スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 ミラクル7号 / 長江七號  (2008) 」
2008-06-08 Sun 14:42

ミラクル7号】2008年6月26日(土)公開

監督・製作・脚本・出演 : チャウ・シンチー
出演 : シュー・チャオ /キティ・チャン 他
観たい度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

 

 

ミラクル7号 / 長江七號  (2008) 」

監督は、「少林サッカー (2001)」、「カンフーハッスル (2004)」のチャウ・シンチー。「少林サッカー (2001)」公開以来、日本では ジャッキー・チェンの次に人気と言っても過言でないの香港スター。今年日本公開で、柴崎コウ主演の「少林少女 (2008)」でもエグゼクティブプロデューサーとして参加しています。

主演は、 1万人が参加したオーディションから選ばれたシュー・チャオ。実は、女の子!、私は、全然気がつきませんでした(笑)。 本作出演以前にはCM出演1本のみながら一躍チャウ・シンチーに見出されシンデレラ・ガールとなりました。また、私生活でもチャウ・シンチーと養子縁組をしたことで話題になっています。

そして、キティ・チャン。 彼女もチャウ・シンチーに見出されたシンデレラ・ガールで、チャウ・シンチーのスター・オーバーシーズ゙社と8年契約を交わし、「Junmp(原題)」に続いてチャウ・シンチーの次回作「西遊記」にも出演予定です。

 


Story : 小学生のディッキーと、工事現場で働く父親のティーは、いまどき珍しいほどの超ビンボー親子。“息子には最高の教育を受けさせたい”という父の願いから、お金持ちの子女が集まる名門小学校にディッキーは通っているが、学校では浮きまくり、同級生の心ないイジメを耐え忍んでいる。ある日、ティーがゴミ捨て場から謎の物体を拾ってきたことから、ディッキーの暮らしに変化が訪れる。それは、予想以上に“使えねー”地球外生命体=ミラクル7号だった…!




「2008年6月28日公開 」

ー  作品情報より ー

チャウ・シンチー演じるティーが病気の妻の薬代と入院費用も払えないまま妻が病死した後も借金の返済もままならない究極の貧乏の上に、裕福な子女が通う小学校に無理をして入学させた息子ディッキー役には実は女の子のシュー・チャオ。

この子の素朴で憎めない顔立ちも手伝ってか、いろいろな表情を見せてくれるのですが、それもすべてプラスの方向に働いていて、この映画を面白くしています。

映画自体も、ある程度のCGは使われているものの、ものすごく低予算というかんじながら、それもまた味というか、まったく安っぽいのに安っぽい作りが気にならない夢あふれる作品になっています。

そして、チャウ・シンチームービーのお決まりのお笑いセンスも健在で、おもいっきり大げさな誇張表現もお約束で面白かったです。 

また、すべてにおいてどこかで見たことあります的なベタの連続なので、好みが分かれるところかも。

「少林サッカー (2001)」などのありえね~ムービーがツボな方にはものすごく面白い映画と言えるのではないでしょうか(笑)。

ただ、やはりこればかりは好みとも言えるので、安っぽさとか気になったり、逐一大げさなチャウ・シンチーワールドがお好みでない方にとってはちょっと退屈な時間かもしれません(笑)

ラストの落ちなんか・・・とてつもなく安っぽいですから(笑)・・・・

この作品は 吹き替えで見れば就学前のお子様にも理解できそうな内容なので、ファミリー向け映画と言えるかもしれませんね。

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

【正規品】 ミラクル7号 ナナちゃん 等身大ぬいぐるみ【正規品】 ミラクル7号 ナナちゃん 等身大ぬいぐるみ
()
不明

商品詳細を見る
スポンサーサイト
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:5 | トラックバック:22 | top↑
「 ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」
2008-05-26 Mon 23:00

ザ・マジックアワー】2008年6月7日(土)公開

監督 ・ 脚本 : 三谷幸喜
出演 : 佐藤浩市 /妻夫木聡/深津絵里 他
観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★★☆

 

 

ザ・マジックアワー / The Magic Hour (2008) 」

久々だ~!こんな抱腹絶倒の面白さ!

