スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 スリーピー・ホロウ / SLEEPY HOLLOW (1999) 」
2007-05-29 Tue 20:23
監督 : ティム・バートン
出演 : ジョニー・デップ /クリスティナ・リッチ/ミランダ・リチャードソン
原作 : ワシントン・アーヴィング  
  || 

「 スリーピー・ホロウ / SLEEPY HOLLOW (1999) 」<ネタバレ有り>

やっぱりジョニーは、はずしたキャラが魅力的。

 

 

監督は、一貫して独自の世界観を持つ、ティム・バートン。

主演は、ジョニー・デップ。以下は「 ギルバート・グレイプ 」を参照お願いします。「シザーハンズ (1990) 」以来のティム&ジョニーコンビは不滅ですね。永久欠番を与えたい・・・(笑)って野球ちゃうし・・。しかも引退していなし(笑)

共演は、「アダムス・ファミリー」シリーズのあの鉄面皮のウェンズデーを演じたクリスティナ・リッチ。あれから19歳になって大人になりましたね。

 


 Story :  1799年。ニューヨーク北方の寒村スリーピー・ホロウで首なし連続殺人事件が発生。科学捜査に賭ける下級巡査イカボッド(ジョニー・デップ)は事件の捜査のため同地に派遣され、宿を提供した大地主バルタス(マイケル・ガンボン)ら村の長老から、南北戦争時に悪名を馳せた首なし騎士(クリストファー・ウォーケン)が殺人を続けていると聞かされる。にわかには信じがたい話だったが、首なし騎士はイカボッドの前に姿を現して村の重役連を血祭りにあげていく。一度はおじけづく彼だったが、バルタスの娘カトリーナ(クリスティーナ・リッチ)と殺された父の復讐を誓う少年ヤング・マスバスの協力を得て首なし騎士を探すべく、森へ踏み込み、ついにその棲み家である怪木を発見。イカボッドは誰かが騎士を操り、特定の人間を殺していると推理した。調べを進めるうちにバルタスが村の長たるヴァン・ギャレット家の遺産を狙っていたことを知るが、その彼もカトリーナの前で殺された。カトリーナは気絶するが、床には魔術の“呪いの眼"が書かれていた。イカボッドは彼女が犯人だと思い、村を立ち去ろうとする。だが、真犯人はバルタスの後妻ヴァン・タッセル夫人(ミランダ・リチャードソン)だった。かつて村民に村を追われた魔女の娘である彼女は、首なし騎士を利用して復讐の機会をうかがっていたのだ。かくして真相を突き止めたイカボッドはカトリーナを救出し、夫人ともども首なし騎士を地獄へ送り返して事件を解決するのだった。


スリーピー・ホロウ[ SLEEPY HOLLOW ]



[  1999年公開 ]

ー goo 映画 より ー

 

一見ホラーかなと思わせつつ、サスペンス要素でありながら結局はファンタジーと言う表現がぴったりする作品ですね。私は、首が取れちゃうシーンなどは、「スリーハンドレッド」で既にならされて居ますし、映像的にも彩度を極力落としてあって、生々しさは感じませんので恐怖はほとんど感じさせません。

とにかく映像が絵画的で美しいです。意図的に彩度を下げた風景に際だたせたい色だけにその主張を許した映像とでも言えましょうか。

主人公のジョニー演じるイカボッドと共に事件を解決するのに協力するキャラが子供中心と言うことで比較的ターゲットは、「 子供>大人 」という感じですね。大人が十分楽しめるギリギリの子供向け映画を目指している感じです。見ていながらジム・キャリーの「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語 (2004)」にターゲット目線が似ている気がしました。とは言え、小さい子供にはちょっと恐い部分もあり子供には見せたくないシーンもちらりとあったりしますが・・・・。

犯人の自供のみに頼る当時の事件解決法に疑問を抱き、捜査と言う解決法を実践し、事件の真相を解決し悪魔払いが集結したと同時に、新しい事件解決法の夜明けと新しい世紀を迎える瞬間の映像に、彩度が戻ったところが心憎い設定だと思いました。これが言いたくて1799年と言う時代設定を選んでいるのですね。

 

メル・ギブソン監督作品 「 アポカリプト 」

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション> スリーピー・ホロウ <コレクタ-ズ・エディション>
ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチ 他 (2000/09/20)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「さ行」 | コメント:6 | トラックバック:3 | top↑
「 妹の恋人 / BENNY &JOON (1993) 」
2007-05-26 Sat 23:35
監督 : ジェレマイア・チェチック
出演 : ジョニー・デップ /メアリー・スチュアート・マスターソン/エイダン・クイン
原作 : バリー・バーマン  
  || 

「 妹の恋人 / BENNY & JOON (1993) 」

ジョニーにはファンタジーが良く似合う

 

 

監督は、ジェレマイア・チェチック

主演は、ジョニー・デップ。以下は「 ギルバート・グレイプ 」参照

共演は、自閉症のジューンを演じる、「恋しくて (1987) 」、「レオポルド・ブルームへの手紙 (2002)」のメアリー・スチュアート・マスターソン。

そして、ベニー役には、「わが心のボルチモア (1990) 」のエイダン・クイン。凄く魅力的なのに、日本での知名度は低いのでしょうか?というより私が知らないだけかもしれませんが、有名な代表作と呼べる作品がみあたらないですね。

 


 Story : 幼い頃に火事で両親を亡くした兄妹ベニー(アイダン・クイン)とジューン(メアリー・スチュアート・マスターソン)は静かな片田舎で暮らしていた。神経過敏で精神の安定を欠くジューンをベニーは親のような感情で見守っていた。精神科医のガーペー(C・C・H・パウンダー)はジューンを施設に預けるよう勧めるが、ベニーには決心がつきかねていた。同僚のエリック(オリヴァー・プラット)は、ベニーにもっと自分の人生を大事にしろと忠告する。ある日友人トーマス(ダン・ヘダヤ)の家でポーカーに負けた兄妹は、そのツケで勝負の相手のマイクの家に居候しているいとこのサム(ジョニー・デップ)を引き取る破目になる。サムは読み書きもできず、ほとんど口もきかない風変わりな青年。だが不思議なことに、ジューンは彼を気に入ったらしい。ある日兄妹とサムは公園へピクニックに出かけるが、昨夜ウェイトレスのルーシー(ジュリアン・ムーア)とのデートに失敗したベニーは元気がない。サムは彼をはげまそうと帽子を使ってパントマイムを始める。周囲にはいつしか人垣ができ、サムは人々の笑顔に包まれていた。その夜、サムとジューンは心のままに結ばれる。サムの才能に驚いたベニーは、コメディアンのオーデションを受けさせる手はずをつけるが、それが気に食わないジューンと言い争いになり、ベニーはサムとジューンの仲が急進展していたことを知る。怒ったベニーはサムを家から叩き出す。サムとジューンは駆け落ちしようとするが、緊張のあまりジューンは発作を起こしてしまう。ジューンはそのまま精神病院に入院した。兄の面会を拒み続けるジューンの態度に、ベニーは今彼女に必要なのはサムだと気づく。ベニーとサムは病院に忍び込み、ジューンを病院から連れ出そうとする。ジューンは最初サムの心情を理解できなかったが、結局ジューンとサムは一緒に住むことに。ベニーの方は2人の住むアパートの管理人との間で新しい恋が生まれそう。


