スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 陰日向に咲く (2005) 」
2008-02-15 Fri 11:15

【陰日向に咲く】2008年1月26日(土)公開

監督 : 平川雄一朗
出演 :  岡田准一/ 宮崎あおい/ 伊藤淳史 他
観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

原作 : 劇団ひとり 『陰日向に咲く』(幻冬舎刊)

「 陰日向に咲く (2008) 」

 

「誰かが、きっと明日は晴れるよって言ってくれているような気がする・・・」

 

監督は、「そのときは彼によろしく (2007) 」から二作目となる平川雄一朗。 TV版「世界の中心で、愛をさけぶ (2004)」などの演出を手がけ、今TVで放送されている「 佐々木夫妻の仁義なき戦い (2008) 」も手がけるなど、主にTVドラマの演出を主に手がけてきました。

主演は、 「木更津キャッツアイ (2002~)」3シリーズ、「フライ,ダディ,フライ (2005) 」の岡田准一。私は未見ですが、直木賞作家・江國香織の同名小説の映画化「東京タワー (2004) 」では、黒木瞳との世代と歳の差を超えた純愛で話題になりましたね~

共演は、「NANA (2005) 」そのはまり役で話題となった宮崎あおい。その後、CMなどで毎日のように見かけられるようになり、現在放送中のNHK大河ドラマ「篤姫(2008)」にも大抜擢されています。

 


Story : ギャンブル好きが高じて借金まみれになったシンヤ。上司から援助を受けるも、パチンコで使い果たしてしまった。会社から見放され、取り立てに追われるシンヤは、オレオレ詐欺で金を稼ごうとする。しかし、電話に出た老婆がシンヤを自分の息子と思い込んで話し始め、二人の間に奇妙な交流が始まる。悲しく優しい老婆の声にシンヤはカネをせびるのも忘れ…。



「2008年1月26日公開 」

 

ー 作品情報 より ー

 

今年に入って観たいと思った映画がほとんど試写会に当選しなくて、たまたま時間が出来て水曜日(レディース・デイ)なのでなにか映画でも観ようかなっと、「L change the WorLd」、「テラビシアにかける橋 」と「アメリカン・ギャングスター 」と本作で迷い、どれもかなりそそられたので迷いに迷って、時間の一番無駄のない上映開始だったのが本作と言うことで、これを観たのですが、やっぱりもうすぐ終わっちゃう「テラビシアにかける橋 」にすれば良かったと後悔(笑)・・・・

ランキングもずっと良い位置につけていて、なかなか評判も良いようだったのでちょっと期待が大き過ぎちゃったかもしれません・・・

 

この映画を一言で言うと、運命の糸によって引き寄せられるように、それぞれの抱えた心の傷を微妙に癒し合う群像劇と言う感じ。

 

主人公シンヤが登場する前には、必ずと言って良いほど台風情報が流れます。後になって、このおちゃめなこだわりに、なるほど・・・っと思う事になるのですが。

パチンコやギャンブルの誘惑に負けてローン会社のブラックリストに載ってしまうほどの借金まみれになる岡田准一のだめ男の役は、真逆のキャラクターのように見えて、演技に迷いが見える分やはり多少違和感がありました。

会社の上司や同僚の真心や父の思いも知らずに、取り立て屋に言われるがままに、とうとうオレオレ詐欺に手を染めてしまうのですが、そこで偶然電話をかけた老婆との出会いが、彼の人生の歯車を狂わせてしまった原点であった母の死への思いを解きほぐして行きます。

そして、桃缶の存在や黄色い傘などの小物使いは、最近の映画でよく使われている手法なのでめずらしくはないのですが、群像劇のリレーションとしてとっても自然で効果的に使われていますね。

ただ、ストーリーの中で最も意味を感じない穴埋め的に挿入されているオタク青年とみゃ~このエピソードは、必要だったのでしょうか。「電車男」で出演した劇団ひとりや伊藤淳史へのオマージュ?