監督は、「ラヂオの時間 (1997)」、「笑の大学 (2004)」、「THE 有頂天ホテル (2005)」の三谷幸喜

主演は、名優三國連太郎の息子ということはあまりにも有名ですが、あまり目立った主役の作品は少ないけれど、数多くのドラマや映画でその独特な存在感はピカイチな佐藤浩市 。 本作は間違いなく彼の代表作となること請け合いです。

そして、「春の雪 (2005)」、「涙そうそう (2006)」、「どろろ (2007)」の妻夫木聡

また、「踊る大捜査線 THE MOVIE (1998)」、「踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003)、「博士の愛した数式 (2005)」深津絵里

その他、出演者だけでも超々豪華絢爛であることは、言うまでもありません・・・・

 

 


Story : 街を牛耳るボスの愛人に手を出してしまった手下の備後は、命を助けてもらう代償に、伝説の殺し屋デラ富樫を探し出すことを約束する。だが期日が迫っても、デラは見つからない。窮地に陥った備後が取った苦肉の策とは、無名の俳優を雇い、殺し屋に仕立て上げることだった。こうして三流役者村田大樹は、二つの組織がしのぎを削るその港町・守加護へとやって来る。すべてを映画の撮影と思い込み、幻の殺し屋になりきって…。



「2008年6月7日公開 」

ー  作品情報より ー

いや~~~!!面白いなんてもんじゃない(笑)抱腹絶倒とはまさにこの映画の代名詞・・・・といっても過言でないくらい面白い!

ネタばれせずにこの面白さを語るには少しj期間がほしいので、今日はここまでにしておいて、今日は満足して寝ます(笑)

観ようかどうしようかと迷っている人は絶対見るべき(笑)

私もまた観に行きたいです~

感想はまた明日かきます。

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「ま行」 | コメント:2 | トラックバック:82 | top↑
「 マイ・ブルーベリー・ナイツ / MY BLUEBERRY NIGHTS (2008) 」
2008-03-30 Sun 23:35

【マイ・ブルーベリー・ナイツ】2008年3月22日(土)公開

監督・製作・原案・脚本 : ウォン・カーウァイ 
出演 : ノラ・ジョーンズ /ジュード・ロウ/デヴィッド・ストラザーン 他
期待度 : ★★ → 鑑賞後の評価 ★★★ 
原作 : 

「 マイ・ブルーベリー・ナイツ / MY BLUEBERRY NIGHTS (2008) 」

ウォン・カーウァイ監督が、ハリウッド俳優を起用した初の全編英語作品

監督は、「恋する惑星 (1994)」、「天使の涙 (1995)」のウォン・カーウァイ。 本作では2007年・第60回 カンヌ国際映画祭においてパルム・ドール賞にノミネートされています。

主役は、シタール奏者のラビ・シャンカールの娘として生まれ、22歳でデビュー・アルバム『Come Away With Me』をリリースし、2003年・第45回グラミー賞において主要8部門ノミネートされ、全部門において受賞した、映画初主演となるノラ・ジョーンズ。

正確にいえば本作で映画は2度目の出演となります。ヒュー様とサンドラ・ブロックのラヴコメ「トゥー・ウィークス・ノーティス (2002)」に本人役でカメオ出演し、歌も披露しています。

日本では岡田准一と黒木瞳の映画「東京タワー(2004)」では、彼女の『FOREVER MINE』がテーマソングに使われています。

共演は、「コールド マウンテン (2003)」、「アルフィー (2004)」、「ホリデイ (2006)」のジュード・ロウ。


Story : 恋人に捨てられたエリザベスは彼のことが忘れられず、彼の行きつけのカフェに乗り込む。そんな彼女を慰めてくれたのは、カフェのオーナー・ジェレミーと、甘酸っぱいブルーベリー・パイ。それからのエリザベスは、夜更けにジェレミーと売れ残りのパイをつつくのが日課になる。しかしそんなある日、彼女は突然ニューヨークから姿を消す。恋人への思いを断ち切れずにいたエリザベスは、あてのない旅へとひとり旅立ったのだった…。