初回限定生産20世紀フォックスホームエンターテイメント
妹の恋人<特別編>



[  1993年公開 ]

ー goo 映画 より ー

 

原題では、「BENNY & JOON」と付けられているように、ベニーとジューンが主役だと思うのですが、日本では、微妙な邦題になって、ジョニーが主役扱いになっていますね。確かに日本での知名度ではジョニーが一番だから?かもしれませんけれどね。

不幸な事故により両親が亡くなり、兄妹二人が取り残され、たった一人の肉親である自閉症の妹ジューンを施設にも入れずに必死に守って来た兄ベニー。昨日鑑賞した「ギルバート・グレイプ」でもストーリーのコンセプトが似ています。妹のためにだけ自分の人生を犠牲にして生きていた時に、自分の人生の中に現れる恋人の存在との葛藤が兄妹の間に微妙に生じるすれ違いと苛立ちが起こり衝突が起るところなども似ています。本作では、兄弟を守って生きてきた兄役がジョニーではなく、エイダン・クインが演じるベニーです。そして、ひょんな事から家にやってくることになった居候的サムがジョニーですね。

「ギルバート・グレイプ」の中でその人生を変えてくれた、ベッキー的存在がジョニー演じるサムと言うわけです。

「ギルバート・グレイプ」と違っているのは、同じコンセプトでありながら方向性が違うと言うか、本作はジョニーの存在がコミカルなところですね。心温まるヒューマン映画なところは同じですが、どちらかと言うとこちらのようなファンタジックなキャラクターがジョニーの魅力をより引き立たせてくれています。

ジョニー演じるサムは、「シザーハンズ (1990) 」のエドワードなどに見られるような無垢なキャラクター。サムのテイストは後に進化し、より現代的な「チャーリーとチョコレート工場 (2005) 」のウォンカのキャラに繋がっているのですよね。

    

普通と言うのがどういう線引きで表現されるのかは人それぞれの価値観と言えるでしょうが、一般に言われる身体的に「五体満足」でないという他に脳に物理的あるいは精神的に障害があるなどのハンデを持って正常な生活ができない家族を持った、特に収入などの一家の生活を担わなければならない立場に居ながら、家族を愛するが故に淡々と自分の人生を犠牲にして来た主人公に必ずと言って良いほど遭遇する人生の転機を描く映画は多いですね。

人それぞれ生まれ落ちたからには、それぞれの自分自身の幸せとか人生というものが用意されていると言う事ですね。また、そうあるべきなのでしょうね~

今まで、それが一番良いと信じて疑わなかった生活が、それが肉親への愛だと思ってしてきたことが、必ずしも正しいと言うわけではないことや、運命の出会いによって一度壊され、あるいは崩れてぶつかり合って初めて、それぞれのほんとうの幸せが見えてくる・・・。そんな映画です。

そして、本作がそれだけで終わっていないというのは、ジョニー演じるサムの愛すべきキャラクターが映像にもストリーにもにコミカルな色彩と温かみを加えているです。天性の人を楽しませたり、生きることそのものが枠にとらわれないで自分流で自分自身も楽しんでしまうやり方を生み出す天才であったりするキャラクターサムが観る人の心を捉え、心地よい印象を残してしまうのですね。

 

 

 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「あ行」 | コメント:5 | トラックバック:14 | top↑
「 ギルバート・グレイプ /WHAT'S EATING GILBERT GRAPE (1993) 」
2007-05-25 Fri 17:45
監督 : ラッセ・ハルストレム
出演 : ジョニー・デップ  / ジュリエット・ルイス
原作 : ピーター・ヘッジズ  
  || 

「 ギルバート・グレイプ /WHAT'S EATING GILBERT GRAPE (1993) 」<ネタバレ有り注意>

 

監督は、「マイライフ・アズ・ア・ドッグ(1985)」、「サイダーハウス・ルール(1999) 」でアカデミー賞監督賞にノミネートされているラッセ・ハルストレム 。

主演は、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズなど変幻自在な演技力で、今、世界で最も愛されている俳優のひとりで、代表作はあげ出したらきりがないほどたくさんありすぎるジョニー・デップ。美しい容姿と演技力を持ちながら未だにG・グローブ&アカデミー賞においては無冠の帝王ですが、パイレーツシリーズのこれだけのヒットを持ってして、そろそろいかがでしょうかぁ~?

ラッセ・ハルストレム監督作品では「ショコラ」でも出演していますね。

共演には、「ナチュラル・ボーン・キラーズ(1994) 」のジュリエット・ルイス。

そして、「タイタニック(1997) 」が歴代の興行収入塗り替えるほど世界中で大ヒットとなり、2004年・第62回ゴールデン・グローブ賞では、「ネバーラン(2004)ド」のジョニー・デップを抑えて「アビエイター(2004) 」で主演男優賞を受賞したレオナルド・ディカプリオ

本作では知的障害児を熱演し、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

 

 


 Story : 人口千人ほどの田舎町、アイオワ州エンドーラ。24歳のギルバート・グレイプ(ジョニー・デップ)は、大型スーパーの進出ではやらなくなった食料品店に勤めている。日々の生活は退屈なものだったが、彼には町を離れられない理由があった。知的障害を持つ弟アーニー(レオナルド・ディカプリオ)は彼が身の回りの世話を焼き、常に監視していないとすぐに町の給水塔に登るなどの大騒ぎを起こすやんちゃ坊主。母のボニー(ダーレーン・ケイツ)は夫が17年前に突然、首吊り自殺を遂げて以来、外出もせず一日中食べ続けたあげく、鯨のように太ってしまった。ギルバートはそんな彼らの面倒を、姉のエイミー(ローラ・ハリントン)、妹のエレン(メリー・ケイト・シェルバート)とともに見なければなれなかった。彼は店のお客で、中年の夫人ベティ・カーヴァー(メアリー・スティーンバージェン)と不倫を重ねていたが、夫(ケヴィン・タイ)は気づいている。ある日、ギルバートは沿道にキャンプを張っている美少女ベッキー(ジュリエット・ルイス)と知り合い、2人の仲は急速に深まる。だが、家族を捨てて彼女と町を出ていくことはできなかった。そんな時、ベティの夫が死亡し、彼女は子供たちと町を出た。一方、アーニーの18歳の誕生パーティの前日、ギルバートは弟を風呂へ入れさせようとした時、いらだちが爆発して暴力を振るってしまう。いたたまれなくなって家を飛びだした彼の足は、自然にベッキーの元へと向かった。その夜、彼は美しい水辺でベッキーに優しく抱きしめられて眠った。翌日、車の故障が直ったベッキーは出発した。華やかなパーティも終わり、愛するアーニーが18歳を迎えた安堵からか、ボニーは2階のベッドで眠るように息を引き取る。母の巨体と葬儀のことを思ったギルバートは「笑い者にはさせない」と決心し、家に火を放つ。一年後、ギルバートはアーニーと、町を訪れたベッキーのトレーラーに乗り込む。姉や妹も自分の人生を歩きだした。アーニーが「僕らはどこへ?」と尋ねると、彼は「どこへでも、どこへでも」と答えた。


