10-19 Fri 23:38 | URL | オリーブリー #ZJmJft5I[ 内容変更] | top↑
オリーブリーさんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

o(*^▽^*)oお久しぶりデス~

ほんっと、マリオンが元々似ているのか、メイク技術が素晴しいのか、まさに本人と生き写しですよね~
彼女にとってステージに立って歌うと言うことそのものが生きている証だったと言えるのでしょうね~
その魂の歌声に感動させられました☆

そうそう!!パパラッチめ!
オーリーには怪我がなくて安心しましたし、同乗者の女性も軽傷だったようですね~
最近、以前ほどCMもあまり流れていませんね~
マツキヨで毎日お買い物してフルバージョンのウ~ノのビデオ眺めてましたけど、資生堂のHPで3パターンバージョンも観れる事に後で気がつきました(笑)
知ってましたか~~?(笑)
http://www.shiseido.co.jp/uno/
ご存じなかったら、一番下の中央にCM情報というリンクがありますから、観てみてください~
2007-10-20 Sat 10:00 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
そうそう追伸~
ウ~ノと言えば、試写会のサプライズ・ゲストで登壇した神田うのを間近で観ました(笑)
バービー人形みたいに細くてかっこよかったデスよぉ
2007-10-20 Sat 10:05 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
こんばんは、TBお邪魔します。
マリオン・コティヤールの神がかった演技には、恐れ入りましたよね。歌はピアフ本人のものですが、当然こちらも素晴しいです。
少女時代のピアフが、父に強要されて思わず「国歌」を歌ったときは、涙涙でありました。
晩年の薬漬けのピアフは、痛々しくとても40代には見えませんね。けれども、渾身の力を出し切った最後の舞台は圧巻でした。劇場で観られなかったのが残念です。
2008-04-15 Tue 22:11 | URL | ケント #neBEUUqk[ 内容変更] | top↑
ケントさんへ
コメントありがとうございまぁ~っす。

ほんとにすごいというよりむしろ凄まじいという表現が相応しと感じる波瀾万丈の人生を、マリオン・コティヤールが見事に本人になりきって演じきっていましたね☆
歌もすべて素晴らしかったです。いままでピアフと言う人をしらないままどこかで聴いたことのある歌ばかりでした・・
薬漬けになって自分が蝕まれていく様は、特殊メイクの技術もすごいですが、ほんとうに痛々しかったです・・・
美空ひばりとかもそうでしたが、最後の命を燃やしながらの最後の舞台は素晴らしかったですね~~
2008-04-16 Wed 23:40 | URL | rikocchin(管理人) #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
【 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~ 】9月29日(土)公開監督  : オリヴィエ・ダアン出演  : マリオン・コティヤール/シルヴィー・テステュー/パスカル・グレゴリー 他期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★ 「 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~/L.. …
2007-09-23 Sun 00:13 MoonDreamWorks
(原題:La Mome)※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。----これって伝記映画だよね?「うん。でも相当に凝った作りとなっている」----えっ?大河ドラマじゃニャいの?「一応はそうなんだけどね。あまりに …
2007-09-23 Sun 08:46 ラムの大通り
&nbsp;壮絶な生涯の中で歌い続けた彼女。&nbsp;久々の辛口感想ですが、シャンソンの心地よい音楽だけが印象に残った映画でした全体的に現在・過去の姿が混ぜ合わさり過ぎていて展開が分かりづらく突っ込みどころ満載でラストまで中途半端・・。しっかりエディットピアフの生 …
2007-09-23 Sun 19:58 happy♪ happy♪♪