そんな中途半端さ加減がせっかく良いお話をちょっと質を落とさせた要因になっているかも・・・・とちょっと残念ですね。

それでも、この映画は普通に誰でも楽しめる映画にはなっていると思います。

~ おしまい ~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

陰日向に咲く オリジナル・サウンドトラック陰日向に咲く オリジナル・サウンドトラック
(2008/01/23)
サントラ

商品詳細を見る
陰日向に咲く陰日向に咲く
(2006/01)
劇団ひとり

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「か行」 | コメント:2 | トラックバック:31 | top↑
「  ライラの冒険~黄金の羅針盤~ (2008)  」
2008-02-11 Mon 22:14

【ライラの冒険】2008年3月1日(土)公開

監督 ・ 脚本 : クリス・ワイツ
出演 : ダゴタ・ブルー・リチャーズ/ ニコール・キッドマン/ ダニエル・クレイグ 他
観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

原作/フィリップ・プルマン『黄金の羅針盤』(新潮文庫)

「  ライラの冒険~黄金の羅針盤~ (2008) 」

イギリスのカーネギー賞で、過去70年の歴史におけるベストワンに選ばれたファンタジー小説「ライラの冒険」

児童文学界最高の栄誉である「英国カーネギー賞」から過去70年の全受賞作で最も優れた作品として選出され、イギリスBBCの「国民に過去最も愛された小説調査」では『ハリーポッター』シリーズを抜いて3位に輝いた『ライラの冒険』シリーズが待望の映画化! 

全3部作の第1作目です。

 

 

監督は、週刊雑誌で「The Best Comedy of the year」に選ばれたヒュー・グラント主演の「アバウト・ア・ボーイ (2002) 」、ブランジェリーナ夫妻共演の夫婦となるきっかけににもなった作品「Mr.&Mrs. スミス (2005) 」にキャストとして出演し、俳優としても活躍するクリス・ワイツ。

主演は、 ダゴタ・ブルー・リチャーズ

共演は、コールター夫人役を、「ムーラン・ルージュ (2001) 」で2001年・第74回アカデミー賞にノミネートされ、「めぐりあう時間たち(2002) 」では2002年・第75回アカデミー賞主演女優賞を受賞した他、同作品で英国アカデミー賞主演女優賞、ベルリン国際映画祭 でも金熊賞を受賞している、ニコール・キッドマン。また反面、2005年・第26回ラジー賞ではウィル・フェレルと共演した「奥さまは魔女 (2005) 」でワースト・スクリーン・カップル賞にも選ばれています。あまりにも美しいニコールとウィルの対比がいわゆる美女と野獣そのものという感じだったからでしょうか~(笑)

ちなみに、日本語吹き替え版では、コールター夫人の吹き替えを山口智子が担当しています。

そして、アスリエル卿役に「007/カジノ・ロワイヤル (2006) 」で一躍注目を浴びることとなったダニエル・クレイグ。「インベージョン (2007) 」から、ニコールとは二度目の共演となっています。

また、妖しい魅力を放つ魔女セラフィナ・ペカーラ役に「007/カジノ・ロワイヤル (2006) 」でダニエル・クレイグと共演したエヴァ・グリーン。

それから、字幕版ではお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、主人公のライラのダイモンであるパンタライモンの声を担当したのは、「ネバーランド (2004) 」や「チャーリーとチョコレート工場 (2005) 」などで急激に頭角を現わしてきた天才子役フレディ・ハイモア。 日本語吹き替え版では成海璃子が担当しています。

また、「X-MEN」シリーズのマグニートーのイアン・マッケランが、鎧をまとった白熊イオレク・バーニソンを演じています。 日本語吹き替えは緒形拳です。

 


Story : 舞台はイギリス・オックスフォードにとてもよく似た“もうひとつの世界”にある街。この世界では1人につき一匹ずつ動物の姿をした守護精霊「ダイモン」がつき共に行動している。12歳のおてんばな少女ライラは何者かに連れ去られた親友ロジャーを探すため、ダイモンのパンタライモンを連れ、真実を示す黄金の羅針盤を手に北の国へと旅に出る。羅針盤を狙う美女、空飛ぶ魔女族、気球乗り、よろいグマ・・・誰が敵で誰が味方なのか!?



