スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
「 オーストラリア/AUSTRALIA   (2009) 」
2009-02-04 Wed 00:22

【オーストラリア】2009年2月28日(土)公開

監督・原案・脚本・製作 : バズ・ラーマン
出演 : ニコール・キッドマン / ヒュー・ジャックマン /ブランドン・ウォルターズ
観たい度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

 

 

「 オーストラリア/AUSTRALIA   (2009) 」

 

■監督は、「ロミオ&ジュリエット(1996)」、「ムーラン・ルージュ (2001)」のバズ・ラーマン。

本作は、自身の出身地オーストラリアを舞台に監督・原案・脚本・製作を手がけて描かれた壮大なエピック・アドベンチャードラマです。

■イギリスの貴族レディ・サラ・アッシュレイ役は、ニコール・キッドマン。

ニコールは、本作の撮影中に待望の妊娠が判明し、つわりと戦いながらの過酷な長時間に及ぶ撮影を果敢にこなしたと言うことです。

ニコールのためにデザインされた20足のフェラガモの靴も見逃せませんね~☆、いいなぁ~私もほし~~のぉ♪

 

■ドローヴァー(牛追い)役は、「X-メン (2000~)」シリーズ、「ニューヨークの恋人 (2001)」の ヒュー・ジャックマン 。

昨年の「彼が二度愛したS (2008)」では、珍しく悪役も演じました。

昨年のピープル誌が選ぶ「世界で最もセクシーな男性」に4年連続で選ばれ、本年度アカデミー賞の司会も務めることになりましたね。

 

■ニール・フレッチャー役は、「ムーラン・ルージュ (2001)」、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのファラミアを演じた、デヴィッド・ウェンハム。

 

■アボリジニの混血児ナラ役は、1000人ものオーデションの中から突出したカリスマ性と才能が認められた、西オーストラリアのブルーム出身のブランドン・ウォルターズ。

■ナラの祖父であるキング・ジョージ役は、オーストラリアのカドゥー国立公園の北東部に生活する、マルユウ族出身のデヴィッド・ガルピリル。

1985年の大阪万博で来日し、オーストラリア・パビリオンでアボリジニ・ダンスも披露したそうです。

 

その名も「オーストラリア」と言うタイトルの本作では、主要キャストがほとんど オーストラリア出身の俳優陣で集められました。

 


Story : 第二次世界大戦前夜のオーストラリア。イギリス人貴族のレディ、サラ・アシュレイは、夫を捜しに北部の町・ダーウィンにやって来た。彼女を迎えたのは無骨なカウボーイ、ドローヴァー。夫の領地に着いたサラは、夫が何者かに殺されたことを知る。彼女に残されたのは、抵当に入れられた広大な牧場と1500頭の牛だった。牧場を立て直すため牛を売ることを決心したサラは、ドローヴァーの力を借り、牛を引き連れ出発する…。




「2009年2月28日公開」

ー  作品情報より ー


 

牛追いのドローヴァーとの出会いと、オーストラリアの先住民アボリジニの少年ナラとの絆を描いたエピック・アドベンチャーズ。

クラシカルでほぼ3時間という長丁場でありながら、まったくその時間を感じさせない見ごたえのあるドラマでした。

 

前半、ニコールには珍しくコメディタッチな演技も見られ、気楽に見られる楽しいドラマの内容も予感されたのですが、ストーリーがどんどん進むにつれて、描かれるのはシリアスそのもの、です。

占い師(魔術師)キング・ジョージの存在やその血を受け継ぐ孫ナラの存在など、神秘的で古典的要素も含みつつ、それでいてわりと勧善懲悪な出来過ぎ感はあるものの、一向に飽きる要素は見られずに約3時間のストーリーがあっという間に終わってしまって見ごたえあったな~という感じでした。

とりわけ目を引くのが、白人でもなく、黒人でもない、クリームと呼ばれるアボリジニの混血児ナラを演じたブランドン・ウォルターズ。その眼力と惹きつけてやまない不思議な魅力が光るナラ役の演技でした。