マリオン・コティヤール、あっぱれ! 『エディット・ピアフ~愛の賛歌~』9月29日公開。フランスの伝説的シャンソン歌手エディット。路上で歌っていた母、大道芸人だった父、クラブオーナーに見出され、燃えるような恋をした、その生涯を紐解く。映画『エディット・ピアフ …
2007-09-24 Mon 19:26 APRIL FOOLS
監督:オリヴィエ・ダアン CAST:マリオン・コティヤール、ジェラール・ドバリュデュー 他1915年、パリで生まれたエディットは、父親の実家の売春宿で育てられた後大... …
2007-09-29 Sat 18:39 Sweet* Days**
エディット・ピアフ ~ 愛の讃歌 ~ (2007 フランス・イギリス・チェコ)原題   LA MOME 監督   オリヴィエ・ダアン     脚本   オリヴィエ・ダアン イザベル・ソベルマン     撮影   永田鉄男                  音楽   クリス …
2007-09-30 Sun 02:31 映画のメモ帳+α
LA MOME(2007/フランス=イギリス=チェコ)【劇場公開】監督:オリヴィエ・ダアン出演:マリオン・コティヤール/シルヴィー・テステュー/パスカル・グレゴリー /エマニュエル・セニエ/ジャン=ポール・ルーヴ/ジェラール・ドパルデュー 愛を生きた世界の歌姫 涙と喝 …
2007-09-30 Sun 11:42 小部屋日記
かなり音楽にウェイトが置かれた作品。ミニシアターじゃなくて、音のいいシネコンの大画面でこれを観れたのは良かったとです。ピアフが歌う場面は過去のシーンから、かなりの頻度で登場して、その度に映画のクライマックスが来ているような素晴らしさ。冒頭... …
2007-09-30 Sun 16:27 It's a Wonderful Life
わたしは後悔しない …
2007-10-02 Tue 20:32 悠雅的生活
エディット・ピアフ~愛の讃歌~’07:フランス=チェコ=イギリス◆監督・脚本:オリヴィエ・ダアン「クリムゾン・リバー2 黙示録の天使たち」「いつか、きっと」 ◆出演&nbsp;:マリオン・コティヤール、ジェラール・ドパルデュー ◆STORY◆1915年にパリのベルヴィル... …
2007-10-02 Tue 23:21 C'est Joli
暇さえあれば、映画館に足を運んで数々の作品を観ているのですが時たま、感想をblogに残さない事もあります。単につまらなかったというよりは、感想を書くまでも無く 時間潰し程度にしか感じ得なかった作品か・・・もしくは 素晴らしく感動して書けないかのどちらか …
2007-10-03 Wed 01:53 *izumanix*
あなたの燃える手で、あたしを抱きしめて...越路吹雪の『愛の讃歌』の生みの親がエディット・ピアフである、という事くらいしか知らない。そして、この『愛の讃歌』がピアフが最も愛した男マルセルが飛行機事故 …
誰でも一度は耳にした事があるであろう『愛の賛歌』を大画面で聴きたくて鑑賞―【story】『愛の賛歌』など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマ―歌手を目指す母アネッタ(クロチルド・クロー)の娘エディット(マリオン・コ …
歌に生き、愛に生きた、47年の奇跡。世界の歌姫__涙と喝采の物語。1915年にパリのベルヴィルで生まれたエディット。世界は第一次世界大戦の真っ只中である。彼女の母親は路上で歌を歌い、その僅かな収入で彼女を養っていた。やがて、幼くして祖母が営む娼館にピアフ... …
世界的に有名なシャンソン歌手エディット・ピアフの生涯を描いた物語です。 …
2007-10-06 Sat 10:29 水曜日のシネマ日記
かなり音楽にウェイトが置かれた作品。ミニシアターじゃなくて、音のいいシネコンの大画面でこれを観れたのは良かったです。ピアフが歌う場面は過去のシーンから、かなりの頻度で登場して、その度に映画のクライマックスが来ているような素晴らしさ。冒頭か... …
2007-10-07 Sun 09:54 It's a Wonderful Life
「エディット・ピアフ ~愛の讃歌~」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:マリオン・コティヤール、シルヴィー・テステュー、パスカル・グレゴリー、エマニュエル・セニエ、ジャン=ポール・ルーヴ、クロチルド・クロー、ジャン=ピエール・マルタ …