「2008年3月1日公開 」

 

ー 作品情報 より ー

 

 

現実とは別に、もう1つの現実がどこかに存在すると言うパラレル・ワールドを背景に、人間の魂が小さな動物の形で現れたり、話す熊が戦ったり、子供たちが謎めいた失踪を遂げたりするファンタジー・アドベンチャー映画。

子供向けのファンタジーと言えば真っ先に思い浮かべるのが「ハリー・ポッター」シリーズ。大人も楽しめるファンタジーと言えばやはり「ロード・オブ・ザ・リング」でしょうか。

本作は、子供が活躍するファンタジーと言うことで、どちらかと言えば前者という感じですが、やはりハリポタと比べてしまうとちょっと見劣りする感じはします。

ただ、パラレル・ワールドで、だれでもが自分の守護精霊ダイモンと共にあって、「スター・ウォーズ」シリーズのような「人間と動物」的な境がなく、その世界に存在するクマ族などの動物もキャラクターとして同じ目線で言葉を持つ世界観は、夢があって、これはこれで楽しめます。

 

大人が大まじめに引き込まれてしまう面白さかと言う点で考えると、ちょっとなにかがと言うよりは色々と足りないという感じがしますが、ファミリーでお子様を連れて単純になにも考えずに観るには、ある意味この世界観を楽しめるかも知れません。

なによりも、めずらしくニコール・キッドマンが悪役を演じていて、その美しさは健在であることで、私としては☆一個プラス♪と言う感じです(笑)

今年ニコール・キッドマンは妊娠中ではありますが、夫キース・アーバンと一緒に映画のプロモーションでは7年ぶり、来日は3年ぶりにプライベート・ジェットで来日する予定です。

3部作の第1作目ですが、続編はどうなっていくのでしょうかぁ~

 


映画「ライラの冒険-黄金の羅針盤」オリジナル・サウンドトラック/アレクサンドル・デプラ[CD]

~ おしまい ~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

映画「ライラの冒険-黄金の羅針盤」オリジナル・サウンドトラック映画「ライラの冒険-黄金の羅針盤」オリジナル・サウンドトラック
(2008/02/20)
アレクサンドル・デプラ、ケイト・ブッシュ 他

商品詳細を見る
別窓 | 映画「ら行」 | コメント:0 | トラックバック:57 | top↑
「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 /MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM(2008)」
2008-02-03 Sun 12:36

【マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 】2008年2月16日(土)公開

監督 ・ 脚本 : ザック・ヘルム
出演 : ダスティン・ホフマン/ ナタリー・ポートマン/ ザック・ミルズ 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★☆

 

「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋 /MR. MAGORIUM'S WONDER EMPORIUM(2008)」

 

 

監督は、「主人公は僕だった (2006) 」のザック・ヘルム。 脚本も手がけています。

主演は、映画ファンならきっと誰でもタイトルぐらいは知っていると思われるマイク・ニコルズ監督作品であの不朽の名作「卒業 (1967)」のダスティン・ホフマン。 1979年・第52回アカデミー賞主演男優賞を受賞した「クレイマー、クレイマー (1979) 」、「トッツィー (1982) 」、1988年・第61回アカデミー賞主演男優賞を受賞した「レインマン (1988) 」など印象的な映画を主演してきた個性派俳優ですね。最近では、「主人公は僕だった (2006) 」や「パフューム ある人殺しの物語 (2006)」にも出演していますが、「ホリデイ (2006) 」などあまりシーンの多くないカメオ的な出演でも存在感を示していました。そして、御歳70歳にして久々の主役マゴリアムおじさんを演じています。