崖に向かって突進して行く牛の暴走を止めようとする不思議な魔力を使うシーンでは、思わず私も崖に落ちそうな気分になってしまうほどハラハラしながら力がこもってしまいました(笑)一瞬マジによけちゃったし・・・・(汗

 

すっかり物語に浸ってしまって観ていたので、第2次世界大戦の日本軍のオーストラリア侵攻のシーンでは、不思議とすっかり日本人であることを忘れて敵国が攻めて来たような感覚で観てしまいました。

戦争というものを考える時に、毎回感じることですが、見る側によって、それぞれ相手は残虐非道なものだなと・・・、敵味方双方には同じように家族や仲間があって、同じように愛し守るべきものがあり、それを守るために戦わなければならないと言うこと。

戦争そのものが憎むべきものであって、二度と起こしてはならない歴史だということです。

 

サラとドローヴァーとの恋に落ちて行く過程はちょっといきなり感があって、早くて濃過ぎだなっと思うけど、撮影中に判明した待望のニコールの妊娠ということもあってか、ナラとの間に芽生えたぎこちない母性と、お互いに求めてやまない絆がとっても説得力があって素敵でした。

古典的なドラマは結構好きなので、久々に楽しめました。

~ おしまい ~

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || DVD  ||

 

 

スポンサーサイト
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:11 | トラックバック:20 | top↑
「 エイジェント・ゾーハン /You Don't Mess With the Zohan (2008) 」
2008-11-26 Wed 00:22

【エイジェント・ゾーハン】日本劇場未公開(2008年12月19日DVD発売)

監督 : デニス・デューガン

出演 : アダム・サンドラー/エマニュエル・シューキー/ジョン・タートゥーロ/ 他
期待度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

脚本 : アダム・サンドラー

   

「 エイジェント・ゾーハン /You Don't Mess With the Zohan (2008) 」

第1回下町コメディ映画祭in台東(浅草公会堂)にて鑑賞

 

■監督は、「ビッグ・ダディ (1999)」、「チャックとラリー/おかしな偽装結婚!? (2007)」のデニス・デューガン 。

■ゾーハン役は、ドリュー・バリモアと共演した「ウェディング・シンガー(1998)」、 ゴールデン・グローブ賞にノミネートされた「パンチドランク・ラブ (2002)」、「50回目のファースト・キス (2004)」、「もしも昨日が選べたら (2006)」、「再会の街で (2007)」のアダム・サンドラー。ゴールデン・ラズベリー賞ノミネートの常連さんの一人です(笑)。

■ダリア役は、 エマニュエル・シューキー。
     
■ファントム役 は、ジョン・タートゥーロ

■マライア・キャリー役に、世界の歌姫マライヤ・キャリー。

 


Story : ゾーハンは抜群の身体能力で敵をバッタバッタとなぎ倒す凄腕エージェント。しかしそんな彼の密かな夢は、なんと美容師になることだった?! 夜毎はさみを見つめてうっとりする彼にニューヨークで美容師になるチャンスが訪れる。カリスマ美容師に転身した彼は様々な裏技(?)で年配のご婦人から大人気に。 そこへ昔の敵が忍びよってきたから、さぁ大変! どーなるゾーハン !?



「劇場未公開」


せっかく浅草に行くので、仲見世通りをのんびりぶらぶらしながら行こうかな~~~っと思ってちょっぴり早めに出かけたのですがぁ~

いやぁ~~なんだか、こんなに人ごみが凄いとは夢にも思いませんでした(笑)

仲見世通りなんって入口から人が詰まっていて、通れそうにもないので、せっかく早めに来たのですが、諦めて直接オレンジ通りから浅草公会堂に向かったので、ちょっと早うぎてまだ誰も並んでいませんでした(汗

 

コメディ好きな私としては、全米ボックスオフィスで初登場2位になって以来、2008年全米年間興行収入ベスト20にランクインした、アダム・サンドラーのスパイ・アクション・コメディなので日本公開を心待ちにしていましたが、劇場公開は実現せずにDVDスルーとなってしまいました。

