スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 長州ファイブ (2007) 」
2007-09-20 Thu 00:46

【 長州ファイブ 】2月10日(土)公開

監督・脚本  : 五十嵐匠
出演   : 松田龍平 / 山下徹大/北村有起哉/三浦アキフミ /前田倫良 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★
 

「 長州ファイブ (2007) 」

 

北米ではサンフランシスコ国際映画祭・ニューヨーク国際映画祭と並ぶ三大国際映画祭のひとつである、第40回ワールドフェスト・ヒューストン国際映画祭(米国テキサス州ヒューストン市で開催)において、劇場長編映画部門でグランプリ(最優秀賞)を受賞ししたノンフィクション作品です。

 

 

 


監督は、「地雷を踏んだらサヨウナラ (1999) 」、「HAZAN (2003) 」の五十嵐匠。


主役は、1999年第23回日本アカデミー賞で高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)1999」が作品賞を受賞した年、「御法度 (1999) 」で日本アカデミー賞新人俳優賞 を受賞し、同じくブルーリボン賞 でも新人賞を受賞するなどあらゆる賞の新人賞を総なめにした松田龍平

あの松田優作を父に持ち、女優熊谷真実を叔母に持つサラブレッドとも言える芸能一族で育っています。

ちなみに、人気イケメンドラマ「花より男子シリーズ」のFフォーのひとりである、松田翔太は龍平の弟です。そして、「花より男子~ファイナル~ (2008) 」が来年2月には映画化公開される予定になっています。



 


Story : 尊王攘夷の気運が高まる幕末、外国を排斥するだけでは何も変えられないと敢えて敵を知る道を選んだ若き長州藩士、山尾庸三、野村弥吉、志道聞多、伊藤俊輔、遠藤謹助の5人は、死罪も覚悟で英国へ密航する。ロンドンで英語を会得しつつ大学で学び、それぞれが興味のある分野の技術や知識を貪欲に吸収していく。やがて、造船技術を学ぶため単身グラスゴーに向かった山尾は、手話を駆使して働くエミリーと出会うのだった。


[2007年2月10日公開 ]

ー作品資料  より ー

 

日本では、長州五傑(ちょうしゅうごけつ)とよばれ、イギリスでは、Choshu-five と呼ばれている、山尾庸三、野村弥吉(井上勝)、北村有起哉 志道聞多(井上馨) 、三浦アキフミ 伊藤俊輔(伊藤博文) 5人の物語です。

その5人の中に初代総理大臣の伊藤博文がいたというもの驚きました。(・・・常識ですよ、ちゃんと勉強しときなさい・・と笑われそうですね・・6(*'▽'*)ポリポリ)

ただ、本作は、伊藤博文ではなく、松田龍平演じる山尾庸三にスポットを当てたノンフィクション・ストーリーとなっています。

 

松田龍平演じる山尾庸三と聾唖者のエミリーとの出会いと恋愛なども描かれていますが、歴史物と言うこともあってか、説明的内容に重きが置かれていて、映画全体として、ドラマ性がかなり希薄で浅い事は否めない気がしました。

 

個人的には、江戸時代までの歴史は得意だったのですが、漢字ばかりが多く羅列する近代日本史はすご~っくネムイ(´・ωゞ)授業でしたので、ほとんどテスト対策程度にしか勉強していなくて、黒船来航の10年後に長州藩の有志が遙か海を渡って造船の技術とか鉄道の技術とか紙幣の製造技術までどうやって学んで持ち帰ったと言う事までは詳しく知りませんでしたので、そう言う意味ではなかなか新鮮な感じを受けましたね~。

 

ペリーが来航してから9年が経ち、イギリス大使館が建設される幕末の時代、参勤交代の大名行列に馬に乗ったままひれ伏さない外国人達を無礼といって切り捨て捨てたり、まだ建設途中のイギリス大使館を焼き討ちしたりと、無能な幕府に対してただたてつく事しかしてこなかった攘夷の風潮に疑問を持ち、大金をはたいて船を買ってもその船を動かす技術者も外国人に頼っている現状を憂い、自分たちも造船技術を持ち外国と対等に貿易をしなければならないと、長州藩主毛利敬親より洋行の内命を受けて1863年(文久3年)5月にイギリスへ密航し、その文化、文明を吸収して「生きたる機械」として帰ってくる事を志した5人の有志のキラキラした希望がむさぼるように技術を吸収して帰って来た事で、今の経済大国日本があるのだなと、改めて関心させられる作品。

 

そして、ロンドン大学留学中にお世話になった滞在先で撮った実際の写真が↓上です。下が映画のキャスト。そっくりですね~

 

 

彼らが学んだロンドン大学では、長州ファイブ (Choshu-five) として顕彰碑が建てられているそうです。

 

誇り高き凛とした幕末の武士の精神を感じさせる松田龍平の演技が最高にかっこよい映画でした。

 

 


長州ファイブ 通常版(DVD) ◆20%OFF!
<2007.9.28(金)DVDリリース!>


長州ファイブ chosyu edition(完全初回限定生産)(DVD) ◆20%OFF!
<2007.9.28(金)DVDリリース!>

 


COMIC B’s-LOG2007年10月号
長州ファイブ連載中


~おしまい~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「た行」 | コメント:2 | トラックバック:4 | top↑
<<「 エディット・ピアフ ~愛の讃歌~/LA VIE EN ROSE  (2007) 」 | MoonDreamWorks★Fc2 | 「 HERO (2007) 」>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007-09-21 Fri 11:29 | | #[ 内容変更] | top↑
かもかもさんへ
(*'ー'*)bコメントありがとうございました。

そうですよ~松田美由紀さんがお母さんです。
熊谷真美さんは、伯母と紹介しています(’▽’*)
ただ、正しくは叔母でした~妹さんですからね6(*'▽'*)ポリポリ
気がついて良かった☆
2007-09-21 Fri 14:36 | URL | rikocchin #mQop/nM.[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
幕末日本。攘夷の気運が高まる中、長州から5人の藩士が開国を迫っている「敵国」イギリスに勝つにはその国を知ることが一番と考え、密航でロンドンに向かう。その中には、伊藤俊輔、後に初代総理大臣となった伊藤博文(三浦アキフミ)、志道問多、後に初代外務大臣となった井 …
2007-09-21 Fri 09:35 徒然なるままに
出演:松田龍平(山尾庸三)山下徹大(井上勝/野村弥吉)北村有起哉(井上馨/志道聞多)三浦アキフミ(伊藤博文/伊藤俊輔)前田倫良(遠藤謹助)原田大二郎(村田蔵六/大村益次... …
2007-09-26 Wed 19:34 *Cafe Japanesque*
 『幕末の世、 日本の未来のために刀を捨てた、 サムライがいた』  コチラの「長州ファイブ」は、攘夷の嵐が吹き荒れる幕末期に、エゲレスに命がけで密航した長州藩の5人の若者を描いたヒストリカル映画です。  昨日は勝手に「龍平Day」として、本作と彼の民放連ド... …
2008-01-09 Wed 21:08 ☆彡映画鑑賞日記☆彡
ペリー率いる黒船来航によって幕末の日本は反外国人の勢いも増し、鎖国する規制も強くなった。その水面下では日本を統治する者の力が弱体しつつあり、外国からの影響が広まり始めていた。そんな中、長州藩の優秀な若者5人が国禁を破り命を賭けてイギリスへ渡ろうとひそか... …
2008-06-30 Mon 00:49 Mooovingな日々
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。