ギルバート・グレイプ


[ 1993年公開 ]

ー goo 映画 より ー

 

父親の自殺、そのショックとストレスで食べ続け一歩も動けなくなった巨漢の母や知的障害を持って生まれた弟など、問題のある家族を抱え懸命に家族を守ろうとしている一家の長男と姉妹愛を描くストーリー自体は、どこにでもありがちなものですが、脚本も良いですし、なんと言っても知的障害を持つ弟役を演じたレオナルド・ディカプリオが素晴しかったです。

その年のオスカーの作品に輝いた「シンドラーのリスト」のレイフ・ファインズや助演男優賞を受賞した「逃亡者」のトミー・リー・ジョーンズなどに混じって一歩もひけをとらない感じがしますね。

姉妹が協力してくれていたとしても、自分のすべてを殺して、長男として一人で抱えて生きていくのには、想像以上の忍耐と自己との葛藤と戦っていたに違いないのに、それでも心から無償の愛で母をささえ弟守って来たジョニー演じるギルバートが、トレイラーの故障でしばらく滞在を余儀なくされたジュリエット・ルイス演じるベッキーと出会い、彼女の持つ奔放さと明るさに触れて行くにつれ、自分が目の前の風景しか見て生きていなかった事に気づかされ、芽生え始めた愛と心の葛藤をうむことになり、少しずつ開き始めた心の隙間を、度重なる弟との摩擦で爆発してしまう時が来ます。

観ていて容易に想像出来る展開ではあるものの、と言うより、だからこそ共感出来るものがあり、そしてなにより本作が心に残るのは、一貫して存在する兄弟姉妹愛が優しいところと、自由への希望溢れるラストシーンでした。

実は私は、オーランド・ブルーム目当てで観た「パイレーツ・シリーズ」でジョニー演じるジャック・スパロウのファンになったのですが、パイレーツのジャック・スパロウに出会わなければ、この作品を始めとする演技派ジョニーの映画にもあまり出会えなかったと思うと、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズにも大変感謝したいです。

 


サイダーハウス・ルール(DVD) ◆20%OFF!


ショコラ

 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「か行」 | コメント:8 | トラックバック:7 | top↑
「 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2007) 」
2007-05-24 Thu 22:25
監督 : ラリー・チャールズ
出演 : サシャ・バロン・コーエン  / ケン・ダヴィティアン
原案・脚本・製作 : サシャ・バロン・コーエン  
公式HP  || 

「 ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(2007) 」

原題(BORAT: CULTURAL LEARNINGS OF AMERICA FOR MAKE BENEFIT GLORIOUS NATION OF KAZAKHSTAN)

 

 

監督は、フォークの神様ボブ・ディランが自ら脚本を手掛け主演した異色の音楽コメディ「ボブ・ディランの頭のなか(2003) 」のラリー・チャールズ。

主演は、製作 ・原案 ・脚本 ・キャラクター原案 ・出演まで手がけ、本作でGグローブ賞コメディ/ミュージカル部門とLA批評家協会賞で主演男優賞を受賞したサシャ・バロン・コーエン。「マダガスカル(2005)」では、キング・ジュリアンの声を担当しています。

ボーラットはコメディ番組 「Da Ali G Show」での反ユダヤ主義、女性蔑視的キャラクターから生まれたそうです。

今年夏にクランクインする「ブルーノ」で、イギリス人俳優のギャラ・ランキングでNO1になるとか・・・。ユアン・マクレガーやキーラ・ナイトレイでさえ23億円と言うのに、本作と同様オリジナルキャラクターのブルーノと合わせて35億円のギャラを手にすることになるそうです。彼は現在、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の「スウィーニー・トッド」に出演中です。

余談になりますが、ジョニーと言えば、重体だった愛娘リリー・ローズちゃんの回復に伴って「スウィーニー・トッド」の撮影に復帰したデップの衣装姿がパパラッチされ、黒髪に一筋の白髪、袖の膨らんだシャツにぴったりのチョッキ、細身の縞模様のズボンという出立ちが判明したとか・・・・。こちらも楽しみですね。

 


 Story : カザフスタン国営放送のレポーター、ボラットは、国家情報省の命令で、ニューヨークにやってきた。目的は母国の発展のためにアメリカ文化を学ぶこと。早速ユーモア指導の先生を訪れ、アメリカンジョークを習うが、どうもしっくりこない様子。更にフェミニスト主義の淑女たちと話すも、「女性の脳は男性よりも小さい」説は間違っていると言われ…。ボラットはTVで観て一目ぼれした女優に会いに、カリフォルニアを目指すことに…。


[  2007年5月26日公開 ]

ー goo 映画 より ー

 

カザフスタン共和国は、1991年12月16日にロシアから独立し、ロシア連邦、中華人民共和国、キルギス、ウズベキスタン、トルクメニスタンと国境を有している、ヨーグルトでおなじみのカスピ海に面した国です。

全米で大ヒットを飛ばして、世界各国で初登場1位との事で、予告で見た、便器で顔を洗っちゃうハチャメチャな画が面白そうで、凄く興味をそそって楽しみにしていたのですが、あまりの荒唐無稽ぶりにちょっと絶句(笑)

カザフスタン政府からの抗議もあったそうですし、サシャ・バロン・コーエン自身もユダヤ系イギリス人でありながら、ユダヤを敵視するボラットと言うキャラクターを創り出しています。ユダヤ人を差別するアメリカの人達に対する強烈な風刺的内容になっています・・・。

笑えないジョークというか風刺満載で、のんきに楽しむ気分にはなれないまま、終わってしまいました(笑)

バカには理解不能なバカです。・・・とのキャッチからすると、これを理解しない私はバカ・・・・なのねヽ(´-`)ノ(笑)

劇場でお金を出して観てたら腹立たしいだろうなぁ~~お金返せって、きっと言いたくなるよね。

 

 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様)ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習(完全ノーカット版)髭&MANKINI水着付なりきりBOX (Amazon.co.jp仕様)
(2007/12/21)
サシャ・バロン・コーエン