アダム・サンドラーのコメディは暖かいというか、本作のような下ネタでもちっともいやらしくないのと、心から安心して笑える上品さが好きなのですよね~

しかし、「ボラット」みたいに下品なコメディが公開されたのに、どうして本作がDVDスルーとなるのか理解に苦しみます(笑)

めちゃくちゃ面白いですよ、これ~☆私は好きだなぁ~

パレスチナvsイスラエル 問題なども絡めながら、あり得なさ満載で爆笑の抜群の身体能力を持ったモサドの対テロリストエージェントでありながら、美容師になることを夢見ながら、夜な夜なうっとりと鋏を眺めるゾーハンが、とうとうニューヨークまでやってきて、町の再開発のために追い出されようとしていた美容室にたどり着き、彼の得意な秘儀(笑)によって見る見るうちに店を繁盛させてしまうというストーリーで、笑って笑ってお腹がよじれるかと思うほど面白かったです(笑)

いろいろな映画のオマージュも盛り込まれているので、ひとつひとつ気づくとまた楽しいです。特にファントムが冷蔵庫の前に立った瞬間、私は、あ!ロッキーだ(笑)っと、ピンと来てしまったので、周りで誰も笑っていなかったのですがひとり噴き出してしまいました。

ものすごくあほらしいちゃぁ~あほらしいので(笑)、頭をからっぽにしてお腹抱えるコメディが観たい方にお勧めです~

 

~おしまい~

 

 

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「あ行」 | コメント:0 | トラックバック:2 | top↑
「 X-ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE (2008) 」
2008-11-08 Sat 18:44

【X-ファイル:真実を求めて】2008年11月7日(金)公開

監督・脚本・製作 : クリス・カーター

出演 : デイビッド・ドゥカブニー/ジリアン・アンダーソン/ビリー・コノリー他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★☆

 

 

「 X-ファイル:真実を求めて/THE X-FILES: I WANT TO BELIEVE (2008) 」

 

■監督は、「X-ファイル2nd ・3rd・5th~9thseason」の監督を担当したクリス・カーター 。

■フォックス・モルダー役は、テレビシリーズ「X-ファイル(1st~9th season) 」、ジュリア・ロバーツと共演した「フル・フロンタル(2003)」、 「コニー&カーラ(2004)」のデイビッド・ドゥカブニー。

■ダナ・スカリー役は、テレビシリーズ「X-ファイル(1st~9th season) 」、「もののけ姫 (1997) 」アメリカ版吹き替えでモロを担当したジリアン・アンダーソン。

■ジョー神父役は、「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語(2004)」でモンティおじさんを演じたビリー・コノリー 。

■FBI捜査官ホイットニー役は、「恋愛適齢期(2003)」でダイアン・キートン演じるエリカ・バリーの次女マリンを演じたアマンダ・ピート。

 

 


Story : かつてFBIで“X-ファイル”事件を担当していた医学博士スカリーのもとに、FBIが訪ねてきた。彼女しか居場所を知らない元FBI捜査官モルダーに、ある事件への協力を求めてきたのだ。その事件とは女性捜査官・モニカの失踪事件。協力を申し出た超能力を持つ神父・ジョーが透視したところ、雪の中から切断された腕が見つかったのだ。現場復帰を決意したモルダーは事件の捜査に乗り出す。まずはジョーと面会を果たすが……。





「2008年11月7日公開 」

ー  作品情報より ー

 

「X-ファイル」シリーズの例のテーマソングは当たり前のように知っているのですが、実は観るのは初めて?なんです、たぶん・・・

なので、モルダーとスカリーと言われても初めて耳にしちゃった名前とお顔・・・・

 

9シーズンも放送された超人気シリーズなのでそれなりに面白いだろうなと期待は大だったのです。

なにせ、白髪の老人が湖の氷上でふらふらと何かに導かれるように「It's Here」とへたり込む予告編を観せられて、ミステリアスなイメージに期待するなというほうが無理ってものですよ(笑)。