ヒロインは、イスラエル出身で、父は医師、母はアーティストとセレブな家庭に育ち、ハーバード大学を卒業した知性派のナタリー・ポートマン。今も絶大なファン層を持つ「スター・ウォーズ シリーズ」でクィーン・パドメ・アミダラを演じてその清純派なイメージが定着していましたが、その後は女優としてさらなるステップアップを目指して、「クローサー(2004)」でストリッパー役を好演し、「Vフォー・ヴェンデッタ (2005) 」では髪を剃って衝撃的役に挑んでいます。

また、インターネットで全編配信されてしまった事で話題だった、ウェス・アンダーソン監督の13分間の短編コメディ「ホテル・シュバリエ(Hotel Chevalier)」では、ボディダブルなしのヌードも公開しています。この作品は、日本未公開の「ダージリン急行」のプロローグ的作品です。

本作では、またがらっとイメージが変って夢見るような魔法のおもちゃ屋を舞台にしたファンタジーに出演しています。

昨年アメリカのインスタイル誌が発表したセレブおしゃれ度ランキング“スタイル20”では、堂々の1位にランキングされました。2位ドリュー・バリモア、3位キャメロン・ディアスと続いています。

また、イギリスエンパイア誌が発表した「最もセクシーな映画スタートップ100」では、アンジェリーナ・ジョリーに次いで2位にランキングされました。ちなみに余談ですが、ジョニー・デップは、男優では3位ダニエル・クレイグに次いで5位にランクインしています。 ( ̄ヘ ̄)ウーン ダブルオー7に負けたか・・・・ちょっとくやしいっす。

 

 

そして、共演は、「ハリウッドランド (2006) 」でシカゴ・トリビューン紙から「大きな耳の奇跡」と賞賛された今後注目の天才子役ザック・ミルズ。なかなか良い味出しますね~

 


Story : 創業113年、世界でただひとつの不思議なおもちゃ屋は、マゴリアムおじさんの魔法で全てが輝き、楽しいお店は連日大盛況。一歩足を踏み入れれば、大人も子供も時の経つのを忘れて夢中になってしまうほど。そんなある日、243歳を迎えたマゴリアムおじさんが引退してモリーに店を譲ると宣言すると、おもちゃたちは大反対してストライキ。モリーが魔法を身につけなければ店は破滅してしまう!果たしてモリーの運命は…?



「2008年2月16日公開 」

 

ー 作品情報 より ー

 

 

このところ暗い役が多かったナタリー・ポートマンのこの映画での素敵な笑顔が観たかった、それがこの映画を観たかった理由なのです。

愉快な魔法のおもちゃ達に囲まれてとってもカラフルで可愛いし、アイデアはとっても面白いし、ダスティン・ホフマン、ナタリー・ポートマン、ザック・ミルズと配役もばっちり。

なのに、大人が観るにはちょっと物足りない・・・・・・

子供向けに作ってあるのなら、もっと子供目線でストーリーを展開するほうがわかりやすいのに・・・・・描かれているのは、ナタリー・ポートマン演じるモリーの自信喪失とその克服のテーマをメインに描いているため、子供に理解できるのだろうかとちょっと心配・・・・

メリハリがなく、コメディ的要素が含まれているのに、ジョークのセンスがイマイチで中笑いという感じ・・・・

というよりも、「主人公は僕だった (2006) 」もそうだったように、ザック・ヘルム監督の脚本がちょっとわたし的に好みではないからなのかも知れません。

映像は綺麗です。特にラストはとっても素敵でした*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 

 

 

 

~ おしまい ~

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

||  ||  || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋―Magical Movie Novelマゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋―Magical Movie Novel
(2008/02)
スザンヌ・ウェイン

商品詳細を見る
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:2 | トラックバック:26 | top↑
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。