商品詳細を見る
別窓 | 映画「は行」 | コメント:2 | トラックバック:27 | top↑
「 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド PIRATES OF THE CARIBBEAN:  」
2007-05-23 Wed 09:23
監督 : ゴア・ヴァービンスキー
出演 : ジョニー・デップ  /オーランド・ブルーム /キーラ・ナイトレイ
 
公式HP  || 

「 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド PIRATES OF THE CARIBBEAN: AT WORLD'S END (2007) 」

公開3日間の興行収入記録を塗り替え、大ヒットとなっています。

<ちょっぴりネタバレかもね。>

 


その他の出演者


ジェフリー・ラッシュ キャプテン・バルボッサ 
ジョナサン・プライス スワン総督
ビル・ナイ デイヴィ・ジョーンズ
チョウ・ユンファ キャプテン・サオ・フェン
ステラン・スカルスガルド ビル・ターナー
ジャック・ダヴェンポート ジェームズ・ノリントン
トム・ホランダー ベケット卿
ナオミ・ハリス ディア・ダルマ
デヴィッド・スコフィールド マーサー
ケヴィン・R・マクナリー ギブス
リー・アレンバーグ ピンテル
マッケンジー・クルック ラゲッティ
デヴィッド・ベイリー コットン
キース・リチャーズ 掟の番人ティーグ

 


 STORY : ついに海賊の時代は、終わりを告げようとしていた。世界制覇をもくろむ東インド貿易会社のベケット卿は、デイヴィ・ジョーンズの心臓を手に入れ、彼と最強のフライング・ダッチマン号を操り、海賊達を次々と葬っていく。いまや海賊達が生き残る道はただ一つ。9人の“伝説の海賊”を召集し、世界中の海賊達を蜂起させ一大決戦を挑むのみだった。だが、鍵を握る9人目の人物こそ、ジャック・スパロウ、その人だった……。

舞台はカリブ海からアジア、そして前人未到の“世界の果て(ワールド・エンド)”へ。滅亡の危機に追い込まれた海賊達は、世界各地の海を治める“伝説の海賊”たちの名のもとに集結し、海賊史上類のない、最初にして最後の決戦のために立ち上がる。自由を愛するジャック・スパロウ、海賊の魂を持つ令嬢エリザベス・スワン、海賊の血をひく情熱家ウィル・ターナー、あの愛すべきヒーローたちが壮大なる3部作のクライマックスに向けて、ついに最後の冒険へと旅立つ。(作品資料より)


[ 2007年5月25日公開 ]

 

bigrobe特設サイトにて、(こちらへ→)独占生ライヴ中継されたジャパンプレミアの動画です。

 

ここのところ、アジア・プレミアでレッド・カーペットに現れたデイヴィ・ジョーンズの正体がTVで放送されていますね。マスコミの方々を始め、誰も目立ちたがり屋の新庄さんだったとは気が付かなかったようです。

 

っと言うことで、やっと観てきました。遅い!遅すぎですね(笑) 私にしては・・・・。

そして、感想も書く暇もなくちょっと放置されていました(笑)・・・っという事で書くか~

 

 

今日TBSの「学校へ行こう」でジョニーが例によって出演してくれましたね☆

ジョニーってパパだけあって、すご~っく喜んでくれている様子でしたが、いやぁ~~な汗かいてましたね(爆笑)、、ほんとにいい人だ~☆

来週はいよいよオーリーの番です。凄く楽しみなのだ。

 

シリーズ三作目、ワールドエンドの内容を総括すると、「動物たちの影なる大活躍の巻☆」・・・・っという感じです。

シリーズ2作目でデイヴィ・ジョーンズのペット、深海の魔物クラーケンに襲われるところで終わってしまい、その行く末を案じられたキャプテン・ジャック・スパロウは、安否がわからないまま前半数十分、その穴をみごとに埋めてくれたのはオーランド・ブルーム演じるウィルでもなければ、キーラ・ナイトレイ演じるエリザベスでもない。・・・っと書いていけば、じゃぁ、チョウ・ユンファ 演じる話題のアジアの海賊キャプテン・サオ・フェンか?っと想像されますがぁ~、実は誰あろう、ジャックなのでした(笑)。

ジャックはジャックでも、ジェフリー・ラッシュ演じるキャプテン・バルボッサのペット、お猿のジャックですけどね(笑)

ナオミ・ハリス演じるティア・ダルマによって、ワールド・エンドに幽閉されているジャック・スパロウを救うためには、サオ・フェンの持つ海賊の地図が必要と言うことがわかり、エリザベスやバルボッサがその地図を入手するために奮闘します。あれ?ウィルはいったいどうしちゃったの?っと思った矢先、あんなお姿で登場します(涙)・・・・・う~ん、水もしたったっちゃういい男です(笑)

シンガポールでサオ・フェン一味と壮絶な戦いを繰り広げるウィル、エリザベス、バルボッサ達に負けず劣らず大活躍したのが、バルボッサのペットお猿のジャックです。特に、大砲をぶっ放すシーンなどで、ジョニー演じるジャック・スパロウが登場しなくても十分楽しませてくれました。雪降る氷山を抜ける船の中で凍えるジャックもかわいかった・・・・

勿論ジョニーに逢いたくてアジア・プレミア試写や劇場に駆けつけたジョニーファンの皆様には、長い、長い前置きだった事でしょう・・・・

そして、ブラック・パール号とキャプテン・ジャック・スパロウを救う事になるのが、いったい何匹いるんだろうと思われるカニさんの存在。

2作目でジャック・スパロウの後釜の神に据えられた鍵の番人のワンちゃんは、1作目でジャックがバルボッサに裏切られ、脱出不可能な孤島に置き去りにされた時の奇跡の脱出法をマネして亀に乗って帰ってきて、またもや意外な人に使えて鍵の番人を務めていました。

 

本作では、動物はさることながら ( ・・ってお猿のジャックにかけているわけではないですけど(笑)ね )、キャラクターすべてに一応スポットを浴びせる形になっていて、シーリーズを通して出演する主要キャラクターがほぼ全員出てきます。その分前作を予習していないと誰が誰やらと訳がわからなくなる方もいらっしゃるかと思いますので、前シリーズ2作品を復習してから観たほうが楽しめるでしょうね~。テレ朝で、1作目の呪われた海賊が放送されましたので、ご覧になった方はある程度大丈夫でしょうが、本作のキーとなるディビー・ジョーンズの宝物?が入っているチェストの中身がわかっていないと本作でのストーリーがちょっと見えずらいかもしれませんね~。

 

そして、二転三転と利害関係によって裏切り、裏切られ~の、分けからない相関図。なかなか考えられた末のやりたい放題で、観る側も翻弄され気味。

 