「2008年3月22日公開 」

ー  より ー

myblueberry.jpg

いわゆる失恋をいやす旅に出かけるロード・ムービーです。

ノラ・ジョーンズが、とにかく豪華俳優陣、ジュード・ロウ、ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズと主役級の一流俳優を脇に従えて堂々の主役をはった初主演映画ですが、どこか、ノラの歌を聴きながら見るための「映像」としてのみ成立するだけのプロモーションビデオの超豪華版という感じが否めません。

とにかく映像のテンポが悪すぎるのですよ・・・これは、監督が凝りに凝ったスロー使いの多様さがかえって逆結果に感じました。

ウォン・カーウァイ監督のこういう撮り方が好きという人もいらっしゃるかもしれませんが、好みが分かれる映画かもしれません・・・・

 

ラヴ・ストーリーを期待していくと、希薄な感じがしますし、レイチェル・ワイズとデヴィッド・ストラザーン演じるスー・リンとアーニーのどこかありがちな悲しい夫婦と関わり、ナタリー・ポートマン演じるレスリーとの出会いなど、あの人のもとに帰りたい・・・そんな思いを感じさせない無意味とも思える旅の出会いとか、それなのに、あっと言う間に帰って来て、ずっと待っていてくれたジュード・ロウ演じる店の店主と恋に落ちる・・・・

私は変わった?と聞くだけの経験はしたのだろうか・・・と疑問な感じも。

映画を観たというよりは、ノラ・ジョーンズのPVを観た・・・・というかんじ・・・

ノラ・ジョーンズはキュートだし、彼女の歌は大好きなので★一個サービスという感じです。

 

 

 ノラ自身がセレクトした楽曲が中心のサントラは心地良いです。


■マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック 

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラックマイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック
(2008/02/14)
サントラ、カサンドラ・ウィルソン 他

商品詳細を見る
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:10 | トラックバック:66 | top↑
「 燃えよ!ピンポン  / BALLS OF FURY (2008) 」
2008-03-20 Thu 21:17

【燃えよ!ピンポン(2008) 】2008年3月22日(土)公開

監督 ・ 脚本 : ロバート・ベン・ガラント
出演 : ダン・フォグラー /クリストファー・ウォーケン/マギー・Q 他
期待度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★
原作 : 

「燃えよ!ピンポン  / BALLS OF FURY (2008) 」


監督は、「TAXI NY (2004)」や「ナイト ミュージアム (2006)」などの脚本を手掛けてきたロバート・ベン・ガラント。 本作が初監督作品となるようです。

 

主役は、日本で5月17日から公開のジェシカ・アルバ主演作品「噂のアゲメンに恋をした! (2007)」にも出演しているダン・フォグラー。

 

共演は、この映画を見る価値と言えば、何といってもこの人が出ているからと断言できるマギー・Q。

 

そして、主人公ラリー・デントナの父親を殺した武器密輸の闇の組織のドン、フェン役にクリストファー・ウォーケン。

 

また、チョイ役ですが、2006年9月から始まったTV番組「HEROES」でヒロ・ナカムラ役を演じていることで日本にも知られていますが、12歳の時に 「Those Asian-American Whiz Kids(アジア系アメリカ人天才児)」として1987年8月31日発刊タイム誌の表紙を飾ったことがあるマシ・オカ。昭和天皇などそうそうたるメンバーの中で、タイム誌の表紙に日本人が取り上げられたたった30回の中に入っていると言う驚きの経歴の持ち主です。

 