ん~~どぉおなんでしょうかぁ~。

ずっとシリーズを見守ってきたファンにとっては、シチュエーションを理解している上での鑑賞になるでしょうから、私のように顔を識別する作業や、超常現象を帯びた未解決事件を追うFBI捜査官をやめた二人の経緯とか、再び謎の失踪事件に駆り出される必然性とか、余分なことに神経を使わないで観れるので、そのままのめり込めるのでしょうが、なぁ~んにも知らずに観た私には、ちょっとストーリーを楽しむまでにはいけませんでした・・・

だって、スカリーが難病の子供の主治医だった・・・事が後半になってやっとつながったぐらいですから(遅すぎです・・笑)、しかも、妹が未確認飛行物体に拉致?された??・・・とか一瞬聞き逃してしまったら理解できないと思われる、原題のサブタイトルにもなっているI WANT TO BELIEVE・・・これほどまでにモルダーが透視能力を持つ謎の神父を信じようとする背景など、終わってからなんとなく整理してみて、そうなのか・・・程度の理解でしたし。

だからと言って、大体わかったからもう一度観ようか・・・・と思わせる魅力はあまり感じられませんでした。

猟奇的事件なのか、超常現象を主体にしたSF的ストーリーなのか、どっちつかずで、しかも神を信じるの信じないの、冒涜するのと、いたって日本人にはピンとこないのですよね・・・っと書いてしまうと感の良い方には事件の真相がなんとなく見えてしまうかもしれませんね(笑)

まぁ、”人はその言動やイメージ、表に現れているだけの事実で判断できるものではない・・・”と言う事を、「決してあきらめてはいけない」とスカリーに諭したジョー神父の言葉によって表現されているのか・・・な?と思います。それがサブタイトルI WANT TO BELIEVEに込められているのでしょうね。

 

~おしまい~

 

 

 

 

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

X-ファイル:真実を求めて オリジナル・サウンドトラックX-ファイル:真実を求めて オリジナル・サウンドトラック
(2008/10/22)
マーク・スノウアンクル feat.ギャヴィン・クラーク

商品詳細を見る
X-ファイル傑作選 DVD-BOX (劇場ペアチケット付き)X-ファイル傑作選 DVD-BOX (劇場ペアチケット付き)
(2008/10/03)
デイビッド・ドゥカブニージリアン・アンダーソン

商品詳細を見る
X-ファイル  真実を求めて (角川文庫 ン 1-8)X-ファイル 真実を求めて (角川文庫 ン 1-8)
(2008/10/25)
マックス・アラン・コリンズ

商品詳細を見る
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:0 | トラックバック:4 | top↑
「 WALL・E/ウォーリー /WALL-E  (2008) 」
2008-11-03 Mon 18:28

【WALL・E/ウォーリー】2008年12月5日(金)公開

監督・脚本 : アンドリュー・スタントン

声の出演 : ベンジャミン・バート/エリッサ・ナイト/シガニー・ウィーバー 他
期待度 : ★★ → 観賞後の評価 ★★★★

原作 : 

 

「 WALL・E/ウォーリー /WALL-E  (2008) 」

名前は、ウォーリー

700年間、ひとりぼっち・・・なゴミ処理ロボット。

aste(ゴミ)
Allocation(配置)
Load(積載)
Liftter(運搬機)
Earth-Class(地球型)

 

■監督は、「バグズ・ライフ(1998) 」、2004年アカデミー賞において長編アニメ最優秀賞を受賞した「ファインディング・ニモ(2003)」のアンドリュー・スタントン。 「トイ・ストーリー(1995) 」以来ピクサー作品で脚本・原案や製作に携わって来ています。

ウォーリーと外界汚染物質除去ロボットモーの声は、「スターウォーズ」シリーズのR2-D2を担当したベンジャミン・バート。

■最新型探査ロボット・イヴの声は、エリッサ・ナイト。

■キャプテンの声は、ジェフ・ガーリン。

■シップのコンピュタの声は、シガニー・ウィーバー。

■アクシオンを開発したBnLスターライナー社のCEOのシェルビー・フォースライトの声は、フレッド・ウィラード。

 