デイヴィ・ジョーンズが呪いによってタコ人間になってしまった真相や、その切ない恋の詳細も証され、好きこのんであんな姿になったわけでない人間デイヴィ・ジョーンズもかいま見れてしまいます。

そして、最後までエリザベスを愛していたノリントンは、エリザベスに誤解されたまま、あんな事になってしまいます・・・・

東インド貿易会社のベケット卿による海賊の滅亡の危機を、なんとか阻止すべく集められた9人の伝説の海賊長達の評議会によって立ち上がった海賊達の戦いは、1作目2作目に負けず劣らず壮絶なものになりました。多勢に無勢、勝機の見えない戦いに敢然と現れる救世主のお姿は、だれあろう・・・・・・っとこれ以上は秘密です(笑)詳細は、観てのお楽しみ☆

終始スクリーンに出ずっぱりのエリザベスの男前っぷりが目立った作品になりましたが、そのエリザベスを巡る愛の行方はラストに集結します。

話題のキース・リチャーズ演じる掟の番人ティーグは、シーンは短いのですが、おいしいところで登場し、ギターまで弾いちゃってその存在感とカリスマ性は演技においても健在ですね☆そして、ジャックのママの存在にはちょっと笑いました(笑)

シンガポールの海賊長キャプテン・サオ・フェンは、バルボッサよりも血も涙もない男と言われる割には、エリザベスの美しさの前には優しいおじさんだったのは拍子抜けしちゃたなぁ~。

しかし、ティア・ダルマはいったい、巨大な渦巻きを起こしてどうしたかったのだろうか・・・・。なんだか意味不明だったけど、あの大嵐のおかげで、ウィルの美しく凛々しいお姿がより映えました☆

 

ほんのチョイ役のキャラに対してもほぼ全員に一言二言シーンと台詞が用意されていて、1作目と2作目に集めたおもちゃを、ば~~んっと、3作目で部屋にぶちまけた・・そんな、ある意味楽しすぎる映画になっていました(笑)

この状態を楽しむか、あっけにとられるかは観る人次第・・・という感じです。

映画の出来としては、ちょっと微妙~~な感じなんだけど、勿論、ジョニーファン、オーリーファン、キーラファンには楽しすぎる作品でしたね。まさにお祭りエンターテイメントですね。

 

 

エンド・クレジッットの後には重要なシーンが待っていますので、くれぐれも途中でお席を後になさらないようにおすすめします。

お隣に座っていたアメリカン・スクールの5~6人の女の子のグループは、日本語がきっと聞き取れなかったのかもしれません。入場の際には、クレジット後の重要なシーンの告知をしていたのですけど、エンドロールが終わるのを待ち切れなかったのでしょうね。早々に帰ってしまいました。

彼女たちが私の前を通るときに、教えてあげようかと一瞬思ったのですが、いにしえの英文科卒の英語力がとっさに出て来ませんでした(笑)、なさけないなぁ~ヽ(´-`)ノ

 

とにかくラストは、振り出しに戻った感のあるキャプテンジャック・スパロウ、そして、ウィル、エリザベスのその10年後が描かれており、続編を臭わせる終わり方?になっています~。

 

今日予約していたDVDが届きました+。:.゜ヽ(*´∀`)バ゜.:。+゜
まだ注文していなかった人は急ぎましょう♪

■パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド スペシャルエディション [2枚組] 
送料無料で26%オフ!!
楽天ブックスが一番安かったです♪

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

「 パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド PIRATES OF THE CARIBBEAN:  」の続きを読む
別窓 | 映画「は行」 | コメント:10 | トラックバック:45 | top↑
「 そのときは彼によろしく (2007) 」
2007-05-20 Sun 15:17
監督 : 平川雄一朗
出演 : 長澤まさみ  / 山田孝之 / 塚本高史
原作 : 市川拓司 『そのときは彼によろしく』(小学館刊)
公式HP  || 

「 そのときは彼によろしく (2007) 」

小説とは異なるラストシーンが待っている・・・

 

監督は、TBS制作の作品を中心に演出を手掛けて来て本作で映画監督デビューとなる平川雄一朗。

主演は、「 タッチ (2005) 」、「ラフ ROUGH (2006)」、「涙そうそう (2006) 」と青春映画には欠かせない長澤まさみ

共演は、「電車男 (2005)」で大ヒットを飛ばし、「手紙 (2006) 」では自分のために兄が犯してしまった過ちのために待ち受けていた過酷な運命の中で罪を犯すとと言う現実の厳しさに耐えながら、兄弟愛を修復して行こうとする弟を好演していた山田孝之

そして、同じく共演は、「木更津キャッツアイ シリーズ (2003~2006) 」、「タイヨウのうた (2006) 」ではYUIが演じた難病と闘う少女薫を励ます孝治役を好演した塚本高史。世田谷区の高級住宅街に一戸建てを購入し、一般女性と結婚する予定である事が判明しましたが、本人は否定したとか、そうでないとか・・・。24歳の若さで世田谷に一戸建てだなんって、しっかり者なんですね~。

最近、モー娘。の辻ちゃんとか、若いタレントの出来ちゃった婚のニュースが多いですねぇ~。

 


Story : 水草の店を営む智史の元に、ある日、智史の幼馴染でスーパーモデルの森川鈴音が現れる。13年ぶりの再会を喜ぶ2人だったが、もう1人の幼馴染みの祐司は事故に遭い昏睡状態だった……。



[  2007年6月2日公開 ]

ー 作品情報より ー

 

 

この映画の印象は一言で言うと 「 眠れる森のまさみ姫 」

ピュアなおとぎ話の現代版という感じかな・・・・

ローティーンからピュアな心を失っていない大人の為のファンタジー・・・・

 

原作を読んでいない私は、キャスティングから観て、観に行った当初は、青春ムービーだと思っていたので、あまり期待はしていませんでした。

でも、映像が非常に美しいのと、単なる青春ストーリーでないことで、意外にも楽しめました。

滝川花梨、画家になる事が夢だった五十嵐佑司、水草に美しを感じアクアプランツ(水草)の店を経営する遠山智史、ある廃バスの秘密基地での出会いで生涯の堅い友情とピュアな恋が芽生えて、その強い力が10年経って強力に引き合うファンタジー。

 

 

 
そのときは彼によろしく オリジナル・サウンドトラック
販売価格 2,913円 (税込 3,059 円) 《送料無料》

 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

そのときは彼によろしく そのときは彼によろしく
サントラ (2007/05/30)
ERJ

この商品の詳細を見る
そのときは彼によろしく スタンダード・エディションそのときは彼によろしく スタンダード・エディション
(2007/12/21)
長澤まさみ;山田孝之;塚本高史