かなり余談になりますが、このタイム誌の表紙を飾った30人の中には、菊池凛子が「バベル(2007)」でゴールデン・グローブ・アカデミー両賞で助演女優賞にノミネートされたことに関連して、ジャズ歌手であり、女優で「Flower Drum Song(1961) 」でゴールデン・グローブ賞で主演女優賞にノミネートされていることで話題に上った、ナンシー梅木こと梅木美代志も含まれています。

 


Story : 1988年のソウルオリンピックに、卓球のアメリカ代表として出場した天才少年ランディだが、ある事から無様に敗退してしまう。数年後、場末のカジノで曲芸を披露するほどに落ちぶれたランディの元にFBIがやってくる。それは、裏社会で行われている卓球大会への潜入捜査の依頼だった。盲目の中国人による特訓を受け、ランディは出場権を獲得。トーナメント開催会場へ向かうが、その主催者はランディの父を殺した宿敵フェンだった。



「2008年3月22日公開 」

ー  より ー

 

12歳にして、天才ピンポン選手としてマクドナルドのおまけキャラクターとして抜擢されるほど世界中から注目を浴びるランディ。

1988年のソウル・オリンピック、ランディは、父親が武器の密輸をしているフェンの闇の組織と賭けしていることを知った卓球トーナメントの東ドイツ選手のカールとの準決勝で、ボールを追いかけて場外に倒れこみ失神して敗退して以来19年後、落ちぶれて場末のカジノでピンポンの曲芸をしているところをFBIの目にとまり、まわりまわって父親の宿敵を逮捕する手助けを依頼され、アンダーグラウンドの卓球世界大会でデスマッチをする事になった、ダン・フォグラー演じるランディのドタバタ・マジピンポンの物語。

なにしろ負けたら待っているのは、死。

そんなデスマッチトーナメントの最終に残ったのは、19年前のソウルオリンピックで、天才と呼ばれたランディを倒した宿敵カール・ウォルッシュダグだったのです。

まず言えるのがピンポンシーンがまったく手の動きにマッチしていない適当なのもなんのその、はちゃめちゃCGがご愛想という感じ。B級感いっぱいのこの作品がなんと総製作費25億円もかかっているというのは、いったいどこにかけたんだろうかと疑いたくなる安っぽさです。

スポ根映画のドタバタ・コメディでは、まっさきに「ドッジボール (2004)」が頭に浮かぶのですが、ベン・スティラーの濃さでぐいぐいと引っ張って行かれたあの隠れた佳作?(笑)にはとうてい及ばないレベル・・・。

ジャック・ブラックなどの体格俳優のコメディが苦手な私にはちょっと面白みが感じられませんでした・・・。

もちろんドタバタコメディですので、適当に笑う場面はあるので、お好きな方にはうけるかもしれないですが、やはりこればかりは好みの問題でしょうね~

私にとってのこの映画の救いは、マギー・Qのかっこいいカンフーアクションに尽きるというかんじです。

クリストファー・ウォーケンも良い味出してはいましたが、間抜けなヘンテコ趣味の闇のボスにしては、なんだか彼が演じるにはもったいない中途半端さがもったいないです。

 

~おしまい~

 

 

 

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

オリジナル・サウンドトラック「燃えよ!ピンポン」オリジナル・サウンドトラック「燃えよ!ピンポン」
(2008/04/12)
ランディ・エデルマン

商品詳細を見る
別窓 | 映画「ま行」 | コメント:4 | トラックバック:29 | top↑
「 魔法にかけられて / Enchanted (2008) 」
2008-03-16 Sun 00:18

【魔法にかけられて】2008年3月14日(土)公開

監督 : ケヴィン・リマ
出演 : エイミー・アダムス /スーザン・サランドン/ジェームズ・マースデン 他
期待度 : ★★☆ → 観賞後の評価 ★★★★
音楽 : アラン・メンケン

「 魔法にかけられて / Enchanted (2008)  」

 

ディズニー伝統のアニメーションと実写映画を融合したプチ・ミュージカル。

監督は、「ターザン (1999) 」のケヴィン・リマ。

 