Story : 西暦2700年。人類はゴミだらけになった地球を捨て、宇宙に逃れた。荒れ果てた地球に残されたのは、“地球型ゴミ処理ロボット”のウォーリーだけだった。700年という気の遠くなるような孤独の中、ウォーリーは小さな身体を使って、どんな時もコツコツとゴミを片付け続けた。いつの日か、誰かと出会えることを信じて…。ある日、そんなひとりぼっちのウォーリーの前に現れた、ピカピカのロボット“イヴ”。美しいイヴに恋をしたウォーリーは、彼女の気を惹くために必死にアピールする。しかし、ウォーリーが見せた“あるもの”を目にした瞬間、イヴは突然動かなくなってしまう。彼女には、地球の運命を左右する“重大な秘密”が、隠されていたのだ…。



「2008年12月5日公開」

ー  作品情報より ー

 

 

ディズニー映画らしい軽快なミュージカル曲にのせて、まったくその愉快な曲調にふさわしくないようなゴミに埋もれて廃墟と化した風景が映し出される冒頭から、たったひとりぼっちで地球に残されてコミカルに細々とゴミを選別してキューブ化していくごみ処理ロボットのウォーリーの映像にひきつけられます。

ダイヤの指輪を見つけて指輪には見向きもせずにそれがおさまっていた指輪のケースを自分の収集ケースにしまったり、ブラジャーをアイマスクにするつもり?でしまったり、壊れて動かなくなった同じごみ処理ロボットの部品を持ち帰ったり、一個一個調べて分別しながら自分の部品を探したり、好みのものをコレクションしていく様子がなんとも几帳面なのが笑えます。

ゴミ置き場で偶然見つけたゴキブリともバッタともちょっと区別がつかない虫をペットにして、古いビデオを繰り返し見て夢見る変化のない日常を送っていたある日、たくましく育っていた唯一の雑草を見つけて大事に取って持って帰って来ていたウォーリーの淡々とした変化のない毎日に突然現れた観たこともない純白の美しいロボット。

700年間もひとりぼっちだったウォーリーに突然降ってきた初恋の物語といえるでしょうね☆

イヴを追って飛び出した宇宙のスペクタクルとその映像の美しさにもうっとりさせられます。

walle2.jpg

シンプルな展開の割には、練りに練ってあるなと思われるディテールは、時には物に溢れた現代の価値観への皮肉とも取れる内容や、このままだとこうなっちゃうよと人類への未来を警告するような深刻な社会問題が面白可笑しく表現されていて、良く考えられているなと感心させられました。

ウォーリーとイーヴァ(ウォーリーがイヴを呼ぶ時の名前)とほとんど名前を呼び合うだけの少ないセリフで説明の要らない動きだけの面白さで魅せてくれる、大人も子供も楽しめるなかなか素晴らしい作品です。

ディズニーとピクサーの良いとこどりの融合が成功している作品かと思います。

~おしまい~

 

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

WALL-E [Original Score]WALL-E [Original Score]
(2008/06/24)
Ann Atkinson、

商品詳細を見る
Wall-E (輸入版)Wall-E (輸入版)
()
不明

商品詳細を見る
別窓 | 映画「あ行」 | コメント:1 | トラックバック:9 | top↑
「 イーグル・アイ / EAGLE EYE  (2008) 」 一夜限りのプレミア試写会
2008-10-09 Thu 23:58

【イーグル・アイ】2008年10月18日(土)公開

監督 : D・J・カルーソー

出演 : シャイア・ラブーフ/ミシェル・モナハン/ビリー・ボブ・ソーントン 他
期待度 : ★★★ → 観賞後の評価 ★★★☆

製作総指揮 : スティーヴン・スピルバーグ

 

「 イーグル・アイ / EAGLE EYE  (2008) 」 一夜限りのプレミア試写会

 