商品詳細を見る
別窓 | 映画「さ行」 | コメント:0 | トラックバック:31 | top↑
「 しゃべれども しゃべれども(2007) 」
2007-05-12 Sat 19:50
監督 : 平山秀幸
出演 : 国分太一  / 香里奈
原作 : 佐藤多佳子 『しゃべれども しゃべれども』(新潮社刊)  
公式HP  || 

「 しゃべれども しゃべれども(2007) 」

原作は、1997年「本の雑誌ベスト10」で第1位に輝いた作品です。

 

監督は、「愛を乞うひと(1998) 」で日本アカデミー賞監督賞を受賞した平山秀幸。

主演は、「ファンタスティポ (2004) 」で同じジャニーズの堂本剛 (KinKi Kids)と共演し映画出演して以来2度目の映画となる国分太一。私は未見ですが、「ファンタスティポ (2004) 」での音楽ユニット“トラジ・ハイジ”は、実際に同じ名義で2005年1月にCDデビューも果たしました。映画より歌のヒットのほうが記憶に残っていますが・・。

 


 Story : 東京・下町。うだつの上がらない二つ目の落語家、今昔亭三つ葉は、ひょんなことから落語教室を開くことになる。生徒は、美人だが無愛想で口の悪い五月、口は達者だが関西弁のためクラスになじめない少年・村林、そして、元野球選手の湯河原。3人は言い争ってばかりだったが、少しずつ上達していく。ある時、村林はいじめっ子と野球対決をして負けてしまう。悔しがる村林に、いじめっ子を落語で笑わせてやれ、と三つ葉は提案する。


[  2007年5月26日公開 ]

ー goo 映画 より ー

 

この映画に興味を持ったきっかけは、やはり撮影場所。去年クランク・インした頃、友人の家の近くで国分君の映画を撮影していると言う話を聞かされていて、友人の家に遊びに行く時、劇中で時々写される風景に、あの辺はよく通ったなぁ~なんって感慨深く感じながら見ていました。

ただ、うまく住所等を隠したり変えたりして撮られているのですね。確かにあそこは友人の家のすぐ近くの道だけど、あれ?住所表記が変えられているなぁ~なんって・・・・。

 

さて、余談から入ってしまいましたが、本題に入ろうと思います。

落語の世界は身近にないですし、寄席などに行った事もないのですが、日曜日の夕方など家にいて暇な時は、他に思白いTV番組がなかったりするので日テレの大喜利を見ることがあります。バラエティ番組やコントにしろ落語にしろお笑い系が大好きなので、劇中で役者が演じる落語でさえ思わず笑っちゃったりします。

特に、伊藤四郎は話し方が巧いですね。落語の小話を全編を通して演じられているわけではないので、その展開から落ちまですべてを聞いていないと面白いかどうかはわからないのでしょうけど、間の取り方やしゃべり方などはさすがですよね。

国分君が演じる今昔亭三つ葉は、伊藤四郎演じる古今亭小三文の弟子で何年経ってもうだつがあがらない二つ目のまま、同居している祖母が教える踊りのお弟子さんの一人の甥が、関西から転向してきて、言葉や野球のファン球団の事で、学校でいじめられているのを何とかしたいと相談を受け、話し方教室を開くことになる。国分君は、師匠の落語が好きで、古典にこだわる一本気な感じの青年を好演しています。

また、その三つ葉の最初の弟子となる小学生、村林優役の森永悠希が面白く良い味出しています。小学生の同級生にこんな子がいたらきっと人気者なのだろうな~っと思います。飄々とした子供らしさと、ある意味大人っぽい茶目っ気が同居した魅力溢れる子供です。

大阪弁が不自然かなと思ったりもしたのですが、プロフィールを見ると大阪の子なんですね。オーディションの段階ですでに落語の「まんじゅうこわい」を全編披露してこの役を勝ち取ったなどからもみえるように、この役が出来るのは、この子しかいない!っという感じです。

もう一人の弟子として現れた香里奈演じる十河五月は、美人なのに口の利き方が下手で自分の感情が素直に表現出来なくて、ある意味人間不信、自分でも何とかしたいとカルチャー・スクルーに通っているところで、三つ葉と出会う。

ぶっきらぼうな物言いで鉄面皮的なシーンが多いのですが、美人はどんな顔をしていても、美人だなっと感じさせます(笑)。

私には、TVドラマ「僕の歩む道」で、スマップの草薙剛演じる自閉症の輝明を支える幼なじみの都古ちゃん役を演じてた時からとっても好きな女優さんです。

そして、もうひとりの弟子となる松重豊演じる湯河原太一は、ほんとにこんな人いそう~っと思わせる元プロ野球選手。

この4人の自己再生のストーリーに、八千草薫演じる、三つ葉こと達也の祖母外山春子のなんとも絶妙な演技が加わって織りなすストーリー。

全編をとおして、特にどこがと、悪いところも感じないのですが、いまいち盛り上がりに欠ける気がしますね。

村林のエピソードはなかなか良かったのものの、わざと押さえ気味にしたのかもしれませんが、三つ葉と五月の出会いと恋愛に関しても影が薄い印象は否めないし、湯河原のエピソードにももう少しドラマチックな展開があっても良い気がします。

普通~にさらりと流れていったストーリーに大きな感動は得られなかったけれども、ほのぼのとした作品でした。

 

 


しゃべれどもしゃべれども
著者: 勝田文 /佐藤多佳子

 


映画「しゃべれども しゃべれども」 [初回限定生産] / サントラ 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「さ行」 | コメント:4 | トラックバック:39 | top↑
「 毛皮のエロス/ダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2007) 」
2007-05-08 Tue 23:00
監督 : スティーヴン・シャインバーグ
出演 : ニコール・キッドマン  / ロバート・ダウニー・Jr
原作 : パトリシア・ボズワース 『炎のごとく 写真家ダイアン・アーバス』(文藝春秋刊)  
公式HP  || 

「 毛皮のエロスダイアン・アーバス 幻想のポートレイト (2007) 」

「 (原題)Fur: An Imaginary Portrait of Diane Arbus (2007) 」

 

明るくて健康的なことが価値とされた1950年代の終わりのアメリカで、裕福で一流雑誌の写真家の夫に可愛い子供に恵まれていながら、自己の抑圧感に苛まれ隣人との出会いをきっかけに自立していく実在の女流写真家の半生にインスパイアされたファンタジー作品です。

 

 

監督は、「セクレタリー (2002) 」のスティーヴン・シャインバーグ。

主演は、「誘う女 (1995) 」でG・グローブ賞最優秀女優賞を受賞し、2001年に「トムの妻ではなく、独立した女優ニコール・キッドマンなりたかった」と言って、トム・クルーズと離婚した後、「ムーラン・ルージュ (2001) 」でG・グローブ賞で主演女優賞(コメディ/ミュージカル) を受賞し、「めぐりあう時間たち (2002) 」ではG・グローブ賞&アカデミー賞で主演女優賞をダブル受賞したニコール・キッドマン。2006年6月にカントリー歌手キース・アーバンと再婚しました。