予告だけでも、歌(愛の讃歌)のインパクトと声量の素晴らしさが伝わる。(C)2007LEGENDE-TF1INTERNATIONAL-TF1FILMSPRODUCTION OKKOPRODUCTIONs.r.o.-SONGBIRDPICTURESLIMITED原題:THEPASSIONATELIFEOFEDITHPIAF監督/脚本:オリビエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤー... …
2007-10-12 Fri 04:32 たーくん'sシネマカフェ
ばら色に 人生染める 我が血かな  最近のCMでのおすぎさんのコメントは反作用。他の映画と同じく仰々しい感動のコメントに、なんぼのもんかな、そう思ってしまいます。だから、ほんとは、この映画観ていなかったかもしれません。この映画を観て、まず言いたい一言。お …
2007-10-16 Tue 08:58 空想俳人日記
 ★★★★☆  フランスの歌手、エディット・ピアフの伝記映画。 原題「LA VIE EN ROSE」は、ピアフの持ち歌「バラ色の人生」の意。  家庭に恵まれず極貧の人生を送った幼少のころから、 歌に目覚め、成功を収めるまでの物語と、 病に侵された晩年(晩年といっても40歳 …
2007-10-19 Fri 08:20 富久亭日乗
1915年パリベルヴィル地区の貧しい家庭に生まれたエディット・ピアフ(マリオン・コティヤール)路上で歌いながら生計を立てる母親との生活、娼館で過ごした幼少時代、大道芸人だった父親との流浪の旅…そんな彼女の生き …
2007-10-19 Fri 19:17 心のままに映画の風景
【LA VIE EN ROSE】監督・脚本 オリヴィエ・ダアン  製作年度 2007年  日本公開 2007年9月29日  上映時間 2時間20分  製作国 フランス/イギリス/チェコ  配給 ムービーアイ CAST マリオン・コティヤ …
2007-10-21 Sun 15:28 +++ Candy Cinema +++
フランスの伝説的シャンソン歌手エディット・ピアフの伝記映画。主演は最近よくお目にかかってるマリオン・コティヤール。 …
2007-10-23 Tue 03:59 ひらりん的映画ブログ
監督:オリヴィエ・ダアン 出演:マリオン・コティヤール、マノン・シュヴァリエ、ポリーヌ・ビュルレ、シルヴィー・テステュー、エマニュエル・セニエ、ジャン=ピエール・マルタンス、マルク・バルベ、ジェラール・ドパルデュー 評価:73点 公式サイト 「愛の... …
2008-02-19 Tue 23:39 デコ親父はいつも減量中
★★★★  日本では馴染みが薄いが、フランスでは国民的なシャンソン歌手である。彼女は身長が142cmしかなく、「ラ・モーム・ピアフ(小雀)という芸名でブレイクしたという。 究極の貧困生活を経験し、路上で歌を歌い大歌手に昇り詰めた経緯は、日本人なら『美空ひば …
2008-04-15 Tue 22:11 ケントのたそがれ劇場
2007年 フランス・チェコ・イギリス 2007年9月公開 評価:★★★★☆ 監 …
2008-04-28 Mon 12:32 銀の森のゴブリン
 コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得したことでも話題になりましたね~。なワケでやっとレンタル出来たの …
2008-05-27 Tue 20:58 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
 コチラの「エディット・ピアフ 愛の讃歌」は、シャンソン歌手エディット・ピアフの波瀾万丈な47年間の人生を描いた伝記映画です。  主演のマリオン・コティヤールがアカデミー賞で主演女優賞を獲得したことでも話題になりましたね~。なワケでやっとレンタル出来たの …
2008-06-03 Tue 10:49 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』を観ました「愛の讃歌」など、数々の名曲で世界中を魅了した伝説の歌姫エディット・ピアフの生涯を描く伝記ドラマです>>『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』関連原題:LAMOME   THEPASSIONATELIFEOFEDITHPIAF   LAVIEENROSE[米... …
2009-08-29 Sat 23:46 おきらく楽天 映画生活
愛を生きた世界の歌姫 涙と喝采の物語 …
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。