■監督は、アンンジー主演の「テイキング・ライブス(2004)」、「ディスタービア (2007)」のD・J・カルーソー 。 本作でスピルバーグと2度目のアtッグを組んでいます。

■ジェリー・ショー役は、「コンスタンティン (2005)」、「ディスタービア (2007)」、「トランスフォーマー (2007)」、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 (2008)」とスピルバーグ監督に見出されてから順調に話題作の主役及びそれに準ずる役柄に抜擢れているシャイア・ラブーフ。

■レイチェル・ホロマンは、「M:i:III (2006)」、「近距離恋愛 (2008)」のミシェル・モナハン。

■FBIの警部トーマス・モーガン役は、「シンプル・プラン (1998)」、「バッドサンタ (2003)」、「ラブ・アクチュアリー (2003)」でヒュー・グラント演じる英国首相デヴィッドにいじめっこのお友達はいらない(笑)と言われたアメリカ大統領役のビリー・ボブ・ソーントン。 「庭から昇ったロケット雲 (2007)」では手作りのロケットで宇宙までいっちゃいましたよね(笑)

■ゾーイ・ペレス役は、「シン・シティ (2005)」、「デス・プルーフ in グラインドハウス(2007)」のロザリオ・ドーソン。

■カリスター役は、「ファンタスティック・フォー:銀河の危機 (2007)」の岩男ザ・シングことベン・グリム役のマイケル・チクリス。

 

 

 


Story : 「私の言うとおりにしなさい さもないと死ぬことになる」突然かかってきた1本の電話。その瞬間から、コピーショップの店員ジェリーと、法律事務所で事務係として働くシングルマザーのレイチェルの平凡な生活は一変する。アリアという謎の女性に引き合わされたまったく面識のない男と女。彼らの愛するものを奪い、目的も知らせぬまま、次々と指示を伝え秒単位で行動させていくアリアは、二人を戻ることのできない恐怖へと巻き込んでいく…。


「2008年10月18日公開」

ー  作品情報より ー

 

 

今日は、東京国際フォーラムの一夜限りのプレミア試写会に行ってきました。

スクリーンに招待セレブの到着風景から楽屋の映像が映し出され、着席していたゲストで高橋シジョージ、三船ミカ夫妻の携帯に突然着信音が鳴りライトアップされると、謎の集団に突然拉致されステージへ(笑)

突然また携帯が鳴り後方に設置されたリフトに乗るように指示されます。

そして、なにがなんだかわからない様子の(ほんとに知らなかったみたいだ(笑)・・)夫妻は、いやいやながらリフトに乗り込みどんどん上のほうにあげられてしまいます。

すると「ジャンプ・ジョージ」、「ジャンプ・ミカ」と電光掲示板に指示が・・・・・・

まさか・・・っと思ったら、二人はそこからジャンプさせられてしまいます(笑)

オーマイゴッド!!!まじかい!っと思っていると、ジョージさんと半べそかきながらミカさんが戻ってきました(笑)

いやぁ~~びっくりした~(笑)

結構な高さがあったので、本気で怖かったと思いますよ~(体張って仕事してますね~~)

その後来日していたD・J・カルーソー監督も交えて和気あいあいとトークの後、主役のシャイア・ラブーフのビデオ・メッセージがながされました。

スピルバーグ監督作品に出演している三船敏郎の娘ということで、ミカさんはお誕生日にもらったスピルバーグ監督のサインサイン入りのETのポスターを今でも大切に持っているエピソードなどを話していました。

 

明日も試写会なので、今日は遅くなってしまったので感想は今週末にでも書こうと思います。「PS.アイラブユー」と「ゲット スマート」の感想もまだ書いていないし(笑)

 

おやすみなさいzzzzzz

 

 

 

~おしまい~

 

 


|| || || || ベストブログランキング ||

||  ||  || pbranking.jpg || DVD ||

MoonDreamWorks Movie riport Index

 

 

別窓 | 映画「あ行」 | コメント:0 | トラックバック:4 | top↑
| MoonDreamWorks★Fc2 | NEXT

現在: 人のお客様☆どうぞごゆっくり♪

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。