共演のロバート・ダウニー・Jrは、監督である父ロバート・ダウニーと女優に母を持ち、父の監督作品でデビューしました。「チャーリー (1992) 」では、G・グローブ賞とアカデミー賞にダブルノミネートを果たしています。

 


 Story : 1958年、ニューヨーク。裕福な家庭に育ったダイアン・アーバスニコール・キッドマン)は、ヴォーグ」や「グラマー」などの一流ファッション誌のカメラマンである夫アラン(タイ・バーレル)のアシスタントとして働きながら、心の中には常に自分のいる世界に居心地の悪さと不安を感じていた。

そんなある日の夜、コートやマントで全身を覆い、目の部分だけがくりぬかれたマスクを被った男、ライオネル(ロバート・ダウニーJr.)がダイアンの上の階に越してくる。この男の異形に激しく心を奪われたダイアンは意を決し、カメラを手に彼の部屋のベルを鳴らす。扉を開いた“運命の男”に隠された秘密は、彼女の好奇心を欲望へと駆り立てていく―。




[ 2007年5月26日(土)~順次全国公開 ]

ー 公式HPより ー

 

この映画の主人公となるダイアン・アーバスは、結合双生児、同性愛者、ヌーディスト等のフリークスを撮り続け、NY近代美術館に出品されるほどになった実在の人物ですが、映画内で描かれているのは、映画のために大きく脚色されオマージュ化されている別のキャラクターとして描かれています。

裕福な家庭、有名雑誌の写真家の夫、美しい二人の娘に恵まれ、女としての幸せをすべて持っているかのように見えるニコール・キッドマン演じるディアン。

少女の頃から、顔に痣がある男の子を美しいと感じたり、死体を見るのが好きだったり、浴室の窓を開離してわざと隣人に裸を見せてみたり、常識的な感覚とか、そんな事をしてはいけないと言われるモラルとか、日常から常識で縛り付けられてきた彼女の独創的な美的センスが心の奥に押しやられていたまま燃え残った炎の熱さに息苦しさを感じたまま大人になってしまったディアンが、エレファントマンのような顔を隠した男ライオネルが自宅の上に引っ越して来るところを見てしまった瞬間、ある意味ダイアンと言う別人格への開放感を得るきっかけのように、吸い込まれるように自己解放の行動に突き進んでしまう心の描写を描いたファンタジー作品。

白を基調にした清楚でオーソドックスな服装から、胸元の大きく開いたブルーのドレスや赤のコートに身を包み、髪型もおろして自己解放への心理描写が髪型や服装などで表現されて行きます。

「エレファントマン」や「美女と野獣」、「不思議の国のアリス」などの不思議なイメージを少しずつ取り入れ、イプセンの「人形の家」のノラのようなキャラクターをディアンに脚色して、ダイアン・バースという写真家の誕生と存在の意味を創造しようと試みた作品と思われます。

ロバート・ダウニーJr.が演じた多毛症のライオネルはライオンと言うよりは、むしろスター・ウォーズのけむくじゃらのキャラにそっくりだなぁ~(笑)名前忘れちゃったのですが・・・なんだっけ?

 

この作品は、観る人を激しく選ぶ感じがしました。ニコールファンや写真家ダイアン・バースのファン、それ以外にはちょっと難解な作品でしょうね。

 

 

 


ダイアン・アーバス(1923 ー 1971)>




トランスセクシャルや精神病院の収容者、小人・巨人など、フリークスたちを被写体に写真を取り続けたダイアン・アーバス。18歳の若さで初恋の人であったアランと結ばれ、女の子2人をもうけ、女の幸せと呼ばれる類いのものは全て手に入れたように見えた。しかし彼女の潜在的な才能は幸せな、言い換えれば緩慢な環境に身を置き続けることを許さなかった。

日常の中の異様さを切り取る写真家リゼット・モデルに学んだ時、被写体にしたい人々を見つける。それは多くの人が目を逸らし、存在を無視するフリークスと呼ばれる人々。彼らを撮影することで奇形を露にしようとするのではなく、普通と思い込んでいる私たちの驕りを暴くような、見る者を突き刺す写真は、彼女自身を束縛していたものから自由にした。

ファインダーを通し、常識を疑い形式を嫌う彼女の撮影スタイルは、48歳で自ら命を絶つまで続いた。死後さらにその偉業はたたえられ、現在でも多くのファンを持ち、世界各地で写真展が開催されている。


~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「か行」 | コメント:6 | トラックバック:21 | top↑
「 300 <スリーハンドレッド>(2007) 」
2007-05-06 Sun 00:05
監督・脚本 : ザック・スナイダー
出演 : ジェラルド・バトラー  / レナ・へーディー
原作・製作総指揮 : フランク・ミラー
公式HP  || 

「 300 <スリーハンドレッド>(2007) 」

 

フランク・ミラー のグラフィックノベルを忠実に再現した、民主主義を求める壮絶な戦いが繰り広げたスパルタ王レオニダスとわずか300の精鋭スパルタ騎士達の英雄伝です。

監督は、「ドーン・オブ・ザ・デッド (2004) 」のザック・スナイダー。

主演は、「オペラ座の怪人 (2004) 」で怪人ファントムを演じ一気にファン層を広げたジェラルド・バトラー。スパルタ王としての猛々しさと優しさの両面をみごとに演じきっていました。

共演は、「ブラザーズ・グリム (2005)」では、モニカ・ベルッチのあまりの美しさの影に隠れちゃった感があった、王妃ゴルゴを演じたレナ・へーディー。

そして、王の後釜を虎視眈々と狙い、王妃を陥れようと画策するステリオス を演じるミヒャエル・ファスベンダー 。どこかで観たようなお顔だなと思ったのですが、本作で長編映画デビューとなるようです。だれと勘違いしてるのかな・・・っとただいま考え中です笑)

また、ペルシアの王クセルクセスを演じたのは、ブラジルで最も人気のある俳優のひとりであるロドリゴ・サントロ 。「ラブ・アクチュアリー (2003) 」にもカール 役で出演していました。TVドラマ「LOST (シーズン3)(2006~2007)」をご覧になっている方は気づいていましたかね~。映画の中ではえらくでかい印象でしたが、実物は189cm、85kgとそれほどの大男ではないのですね。2004年にはシャネルのコマーシャルに、ニコール・キッドマンの相手役として抜擢され、2004年の「世界で最も美しい50人」(『ピープル』誌より)にも選ばれています。かなり気になる存在です。

 

 

 


 