主役は、 アンダレーシアに暮らすプリンセスジゼル役に「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)」でブレンダ・ストロングを演じていたエイミー・アダムス。本作で2007年・第65回ゴールデン・グローブ賞コメディ/ミュージカル部門で主演女優賞にノミネートされました。

日本ではこれから公開されるトム・ハンクスとジュリア・ロバーツ主演映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (2008)」にも出演しています。

 

共演は、人気TVシリーズ「グレイズ・アナトミー」シリーズのデレク・シェパードを演じていて人気を得ていて、「フリーダム・ライターズ(2007)」のスコット役を演じたパトリック・デンプシー。

そして、ジゼルを救うためにニューヨークに追って来たエドワード王子役に、「X-メン (2000~)」シリーズのサイクロップスことジェームズ・マースデン。「ヘアスプレー (2007)」では、コーニー・コリンズ役で「THE NICEST KIDS IN TOWN」、「(IT’S) HAIRSPRAY」などを歌っています。歌はすごくうまいですよね。

ロバート・フィリップの娘モーガン・フィリップ役を演じたレイチェル・カヴィがとにかくかわいいです♪ 演技もすごくうまいし~

そして出番はすごく少ないのですが、魔女のナリッサ女王を演じたスーザン・サランドンは、この人をおいて右に出る魔女はいないのでは?と思わせてくれる存在感はもうピカイチ☆

 


Story : 魔法の王国“アンダレーシア”に暮らす心優しいプリンセス、ジゼル。彼女はある日、エドワード王子と運命的な出会いを果たし、晴れて結婚することに。だがその一方、彼らの結婚によって王位を手放すことになるナリッサ女王は一計を案じる。実は彼女の正体は魔女だったのだ。そして結婚式当日、老婆に化けたナリッサはジゼルに接近し、彼女を井戸に突き落としてしまう。やがて、ジゼルが辿り着いた場所は、現実の世界、現代のニューヨークだった。しかし、周囲に助けを求めるものの誰も手を差し伸べてはくれず、途方に暮れるジゼル。そんな中、彼女はバツイチの離婚弁護士ロバートとその娘モーガンに救われるのだが…。


「2008年3月14日公開 」

ー  より ー


 

これは最高に面白いです☆

去年から劇場予告を観ていて観たいなと思った作品でしたが、感が当たったな!・・・

やっと私が大好きだったディズニーらしい映画を作ってくれた~っという感じでとっても嬉し~な~。

もちろん突っ込みどころ満載です。

だっておとぎ話だもん、いくら現代のニューヨークが舞台といえども、つじつまが合おうが合うまいがいたってどこ吹く風です。

もちろんターゲットはローティーンの夢見る女の子向けのお姫様ものの王道という感じですが、確かに宣伝文句にたがわぬ、ある意味、デズニーがディスニー映画を超えた作品と言って良いと思いました。大人も十分楽しめます。

自身のディズニー作品を自らオマージュして「白雪姫」、「シンデレラ」、「眠れる森の美女」など誰もが知っているパロディ満載で、おとぎ話のお姫様や王子様が現代でそのまま生きていたら、こんな風に風変わりに浮きまくるのでしょうね♪

とにかくディズニーランドのアトラクションがまんま映画になったという感じの公園でのミュージカルシーンをはじめ、エイミー・アダムスの歌うシーンがすごく楽しいです。

お気に入りのシーンは、ジゼルが着替えるドレスを作るのにカットした後のカーテンとかラグマットが映るシーンです♪

ディズニーのお姫様につきものの小鳥や小鹿は都会にはいないけれど、その代り(笑)ねずみやゴキブリやハエがお姫を助けてお掃除したりするシーンは意外だったけど、「レミーのおいしいレストラン(2007)」のように嫌われ者のネズミでさえもいとおしくなる楽しさでした。

もう一度観にいこうかな~

DVDは買って損はないと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「ま行」 | コメント:2 | トラックバック:76 | top↑
| MoonDreamWorks★Fc2 | NEXT

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。