Story : 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとにペルシア帝国からの遣いがやって来た。国を滅ぼされたくなければ、ペルシアの王クセルクセスに服従の証を立てろと使者は言う。「服従か、死か」と問われれば、スパルタの答えはひとつ……。王レオニダスがペルシアの使者を葬り去った瞬間、スパルタは100万の大軍を敵に回した。王のもとに集まったのは300人。しかし、それはただの300人ではない。スパルタ精鋭の300人だ。


sparta2.jpg

[  2007年6月9日公開  ]

ー 公式HPより ー

 

アメリカの初登場1位からメガヒットとなった本作は、結構前から楽しみにしていました。

予告映像の、「This is Sparta.!」っとペルシアの使者を突き落とすシーンが凄いインンパクトがあってうわぁ~観たいな~!っと思っていたのです。

英雄伝を語るかのようにナレーションを中心にストーリが展開していく形で進んで行きます。

スパルタに生まれた男の子は、まず生まれてすぐ、奇形がないかや病弱では無いかなどを見極められて、強く生きられないと認められた赤ちゃんはすぐに谷底に遺棄されてしまいます。そして、けしてあきらめずに向かって行く精神力を培われ、剣術をたたき込まれた後、ある歳になると野生の中に放たれて自力で生き残って来れた少年だけがスパルタ人と認められる厳しい掟の元に成長するのです。

sparut3a.jpg

英雄伝ではつきものの、敵役が化け物的描写が壮大な誇張と脚色を伴って登場します。ある意味「ロード・オブ・ザ・リング」のクリーチャーの使い回しか、と思わせるような像の化け物とかが出てきたり、スターウォーズのヌート・ガントレイそっくりなクリーチャーも出現。ペルシア軍は人間じゃないのですよ(笑)

 

sparta2.jpg

元々がグラフィック・ノベルズなので、史実に忠実と言うわけではなくて、あくまでもスパルタの王にインスパイアされたスレオニダスと300の精鋭の戦いを描いたファンタジーと言うところです。

 

ペルシアの王クセルクセスを演じたロドリゴ・サントロジェラルド・バトラーとは1cmしか違わない188cmなのに、かなり大男に見せています。

戦闘シーンは、武器の切れが良くて、もの凄い血しぶきがあがって気持ちよいばかりにまっぷたつになります。手がポロンっと落ちたり、ギャートルズのマンモスの輪切りのお肉みたいに、平気で首がポロンと切れます。ここまで来ればまったく現実味がなくて日本の時代劇でヒーローがばったばったと悪人を切り捨てて行く様が気持ち良いような感覚で、あまりリアルな残酷感を感じません。ただ、血を見るのがお嫌いな方には過酷な映像かもしれません。どば~!!っと血しぶきがあがりまくりますから。

ちょっと嫌だったのは、山積みになった死体の周りに飛び回るハエの羽音が妙にリアルで不愉快でした(笑)

 


~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

「 300 <スリーハンドレッド>(2007) 」の続きを読む
別窓 | 映画「さ行」 | コメント:21 | トラックバック:47 | top↑
「 主人公は僕だった/ STRANGER THAN FICTION(2007) 」
2007-05-04 Fri 18:29
監督 : マーク・フォースター
出演 : ウィル・フェレル  / エマ・トンプソン /ダスティン・ホフマン
 
公式HP  || 

「 主人公は僕だった/ STRANGER THAN FICTION(2007) 」

 

「事実は小説よりも奇なり・・・」って直訳ですかヾ(--;)ぉぃぉぃ(自己つっこみです・・・)

 

監督は、「チョコレート (2001) 」、「ネバーランド (2004) 」、とジョニー・デップ主役作品を撮り、「ステイ (2005) 」を手がけた後に本作を監督と言うことで、マーク・フォースター監督の好みの作品傾倒がわかる感じがします。

「ミリオンダラー・ベイビー」で激戦の中クリント・イーストウッド監督が受賞した、2004年・第62回G・グローブ賞の監督賞のノミネートに名を連ねていました。

主演は、「オースティン・パワーズ (1997) 」にはじまりコメディ俳優として、コメディ好きの間では結構メジャーなのですが、日本では、「プロデューサーズ (2005) 」で一般に浸透した俳優さんと言えるのではないでしょうか?とは言え、まだまだなじみが薄めな印象もあります。

 

 


 Story :  平凡で面白みのない男、ハロルド。国税庁の会計検査官である彼は、過去12年間、毎日決た生活を送っている。しかしある朝、ハロルドの頭の中に、彼の行動を文学的な表現で語る女性の声が割り込んできた。それからというもの、その声はハロルドの頭にたびたび響くようになる。彼女によれば彼はどうも小説の主人公のようで、しかも彼に死が近づいていることもほのめかしていた。それから自分の運命を変えようとするハロルドの奮闘が始まった。




[  2007年5月19日公開 ]

ー goo 映画より ー

 

っと言うことで、まだまだ日本ではなじみが薄い感のあるウィル・フェレルが、バリバリ、コテコテのコメディを少し控えめにして、地味で冴えない国税庁の会計検査官を演じる本作。

コメディ好きな私としては、一生懸命応援記事を書きたかったのですが、この作品題材には人間の死と言う、ちょっと笑えない要素もあり、哲学的な理論も含みながら、一歩間違えば「世にも不思議な物語」調で展開していきます。

ウィル的笑いを期待して観に行くと少々肩すかしをくらうであろう地味目路線です。

堅物な国税庁会計検査官が税金の支払いを拒否し続けるヒロインに恋に落ち、自分の判で押したような寸分違わぬ毎日の堅物生活を変えようとする物語・・・と言うわけにはいかないのが本作のミソです。

前半中盤とちょっとダレ気味なストーリー展開にちょっと飽きますが、ラストの数分間でう~~んっと唸らせる哲学的思想に前半のダラダラ感をぐ~んっと盛り返してくれるのですが、作品全体を面白かったっと感じさせるだけの魅力には欠けた気がします。

トイレに行くときでさえもコーヒーを離さず飲み続けるダスティン・ホフマン演じる文学の教授ジュールズ・ヒルバートや、タバコが欠かせずどこでも吸い続け、必ずティッシュにツバを吐いてその水分でタバコの火を消すエマ・トンプソン 演じる作家のカレン・アイフル。

癖のある役を演じた、この演技派俳優ふたりの好演が目立ちますが、導入部分に魅力がなく、唯一救われるラヴ・ストーリーにもちょっとありきたり感が残念です。

面白くないわけではありませんが、おすすめ系でもないですね。

この作品はナショナル・ボード・オブ・レビューで脚本を受賞した作品ですし、「ステイ (2005) 」を観て好感を持ったひとには、受け入れられる要素がないではないかと思いますが・・・。

 

 

 

~おしまい~

 

 


 ∥ ∥ ∥ ベストブログランキング ∥

|| エンタメ@BlogRanking ∥  ||   ||   ||

 || pbranking.jpg || DVD

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「さ行」 | コメント:8 | トラックバック:44 | top↑
| MoonDreamWorks★Fc2 |

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。